お知らせ

当面は、後藤班・青木班合同でゼミをするので、「構造研ゼミ」に名前を変えておきます。

2021年度

後期

  • 月曜14:30ゼミ
  • 金曜14:30創造工房実習

東北支部

3年ゼミ(創造工房実習)

k2サーバーへのアップを(FTPで)マウスドラッグでやる方法

  • ファイルブラウザー(kouzouのホーム)を開く
  • 場所:のところにftp://k2.hoge.hoge.akita-u.ac.jpのようにk2サーバーのURLを書いてエンター
  • k2.hoge.hoge.akita-u.ac.jpのパスワードを入力してください」のところで、「登録ユーザー」にチェックを入れユーザー名とパスワードを入れる
  • /home/gakuseiにアクセスする
  • あとは、マウスのドラッグでコピーの要領でアップロード・ダウンロードができる。
    • ファイルを開いて確認もできるが、この状態で編集するのは避ける
  • 作業が終了したら、ファイルブラウザーの左端の帯「場所」の下の方にある k2.hogo....▲(エジェクトボタン)を右クリックし、「アンマウント」しておく。
  • ブックマークを作っておけば、ファイルブラウザの左下の方に表示されるブックマークのk2をクリックするだけで、マウントできる。

12/3(課題)

  • LaTeXとXHTML のweb1w.tex \( \sim \) web4w.texを参考に、これまでの計算結果(の一部でいいんで)を、 \( \LaTeX \)で簡単にまとめてみる。要は、\( \LaTeX \)で表を描いたり、画像を貼り付ける練習をする。
\[ \int_{a}^{b} x dx = \left[\frac{x^2}{2} \right]_{a}^{b} \]

文章中に書きたい場合は\( I=\int_{A}y^{2}dA \)みたいに書く。

  • web4w.texでpngやjpgなど、eps以外の画像を貼り付けたい場合は、プリアンブルのところを
    \usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
    \usepackage{float,wrapfig}
    と変える。

11/26(課題)

  • 前回 解いた直交異方性の単純梁の両脇に厚さ1mmの鋼板を貼り付け、2材料にして解き、前回と同様に収束のグラフをgnuplotで描き,卒論日誌にアップ.

11/19(課題)

  • 前回の単純梁を直交異方性にして解き,前回と同様に収束のグラフをgnuplotで描き,卒論日誌にアップ.
  • 更にスパンを半分の50mmにして同じことをする。
    • ティモシェンコ梁(単純梁の中央のたわみ):\( \frac{P\ell^{3}}{48EI}+\frac{P\ell}{4kGA} \)
    • ティモシェンコ梁(片持ち梁の先端のたわみ):\( \frac{P\ell^{3}}{3EI}+\frac{P\ell}{kGA} \)
    • \( E_{N}=6000 \)N/mm\( ^{2} \)
    • \( E_{L}=E_{T}=\frac{E_{N}}{25} \)
    • \( G_{LT}=G_{LN}=G_{TN}=\frac{E_{N}}{15} \)
    • \( \nu_{LT}=\nu_{LN}=\nu_{TN}=0.016 \)
      • 上記のポアソン比を与えると,残り3つのうち2つが0.4になるが,その辺はSalome-Meca側が自動的に設定してくれるはず.参考
    • 長方形断面のせん断補正係数\( k=\frac{5}{6} \)
    • 参考:構造関係メモ

11/12(課題)

  • 120mmの単純梁(スパン100mm)をメッシュサイズを変えて解き、前回と同様に収束のグラフをgnuplotで描く。
  • 拘束は両端から10mmの下面を線拘束で単純支持(一方は全固定、他方は軸方向自由)
  • 載荷は中央上面に線載荷

11/5(課題)

  • Salome-Mecaで片持ち梁を解き、自由端4すみの変位の平均を求める
    • メッシュの長さlocal length=0.5(新谷), 0.7(安部), 0.9(梅宮), 1.2(七五三), 1.4(柴田), 1.5(小池), 1.8(岩崎), 2(畠山), 3(新谷), 4(安部), 5(岩崎), 6(小池), 7(七五三), 8(柴田), 9(畠山), 10(梅宮)の場合について自分の担当を計算
    • それを各自の卒論日誌に表にしてまとめる(それぞれ8人ぶんを)
  • 手計算で求めた片持ち梁の変位と比較する
  • 手計算で求めた片持ち梁の変位とsalome-meca2019で計算した変位をグラフにする。
  • 端末から、UNIXコマンドで自分が保存したSalomeのファイルがどこに保存されているかを確認しておく。
メッシュ長さ要素数先端変位相対誤差(\( \frac{salome-手計算}{手計算} \))計算者
  • ヤング率:6GPa=6000N/mm\( ^2 \)
  • ポアソン比:0.4
  • 10mm\( \times \)10mm\( \times \)100mm
  • 先端荷重:100N\( \simeq 10.2 \)kgf

10/29(課題)

  • viでH型断面とかカタカナとかアルファベットの角柱のxyz座標データを作る
  • それをgnuplotで3次元プロットしてみる
    gnuplot>splot "hgata.txt" with line
    http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/souzou/hgata.png
    • gnuplotの表示画面を大きくしすぎた状態で、回転させたりすると、
      gnuplot> Segmentation fault (コアダンプ)
      のエラーで終了するかもしれないので、その場合は、gnuplotの表示画面を小さめにするといいかも。
  • viの練習
    • 研究室に来たらまず、UbuntuノートPCを起動してviで日記とか何か文章を打ち込んでみる
    • 何も打ち込むネタのない人は、abcd.., AbCdEf?.., aBcDeF.., 3.14159.., 1.73205..のタイプ練習をviでやって、間違っているところをhjklカーソルで移動しながら修正とか。

10/22(課題)

  • タッチタイプに慣れるまでは研究室に来たらタッチタイプの練習一通り
  • ここのUNIXコマンドはひと通り使えるようになる。
  • /home/kouzou/内に2021sというディレクトリをつくって、その中で作業するようにする
  • $ gedit tamesi.txt & みたいにしてエディタを立ち上げ、タッチタイプの練習をしたら、そのファイルを保存。
  • 保存したファイルをコピー(cp)したり、移動(mv)したり、削除(rm)したりできるように。

10/15(課題)

  • 構造研wikiに卒論日誌を作成
  • タッチタイプ(来週までできるように)
  • 全角/半角の切り替えは、「無変換」(左手親指)でもできる
  • コピペは、左クリックで領域選択したら、スクロールボタンで貼り付け
    • 単語選択は、ダブルクリックでも可(トリプルクリックだと行選択かな)

タッチタイプの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目安に。
  • とはいえ、速く打つことが目的なのではなく、ストレスなく打てるようになることが目的なので、自分が文章を考えながら打つ速度で、特にタイピングにストレスなくスムーズに打てるなら、その速さでよい。
  • ABCDEFGなど左手で大文字を打つときは右手の小指でSHFTキーを押さえ、HIJKLMNなど右手で大文字を打つときは左手の小指でSHFTキーを押さえる。
  • 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるということのないように。
  • Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。
  • 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

夏の予定

  • 8/2(月)最後のゼミ
  • 8/17(火)買い物(調査用長靴、空調服、虫よけ)
  • 8/23(月)調査
  • 8/25(水)断水
  • 8/27(金)調査予備日
  • 8/30(月)サイエンスラボは9/24に延期になったので、学生は来て構わない
  • 8/31(火)14:30出校日(進捗確認)
  • 9/3(金)18:00-9/5(日)0:00停電
  • 9/24(金)13:00-16:00午後サイエンスラボ(学生はこの時間帯は避ける)
  • 9/28(火)中間発表10:00-12:00, 13:00-14:30
  • 9/29(水)木材工学研究発表会13:00-16:30
  • 9/30(木)木材工学研究発表会9:30-11:45

木材工学研究発表会の申し込み

会員区分: 	学生会員、非会員など 
氏名(漢字):
氏名(フリガナ):
勤務先: 	院生は秋田大学大学院、学部生は秋田大学
勤務先(フリガナ): 	アキタダイガクダイガクイン、アキタダイガク
所属部署名: 	院生は理工学研究科土木環境工学コース、学部生は理工学部土木環境工学科
郵便番号: 	010-8502
住所: 	秋田県秋田市手形学園町1-1
電話番号: 	018-889-2369  内線:
FAX番号: 	
E-mail: 	自分のメール

ノートを自宅に持っていった場合

  • Firefox→編集→設定→ネットワーク設定→接続設定→プロキシーを使用しない
  • sudo mv /etc/apt/apt.conf.d/80proxy ~/. で80proxy を移動。

大学にノートを持ってきた場合

  • Firefox→編集→設定→ネットワーク設定→接続設定→システムのプロキシー設定を利用する
  • sudo mv ~/80proxy /etc/apt/apt.conf.d/で80proxy を移動。

予定

木材工学研究発表会

数理探求クラス理科実践研修(サイエンスラボ的なやつ)

卒論テーマ

後藤

  • めおと橋(木歩道橋、アーチ形式)の解析(架け替え前の劣化した状態での耐荷力はどんなものだったか):及川さんのテーマの一部(藤原)
  • かじか橋の振動解析:青山さんのテーマの一部(根本)
  • CLT床版に取り付ける鋼製防護柵の実験と解析:小川さんのテーマの一部(森島)
  • 木製ダムなどで使われる角材にボルトを突き刺して固定した接合構造の押し抜きせん断試験の解析(野田さんの予定している実験を解析→石黒さん→来年度の4年?)
  • オンサイト木橋のPC鋼棒で横締めされた角材の部分をCLTで置き換えた構造の解析(高橋)

青木

  • 斜張橋のケーブルが損傷したらどうなるかの解析(角田)
  • 座屈拘束ブレース(BRB)(君島)
  • 鉄筋や鋼材で補強された角材・集成材部材の性能(田村)

及川

  • めおと橋の架替え前の部材の劣化状況を木高研で測定し、かけ替え前のめおと橋のモデルを再現し性能評価(結構、危なかったのか、割と余裕あったのか)
    • ピロディンの代わりにフォースゲージで劣化診断できるか(去年の荒川さん)。集成材とかでかい部材だったらどうか。
    • 橋のどの部材が劣化すると、橋にとってクリティカルか
  • 最適化プログラムで計算させた最適化構造を木材で実現した新しい木橋の例をSalome-Mecaで解析

青山

  • 木橋の劣化診断のための振動解析

小川

  • 鋼製防護柵を取り付けたCLT床版(実験と解析)

前期時間割

曜日123456789 10
時間帯8:50-10:2010:30-12:0012:50-14:2014:30-16:0016:10-
(測実打合)(測量学)初年次ゼミ(鋼構造野田、測量実習2年技職)構造研ゼミ
(都市システム(院))(土質工学特論(院))
マトリクス(後)外国文献内輪PCゼミ
構力録画(材料設計(院))(構造実験)(交通システム(院))(科学技術者倫理(院))
構力演習(後)構力I(後)(測量実習3年技職)

2020年度

ゼミ

後期

  • 4年ゼミ:金曜午後
  • 3年ゼミ:金曜14:30(C319)ノートPC持参

予定

2/1(月)13:00青山
2/2(火)10:00梅田,15:00吉田
2/3(水)14:00小川,15:00佐藤
2/5(金)13:00論文タイトルを後藤にメール期限
2/12(金)13:00概要を後藤にメール期限14:30創造工房の発表
2/15(月)11:00-12:00発表スライド提出(図書室?)
2/16(火)卒論発表会
2/17(水)卒論発表会・修論発表会
3/6(土)東北支部
3/12(金)卒論本体提出期限
3/16(火)13:00高校生(サイエンスラボ)
3/22(月)卒業式

発表練習用タイマーについて

黒いノートパソコンのwindowsのデスクトップにtime的なショートカットアイコンがあるのでクリックするとタイマー起動します。

  • 起動するとubuntuが立ち上がるのでwindowsで立ち上げるには、起動時にEscボタンを押しながら起動すると選択画面に移動する。そこでwindowsを起動すればいい。

ノートパソコンに発表用資料を入れる。

  • 前回まではUSBを使ってファイルをパソコンに入れていたが、linux用のハードディスクをwindowsに読み込ませることは不可能なので、別な方法にする。
  • ノートにFFFTPをインストールしたのでk2を経由してパソコンに入れてほしい。そのため出来上がったファイルをk2にアップロードしてノートでダウンロードする。
  • デスクトップ上にFFFTPみたいなアイコンがあるのでそれをクリックするとk2とstrの2つのホストがあるのでk2に接続する。

JVCのビデオで撮った動画ファイルの場所は、

SDカードの/PRIVATE/AVCHD/BDMV/STREAMの中にあるMTSファイル。 Ubuntuでは、動画ファイルを右クリックでVLCを選択すれば再生できる。たぶん。 マウント場所は、

/media/kouzou/9016-4EF8/PRIVATE/AVCHD/BDMV/STREAM

動画ファイルは、k2の  /media/radiko/5TB/home/gakusei/douga/2020/ に入れてある。

  • ビデオなら開くことができる機種もある。

前期

  • 8/10, 17は休み。8/24(月)から再開。
  • ゼミ:7/6(月)からは毎週月曜14:00
  • 大学にいていい曜日と時間帯は
    • 月水金が13:45-18:00
    • 火木が9:00-13:15
    • 入構許可証が必用
    • 入退室表に記入
    • 消毒

3年ゼミ

春休みの課題

  • 3人ずつの2グループK班(幾何学非線形班)、Z班(材料非線形班)にわける
  • K班は、片持ち梁のエラスティカ問題を解く。アイさんや梅田さんの卒論のように、線形で解いた場合と幾何学非線形で解いた場合の比較をする。
    • 線形で解くと、\( v=\frac{P\ell^{3}}{3EI} \)の理論値と一致するまっすぐの答えが出るか。
    • 非線形で解くと、楕円積分解に近い答えが出るか。
    • それぞれの変形図はどうなるか。
    • 諸元は、アイさんとかと同じでもいいし、他の諸元で解いて比べるとなおよし。
  • Z班は、片持ち梁の弾塑性解析を行う。
    • 材料は鋼材(SS400とか)で、想像できるぐらいの1mm\( \times \)1mm\( \times \)100mm とか。
    • 降伏点(調べて)を入れて完全弾塑性モデルにして、先端を押していくと、
    • 固定端の縁部の軸方向応力が降伏点に達しないうちは、弾性線形となり、降伏点に達したところで、グラフが折れ曲がるか確認。
  • 以上をSalome-Mecaで解析し、(ノートだとメッシュサイズの制約があるとは思うが)、
  • 結果をsibup2.tex形式でまとめる(各班ごと)
  • 発表スライドをLibreOffice?で作成し、新年度のゼミで発表(各班ごと)
  • 課題の意図は、
    • 幾何学非線形と材料非線形の違いを理解すること(だから、1班で両方の課題を行う余裕があるなら、なおよい)
    • Salome-Mecaや\( \LaTeX \)LibreOffice?などの各種操作や図の編集、貼り付けなどのスキルを春休み中も維持すること
    • 研究室メンバーどうしでチームワークができること(最近の用語だと協働性を養うこと)
  • 県外移動の報告や2週間待機の決まりを守った上で帰省して構わないが、ノートパソコンを持って帰省し、班のメンバーとメールやWiki, Zoomなどでやりとりできるように。

C319に来たらやること

  • ログイン起動後「ソフトウェアの更新」というウィンドウが出ていたら、「今すぐインストール」をクリック。プロキシの設定があるため、自宅でこのウィンドウが出たときに「今すぐインストール」をクリックしても、エラーで終了すると思う。
  • ログイン後、上記が出なかった場合は、端末を開き、一応、以下を実行しておく。
    sudo apt update
    sudo apt upgrade
  • 3/6(土)土木学会東北支部オンライン発表会
  • 1/20(水)支部原稿締切
  • 12/18(金)支部申し込み締切(題目と要旨)
  • 12/11(金)10:00水沢橋見学会?
  • 11/27(金)は現場見学会のため3年ゼミは休み。4年は球根植え.
  • 12/4(金)日鉄P&Eの佐藤 佑さん

12/11(課題)

  • LaTeXとXHTML のweb1w.tex \( \sim \) web4w.texを参考に、これまでの計算結果(の一部でいいんで)を、 \( \LaTeX \)で簡単にまとめてみる。要は、\( \LaTeX \)で表を描いたり、eps画像を貼り付ける練習をする。

12/4(課題)

  • 前回 解いた直交異方性の単純梁の両脇に厚さ1mmの鋼板を貼り付け、2材料にして解き、前回と同様に収束のグラフをgnuplotで描き,卒論日誌にアップ.

11/20(課題)

  • 前回,単純梁を直交異方性にして解き,前回と同様に収束のグラフをgnuplotで描き,卒論日誌にアップ.
  • 更にスパンを半分の50mmにして同じことをする。
    • ティモシェンコ梁(単純梁の中央のたわみ):\( \frac{P\ell^{3}}{48EI}+\frac{P\ell}{4kGA} \)
    • ティモシェンコ梁(片持ち梁の先端のたわみ):\( \frac{P\ell^{3}}{3EI}+\frac{P\ell}{kGA} \)
    • \( E_{N}=7500 \)N/mm\( ^{2} \)
    • \( E_{L}=E_{T}=\frac{E_{N}}{25} \)
    • \( G_{LT}=G_{LN}=G_{TN}=\frac{E_{N}}{15} \)
    • \( \nu_{LT}=\nu_{LN}=\nu_{TN}=0.016 \)
      • 上記のポアソン比を与えると,残り3つのうち2つが0.4になるが,その辺はSalome-Meca側が自動的に設定してくれるはず.
    • 長方形断面のせん断補正係数\( k=\frac{5}{6} \)

11/13(課題)

  • 120mmの単純梁をメッシュサイズを変えて解き、前回と同様に収束のグラフをgnuplotで描く。

11/6(課題)

  • Salome-Mecaで片持ち梁を解き、自由端4すみの変位の平均を求める
    • メッシュの長さlocal length=0.5, 0.7, 0.9, 1.2, 1.4, 1.5, 1.8, 2, 4, 8, 10の場合について自分の担当を計算
    • それを各自の卒論日誌に表にしてまとめる(それぞれ6人ぶんを)
  • 手計算で求めた片持ち梁の変位と比較する
  • 手計算で求めた片持ち梁の変位とsalome-meca2019で計算した変位をグラフにする。
  • 端末から、UNIXコマンドで自分が保存したSalomeのファイルがどこに保存されているかを確認しておく。
メッシュ長さ要素数先端変位相対誤差(\( \frac{salome-手計算}{手計算} \))計算者
  • ヤング率:6GPa=6000N/mm\( ^2 \)
  • ポアソン比:0.4
  • 10mm\( \times \)10mm\( \times \)100mm
  • 先端荷重:100N\( \simeq 10.2 \)kgf

10/30(課題)

  • viでH型断面とかカタカナとかアルファベットの角柱のxyz座標データを作る
  • それをgnuplotで3次元プロットしてみる
    gnuplot>splot "hagata.txt" with line
    http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/souzou/hgata.png
    • gnuplotの表示画面を大きくしすぎた状態で、回転させたりすると、
      gnuplot> Segmentation fault (コアダンプ)
      のエラーで終了するかもしれないので、その場合は、gnuplotの表示画面を小さめにするといいかも。

viの練習

  • viの練習
    • 毎日一度はUbuntuノートPCを起動してviで日記とか何か文章を打ち込んでみる
    • 何も打ち込むネタのない人は、abcd.., AbCdEf?.., aBcDeF.., 3.14159.., 1.73205..のタイプ練習をviでやって、間違っているところをhjklカーソルで移動しながら修正とか。

10/23(課題)

  • タッチタイプに慣れるまでは毎日1回はタッチタイプの練習一通り
  • ここのUNIXコマンドはひと通り使えるようになる。
  • /home/kouzou/内に2020sというディレクトリをつくって、その中で作業するようにする
  • $ gedit tamesi.txt & みたいにしてエディタを立ち上げ、タッチタイプの練習をしたら、そのファイルを保存。
  • 保存したファイルをコピー(cp)したり、移動(mv)したり、削除(rm)したりできるように。

10/16(課題)

  • 構造研wikiに卒論日誌を作成
  • タッチタイプ(来週までできるように)
  • 全角/半角の切り替えは、「無変換」(左手親指)でもできる
  • コピペは、左クリックで領域選択したら、スクロールボタンで貼り付け
    • 単語選択は、ダブルクリックでも可(トリプルクリックだと行選択かな)

タッチタイプの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目安に。
  • とはいえ、速く打つことが目的なのではなく、ストレスなく打てるようになることが目的なので、自分が文章を考えながら打つ速度で、特にタイピングにストレスなくスムーズに打てるなら、その速さでよい。
  • ABCDEFGなど左手で大文字を打つときは右手の小指でSHFTキーを押さえ、HIJKLMNなど右手で大文字を打つときは左手の小指でSHFTキーを押さえる。
  • 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるということのないように。
  • Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。
  • 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

達成目標

  • 等方性材料の直方体梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
    • 要素数と相対誤差の関係をgnuplotでフラフ化
  • 異方性材料の直方体梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
  • 鋼材と木材の合成梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
  • もし余裕があれば、等方性材料の丸棒を3Dモデル化し、降伏点を与えて引っ張るのを弾塑性で計算(グラフに描く)
  • これらの結果をLaTeXという組版ツールで卒論概要形式にまとめて、 創造工房実習の成果物(pdfファイル)として提出

第19回 木材工学研究発表会

卒論動画

k2の/media/radiko/5TB/home/gakusei/douga/2019 の中に昨年度の先輩方の 卒論の発表動画が入ってます。

  • IMGA0077.MP4: 石井さん
  • IMGA0081.MP4: 加藤さん
  • IMGA0082.MP4: アイさん
  • IMGA0085.MP4: 佐々木さん
  • IMGA0087.MP4: 高橋さん

自宅パソコンのバックアップの取り方

  • 2TBハードディスクをつなぐと、/media/kouzou/disk にマウントされる。
    • /media/kouzou/disk/kouzou/bak を自分のパソコンの/home/kouzou/にコピーする。
    • パソコンで作業して終了するときは、ターミナルを開き、./bakを実行
      • ターミナルで作業していたときは、cdで/home/kouzouに戻ってから./bakを実行
  • ハードディスクを外すときは、デスクトップ上にマウンドされているdiskを右クリックして、「ドライブの安全な取り外し」を選択し、HDDアイコンが消えてから、10秒ぐらい待ってからUSBケーブルを抜く。
  • 2TBハードディスク上では、作業をしないこと(先輩方のファイルは基本的にそのまま保存しておくこと)。
    • /media/kouzou/disk/kouzou/2019の中に先輩方のファイルがあるとしたら、みなさんのファイルのバックアップは、例えば、/media/kouzou/disk/kouzou/gotou20 とかの中に取られる。

ちなみに、bakの中には、rsync -auv /home/kouzou /meida/kouzou/disk と書かれている。rsync コマンドを使ったファイルのコピーについては、 unixコマンドのところ参照。

画像の貼り方

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/x2y2.png

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/tamesi.png

前期

  • 後藤班ゼミは4/13(月)14:30から(中止)
  • 後藤班ゼミは毎週月曜14:30(これも現時点では無期限の延期状態)

卒論テーマ

  • 2019年度の卒論テーマを基本的には引き継いで発展させる予定
  • PC鋼棒を繊維強化ロッドで代替するプレストレス木箱桁橋の性能評価
    • 弾塑性を考慮してめりこみをモデル化したい。能代の木高研で、繊維補強ロッドとPC鋼棒で締め付けた角材を含水膨張させる実験もやってみたい
    • 希望者:吉田
  • CLT床版橋におけるCLT床版と鋼桁の合成挙動
  • 木製応急橋部材の展開時の力学挙動
  • 木橋の劣化診断のための振動解析の精度について
    • かじか橋を梁要素モデルと部分的ソリッド(四面体)要素モデルとで振動解析して、既にある実験値と比較(及川さんにもからんでほしい)
    • 希望者:青山
  • CLT床版橋と鋼製防護柵の接合部の挙動
    • 鋼部材とCLTを接触解析にして、引張部は離れるようにしたい。卒論も遠隔指導が原則ということになった場合は、Salome-Mecaでモデルを作るか。というか、Salome-Mecaで解析しなおしてMarc/Mentatの結果と比較したい。
    • 希望者:小川

3年ゼミ(オンライン創造工房実習)

110/2(金)
210/9(金)

2019年度

3年ゼミ

1/31(春休みの課題)

  • 10mm\( \times \)10mm\( \times \)100mmの梁の上1mmと下1mmを鋼材に変えて、たわみを計算
  • 鋼材はヤング率:206GPa, ポアソン比:0.3
  • Salome-Meca_2材料メモ
  • 木材は異方性のときと同じ材料
  • 拘束条件と載荷条件も同じ(中立軸上に孔をあけるやり方)
  • 手計算で\( E_{木}I_{木}+E_{鋼}I_{鋼} \)を求め、ティモシェンコ梁のたわみと初等梁のたわみを求める
  • Salome-Mecaのたわみが、Timoshenkoや初等梁とどれくらい合うか、上下を固いもので挟んだサンドイッチ梁では、せん断変形が抑制されるのかむしろ増長されるのかについて考察
  • 解析方法、解析結果、考察内容を、\( \TeX \)の東北支部概要スタイルでまとめる。

Marc/Mentatゼミ(PC実習室1)

  • 講師:高橋さん
    日時内容
    11/15
    11/22
    11/293年生は象潟地震シンポジウムに参加のこと
    12/6

レポート提出時までの課題

Salome-Mecaで、Marc/Mentatで解いた片持ち梁(異方性)と同じ問題を解いて、 初等梁、ティモシェンコ梁に対する収束性をプロットしてみる。 必要に応じて、Marc/Mentatの要素数を増やした解析なども追加してみる。

12/13(課題)

web1w.texを参考にして、今までに解いた、片持ち梁と単純梁の諸元 (材料定数とか寸法とか)、 初等梁、ティモシェンコ梁の理論値(式と諸元を代入した数値)等を、 \( \LaTeX \)でまとめて、コンパイルして、dvipdfmしておく。

例えば、今回のモデル(異方性)のヤング率は、 \( z \)軸方向ヤング率:\( E_{zz}=6 \)GPa, \( y \)方向ヤング率:\( E_{yy}=\frac{E_{zz}}{25} \)みたいに。

片持ち梁のティモシェンコ梁理論による先端のたわみ\( v \)は、 \( v=\frac{P\ell^{3}}{3EI}+\frac{P\ell}{kGA} \)で表される。 ここに、\( P \)は、先端の荷重、\( \ell \)は梁の長さ、、、、、である。

12/6(課題)

Marc/Mentatで片持ち梁を異方性で解いて、ティモシェンコ梁と比較。 横軸を要素数にして、gnuplotでプロットしたものをアップ。

11/22(課題)

Marc/Mentatで片持ち梁を等方性で解いて、理論値と比較。 横軸を要素数にして、gnuplotでプロットしたものをアップする。

11/15(課題)

  • 各自、情報統括センターでMarc/Mentatをいじってみて、わかったこと、わからないことをwikiにメモしておく。
  • 高橋さんに何を聞けばいいかを整理しておく。

11/8(課題)

  • 直交異方性にして、先週の単純梁を解き、
  • 要素長さを、0.5, 0.8, 1.0, 1.2, 1.5, 2等にして解き、
  • Timoshenko梁のたわみ、初等梁のたわみ、FEM解をgnuplotで描き、卒論日誌に貼り付ける。

11/1(課題)

  • ここの要領でスパン100mm全長120mmの単純梁をモデル化し、
  • 梁モデルと近い条件にするために、中立面上で線拘束、線載荷したい。
  • 物体内部の線や点に載荷するとエラーが出るようなので、中立面中央位置に、 高さ0.1mm, 長さ0.2mm, 奥行き10mmの直方体の孔を空ける(底面が中立面に合うように)
    • そして、孔の底面の真ん中の線に沿って線載荷する。
  • 拘束線についても、同様の直方体の孔を空け(上面が中立面と合うように)、 孔の上面の真ん中の線に沿って拘束する(単純支持)
  • 要素数を横軸に、\( \frac{P\ell^{3}}{48EI} \)の理論値と、メッシュ長さ、2,1.5,1,0.8,0.5の解析値とをgnuplotでプロットし、卒論日誌に貼り付ける。

10/25(課題)

  • viの練習
    • 研究室に来たら、viで日記とか何か文章を打ち込んでみる
    • 何も打ち込むネタのない人は、abcd.., AbCdEf?.., aBcDeF.., 3.14159.., 1.73205..のタイプ練習をviでやって、間違っているところをhjklカーソルで移動しながら修正とか。
  • メッシュの長さ、0.7, 0.8, 0.9, 1.2, 1.4, 1.6, 1.8 とか、細かく計算して、要素数とたわみ(FEMと理論値)のグラフをgnuplotで滑らかに描く
  • gnuplotで描いたグラフをgftpでstrサーバーにアップし、各自の卒論日誌に貼り付ける。
  • それを見て、考察を書く

10/18(課題)

  • Salome-Mecaで片持ち梁を解き、自由端4すみの変位の平均を求める
    • メッシュの長さlocal length=0.5, 1, 2, 4, 8の場合について自分の担当を計算
    • それを各自の卒論日誌に表にしてまとめる(それぞれ5人ぶんを)
  • 手計算で求めた片持ち梁の変位と比較する
  • 端末から、UNIXコマンドで自分が保存したSalomeのファイルがどこに保存されているかを確認しておく。
メッシュ長さ要素数先端変位相対誤差(\( \frac{salome-手計算}{手計算} \))計算者
  • ヤング率:6GPa=6000N/mm\( ^2 \)
  • ポアソン比:0.4
  • 10mm\( \times \)10mm\( \times \)100mm
  • 先端荷重:100N\( \simeq 10.2 \)kgf

10/11(課題)

  • 構造研wikiに卒論日誌を作成
  • タッチタイプ(来週までできるように)

タッチタイプの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目標に。 ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

達成目標

  • 等方性材料の直方体梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
    • 要素数と相対誤差の関係をgnuplotでフラフ化
  • 異方性材料の直方体梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
  • 鋼材と木材の合成梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
  • もし余裕があれば、等方性材料の丸棒を3Dモデル化し、降伏点を与えて引っ張るのを弾塑性で計算(グラフに描く)
  • これらの結果をLaTeXという組版ツールで卒論概要形式にまとめて、 創造工房実習の成果物(pdfファイル)として提出

卒論テーマ(まだ未定)

  • 高橋さん:CLT接合部:CLT床版とコンクリート地覆の接合部の解析(海老さん、鈴木さんの続き)
  • 加藤さん:CLT床版橋: CLT床版橋の載荷試験の解析(大塚さんの続き、接触解析で解けそう)
  • アイさん:折りたたみ: 函館高専の平沢先生の折りたたみ橋を解析できないか、その基礎研究(ヒンジで折れ曲がる梁の応力状態等)
  • 石井さん:アラミド:新しいオンサイト木橋の開発(従来型のPC鋼棒の代わりにアラミドロッドなどで代替できないか。その場合、木材の含水膨張による緊張材の応力は?)
    • カボコーマというのもある。
    • オンサイト木橋モデル(PC鋼棒1本分を取り出したモデルでもいいかも)の木材に線膨張係数を与えて、含水膨張に相当する熱荷重みたいなのを与えてやる。およその降伏応力は手計算でもわかるが、アラミドロッドの場合、伸びやすいので、そのぶんアンカー付近に応力を分散しやすいとか、その手の考察
  • 佐々木さん:振動:金沢工大の本田先生がやっているような木橋の振動解析(固有振動数、モード、減衰定数)をSalome-Mecaでやってみる

  • CLTフランジを設けた新しいオンサイト木橋の開発
  • 鶴の舞橋の構造解析(今、改修を検討しているため、どのような改修が望ましいか)

振動解析(モード解析)

2材料の解析(春休みの宿題)

2018年度

  • 金曜13:00からゼミ(3年は参加自由)
  • 金曜14:30から創造工房実習(3年は必修)
  • 11/23(金)のゼミは休み

3年生

2/1(春休みの課題)

  • 10mm\( \times \)10mm\( \times \)100mmの梁の上1mmと下1mmを鋼材に変えて、たわみを計算
  • 鋼材はヤング率:206GPa, ポアソン比:0.3
  • 木材は異方性のときと同じ材料
  • 拘束条件と載荷条件も同じ(中立軸上に孔をあけるやり方)
  • 手計算で\( E_{木}I_{木}+E_{鋼}I_{鋼} \)を求め、ティモシェンコ梁のたわみと初等梁のたわみを求める
  • Salome-Mecaのたわみが、Timoshenkoや初等梁とどれくらい合うか、上下を固いもので挟んだサンドイッチ梁では、せん断変形が抑制されるのかむしろ増長されるのかについて考察
  • 解析方法、解析結果、考察内容を、\( \TeX \)の東北支部概要スタイルでまとめる。

1/11(課題)

  • 今までの相対誤差のグラフを正負を区別して作り直す
  • 最初に作った片持ち梁のcommファイルをエクスポートしておく
  • 最初に作った片持ち梁と同じ
    • 断面積:10mm\( ^2 \)
    • 長さ:100mm で,なるべく剛性の大きい片持ち梁を作る.
  • 断面は100mm\( ^2 \)であれば,形状は自由(I形とか箱型とか円形とか)
    • Salome上で断面積を調べるには、Geometryのオブジェクトブラウザーで面のオブジェクト(Face_3とか)を選択し、「計測」メニューの「基本プロパティ」を選ぶとサーフェスのところに面積の数値が出る(たぶん)
  • ただし断面は,最初に作った片持ち梁の断面と同じ座標面(xy面とかyz面とか)に作る
  • 1/25は,後藤は不在だが,自分で作った片持ち梁に,commファイルを読み込んで,荷重を掛けてたわみを計算できるか各自やってみる.

12/21(4年、M2の中間発表)

12/21は4年、M2の中間発表なのでゼミは休み。次回は1/11(金)だが、3年生は、東北支部概要スタイル(sibup2.tex)を使って、これまでゼミで行った実習の内容を各自まとめる作業を開始すること(2ページ以上で構わない)。

12/14(課題)

Salome-Mecaのメッシュ図などをGIMPでスクリーンショットしてepsファイルにエクスポートし、それをsibup2.texに貼り付ける。

12/7(課題)

gnuplotの図に矢印や説明を加えてLaTeXに取り込む(PS/LaTeX編)のやり方で、 今まで描いてきた相対誤差のグラフに軸やタイトルや矢印や説明を加えて、zu.texに取り込む。

pdf化した画面をwikiに貼り付けたい場合は、A4のままだとでかくなるので、図1枚ずつとか、スクリーンショットして貼り付ける(これは、やってみたい人だけでいいけど)。

11/30(課題)

LaTeX と XHTML を一緒に学ぼう のweb1w.texからweb4w.texまでを書き換えてコンパイルし、ここで使われている\( \TeX \)コマンドの書き方に慣れる。

11/16(課題)

  • \( z \)軸を梁軸方向とする場合、\( E_{x}=E_{y}=\frac{E_{z}}{25}, G=\frac{E_{z}}{15} \)の直交異方性材料で解いてみる
  • 幾何学モデルは、先週の中立軸上に孔を空けて拘束線と載荷線を設けたもの
  • ティモシェンコ梁の理論値\( v=\frac{P\ell^{3}}{48E_{z}I}+\frac{P\ell}{4kGA} \)に対する相対誤差を求める。
    • 長方形断面のせん断補正係数\( k=\frac{5}{6} \)
  • 要素数と相対誤差の関係をグラフにして卒論日誌にアップ

11/9(課題)

  • 目的:梁モデルと近い条件にするために、中立面上で線拘束、線載荷したい。
  • 物体内部の線や点に載荷するとエラーが出るようなので、中立面中央位置に、 高さ0.1mm, 長さ0.2mm, 奥行き10mmの直方体の孔を空ける(底面が中立面に合うように)
    • そして、孔の底面の真ん中の線に沿って線載荷する。
  • 拘束線についても、同様の直方体の孔を空け(上面が中立面と合うように)、 孔の上面の真ん中の線に沿って拘束する(単純支持)
  • それでちゃんと計算できるようなら、
    • 張り出しありの梁について、 メッシュ長さ6, 5, 4, 3, 2, 1.5, 1.3, 1, 0.7, 0.5の場合の中央の変位(載荷線両端の平均)と手計算の相対誤差と要素数の関係をプロット
    • 張り出しがない梁についても中央に孔を空け同様の計算(両端の線拘束部分は表面に出ているので孔をあける必要はなし)

11/2(課題)

  • &link(ここ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/gwiki/wiki.cgi?Salome%2dMeca2017#i34)の要領でスパン100mm全長120mmの単純梁をモデル化し、 前回の課題と同様にメッシュ長さ8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1.5, 1, 0.5の場合の 中央の変位(4すみの平均)を計算する。
  • 要素数を横軸に、\( \frac{P\ell^{3}}{48EI} \)に対する相対誤差を縦軸にしてgnuplotで描いたグラフをサーバーにアップして自分の卒論ページに貼り付ける。
  • 長さちょうど100mmのモデルを作成し、その両端下側を線拘束した単純梁について、メッシュ長さ1mmの計算をする。両端に10mmずつの張り出しのある場合とない場合とで、どれだけ答えに違いが出るか、どちらが\( \frac{P\ell^{3}}{48EI} \)に近い値になるか、その理由について考察する。

10/26(課題)

  • メッシュ長さ0.5, 1.5, 3,5,6,7も追加して、表を書き直す。
  • 要素数、変位のグラフを描き直し、アップロードして、wikiに貼り付ける。

10/19(課題)

  • Salome-Mecaで片持ち梁を解き、自由端4すみの変位の平均を求める
    • メッシュの長さlocal length=1, 2, 4, 8の場合について同様に計算
    • それぞれのメッシュ長さの場合の要素数もメモする
    • それを各自の卒論日誌に表にしてまとめる
  • 手計算で求めた片持ち梁の変位と比較する
  • 端末から、UNIXコマンドで自分が保存したSalomeのファイルがどこに保存されているかを確認しておく。
メッシュ長さ要素数先端変位相対誤差(\( \frac{salome-手計算}{手計算} \))
  • ヤング率:6GPa
  • ポアソン比:0.4
  • 10mm\( \times \)10mm\( \times \)100mm
  • 先端荷重:100N

10/12(課題)

  • 構造研wikiに卒論日誌を作成
  • タッチタイプ(来週までできるように)

タッチタイプの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目標に。 ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

達成目標

  • 等方性材料の直方体梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
    • 要素数と相対誤差の関係をgnuplotでフラフ化
  • 異方性材料の直方体梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
  • 鋼材と木材の合成梁を3Dモデル化し、Salome-Mecaでたわみを求めて、 手計算と比較
  • もし余裕があれば、等方性材料の丸棒を3Dモデル化し、降伏点を与えて引っ張るのを弾塑性で計算(グラフに描く)
  • これらの結果をLaTeXという組版ツールで卒論概要形式にまとめて、 創造工房実習の成果物(pdfファイル)として提出

卒論テーマ

  • CLTの曲げ試験(被覆されたもの含む)とそれの解析(SalomeとMarc)
    • ラグスクリューで連結されたCLTとコンクリートの引き抜き試験とその解析
  • I桁にのせたCLT床版に防護柵をつけての曲げ試験とそれの解析(SalomeとMarc)
    • 田沢湖のCLT床版I桁橋のトラック載荷試験とその解析
  • プレストレス木箱桁橋の解析(大池の2ボックスタイプ、継ぎ手部の応力)
  • 螺旋折り円筒のばね剛性(折りたたみやすさと自立しやすさの関係)

5/7

&link(フォートラン入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題1から3までをやってみる(宿題)。

4/23

  • &link(vi,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#vi)の使い方
  • viで、2018年のカレンダーを作る
  • viでパスカルの三角形を書く(6段以上)
  • viで日本語の適当な文章(日記とか?)を書く練習。
    • ( 1月 日 月 火 水 木 金 土
      1  2  3  4  5  6  7     
      8  9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月 日 月 火 水 木 金 土

         1  2  3  4
5  6  7  8  9 10 11

12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

             1
            / \
           1   1
          / \ / \
         1   2   1
        / \ / \ / \
       1   3   3   1
  • )

4/17内容

  • UNIXコマンド

宿題

  • タッチタイプはちゃんとできるように(そうでないと来週のviで苦労する)
  • &link(ここのUNIXコマンド,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#unix)はひと通り使えるようになる。
  • echo, >, >>, cat コマンドを使って2018年度カレンダーを作る。
    • ( 手順 echo "日 月 火 水 木 金 土" >4gatu echo " 1 2 3 4 5 6 7" >>4gatu echo " 8 9 10 11 12 13 14">>4gatu みたいにして、5gatu, 6gatu,.....,1gatu, 2gatu, 3gatu を作成 cat 4gatu 5gatu 6gatu .......3gatu >cal2018 cat cal2018で確認
    • )

2017年度

  • 後期は金曜13:00から
    • 1週間の進捗状況と次の1週間の計画を報告
  • 14:00から創造工房なので、パソコンは3年生に使わせるとともに、都合の許す限り、3年の補助(Salome2017)
    • Ubuntuにkouzouユーザーの他にsouzouユーザーを作り、3年生にはそちらを使わせる

8月以降の予定

9/15か20に、岩手大学土木とのソフトボール大会が秋田であります。 これもできる限り参加してほしいと思います。 岩手大学土木の教職員、学生たちとの交流が目的なので、 ソフトボールはできなくてもよくて、 その後の懇親会が主目的です。

5/22(個別課題)

  • 今町:5/15の課題までできるようにする
  • 川村:木材と鋼板のサンドイッチ梁をモデル化して解いてみる
  • 関塚:適当な立体のG-codeを作成して3Dプリンターで印刷してみる

5/15

5/8

  • 10mm×10mm断面の角材(ヤング率:6GPa, ポアソン比:0.3)の単純梁のたわみを求める
  • 初等梁(\( \frac{P\ell^{3}}{48EI} \))、ティモシェンコ梁(\( \frac{P\ell^{3}}{48EI}+\frac{P\ell}{4kGA} \))に対する相対誤差を求める。
    • FEMのたわみはparavisで中央の最大変位を見る
    • 等方性なら本当は、せん断弾性係数\( G=\frac{E}{2(1+\nu)} \)
    • 長方形断面のせん断補正係数\( k=5/6 \)
  • 荷重は面荷重で100N.
  • スパン長さは、3人で、100mm, 200mm, 1000mmを分担。
  • 要素分割は、Lengthが8, 4, 2, 1
  • 1次要素(linear)と2次要素(quadratic)

4/24内容

&link(フォートラン入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題1から3までをやってみる(宿題)。

4/17内容

  • UNIXコマンド
  • vi

宿題

  • &link(ここのUNIXコマンド,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#unix)はひと通り使えるようになる。
  • viで、2017年のカレンダーを作る
  • viでパスカルの三角形を書く(6段)
    • ( 1月 日 月 火 水 木 金 土
      1  2  3  4  5  6  7     
      8  9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2月 日 月 火 水 木 金 土

         1  2  3  4
5  6  7  8  9 10 11

12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

             1
            / \
           1   1
          / \ / \
         1   2   1
        / \ / \ / \
       1   3   3   1
  • )

2016年度

6/13まで

  • 応力を縦軸(z)にして書き換える
  • 断面(z=0)を3次元プロットに一緒にプロットする
  • 直方体要素で、固定端から1要素となりの断面の応力分布は、どれくらい変わるか
  • 梁の真ん中の断面の応力分布はどうか(以上の3箇所を比較)
  • 手計算\( \sigma=\frac{M}{I}y \)とどれくらい合うか。手計算で求まる面を3次元プロットにあわせてプロット。

6/6

gnuplotを起動して

  • ( set term png set output 'gazou.png' splot 'data' w l
  • )
  • eog gazou.pngでgazou.pngを確認。
  • gftpでstrのgotouhanにアクセス
    • FTP→Preference→FTP→Passiveのチェックを外しておく
  • 左側がローカル(自分のPC)、右側がサーバー
  • サーバー側のpublic_htmlの中がウェブ上に公開されてる
  • public_html/j2016/の中に各自のディレクトリをつくる(差し支えなければ、誰のディレクトリかわかるようなディレクトリ名で)
  • さっき作ったPC上の画像ファイルを「→」をクリックして、サーバー側の自分のディレクトリにアップロード
  • strサーバのpublic_htmlの下は、http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/と対応している。
  • だから、gotouhan/j2016/gotou/の中に送った画像ファイルは、例えば、

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2016/gotou/tamesi.png

みたいにその画像ファイルのパスをここに書きこむと、 自動的にリンクが貼られて、画像が貼り付けられる。

5/9

大きさ、荷重、適当で、片持ち梁をSalomeで作って、固定部と載荷部を作って、 メッシュ分割して、載荷して、変位を見れるか。

5/16

10mm×10mm断面の角材(ヤング率:6GPa, ポアソン比:0.3)の片持ち梁の 初等梁、ティモシェンコ梁に対する相対誤差を求める。荷重は面荷重で100N. 長さは、7人で、50mm, 100mm, 200mm, 400mm, 800mm, 1000mm, 2000mmを分担。 要素分割は、Lengthが16, 8, 4, 2, 1

5/23

先週の課題で、四面体要素と立方体要素のそれぞれに対して線形要素と2次要素のそれぞれ4通りを計算してみる。 立方体要素の要素長さは、2mm, 1mm, 0.5mm

4/25

宿題

&link(フォートラン入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題1から3までをやってみる。

おまけ

scratchをインストールしたい場合

  • システム→システム管理→Synaptic→パスワード入力
  • scratchで検索
  • scratch(easy to use programming environment for ages 8 and up)にチェックを入れ→インストール指定→マーク
  • 適用→適用
  • インストールが終了したら→ファイル→終了
  • アプリケーション→プログラミング→Scratch で起動

4/18内容

  • UNIXコマンド
  • vi

宿題

  • &link(ここのUNIXコマンド,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#unix)はひと通り使えるようになる。
  • viで、2016年度のカレンダーを作る
  • viでパスカルの三角形を書く(10段)
    • ( 4月 日 月 火 水 木 金 土
                     1  2
      3  4  5  6  7  8  9
      10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

5月 日 月 火 水 木 金 土

1  2  3  4  5  6  7  
8  9 10 11 12 13 14 

15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

             1
            / \
           1   1
          / \ / \
         1   2   1
        / \ / \ / \
       1   3   3   1
  • )

4/11内容

パソコンの操作

  • 日本語/半角英数の切り替え:無変換キー(左親指)
  • コピペ:左クリックで選択して、真ん中ボタンで貼り付け

ブラインドタッチの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目標に。 ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

2015年度

  • パソコンゼミ:月曜14:30
  • 英語ゼミ:木曜13:00(しばらくはパソコンゼミ)

6/1課題

課題(6/22まで)

以下の条件のモデルをSalomeで作成する。 FEM用の拘束線、載荷線を作っておく。 メッシュの細かさは適当にして、 スパン100mmの単純支持境界条件と中央線載荷の荷重条件を入れて、 asterで解いてみる。

  • 設計条件
    • 体積:12000mm\( ^3 \)以内
    • スパン:100mm
    • ヤング率:2.84GPa
    • ポアソン比:0.313
    • 荷重:1000N/幅 (線荷重は単位幅の値になるから)
      • 実際に3Dプリンターとかで作って荷重かけて実験する時に、長さがちょうど100mmだと実験台に置けなくなっちゃうので、置けるように作ってください
      • 例えば、両端を10mmくらい伸ばしておくとか
      • 研究室のホワイトボードに絵が書いてあるのでそのイメージで
    • 単純支持中央載荷
    • 拘束部:FEMでは線拘束だが、たいらな橋台におけるように
    • 載荷部:FEMでは線載荷だが、10mm程度の紐をかけられるように
学生体積(mm\( ^3 \))たわみ(mm)剛性\( \frac{P\ell^{3}}{48v} \)比剛性(剛性/体積)要素数
鈴木11956.70.7328538813238780404
近藤112761.1617959770159332705
山内115201.06196540881706128687
菊地1130223. 1130134811535491
奥村120002.395869867872527151
高橋119521.2516666666139491074
関原120001.78117012097514536
菅原120003.0268984555759567
伊藤106822.64136363631276123951
佐藤109203.827232633662175577

↑要素数はMesh切った時のVolumesの値です

  • 伊藤

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/ito/bridge.png

  • 高橋

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/takahashi/Screenshot.png

  • 鈴木

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/suzuki/souzou.png

  • 菊地

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/kikuchi/aaaaa.png

  • 山内

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/yamauchi/kadai622.png

  • 近藤

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/kondo/hoka/burikon.png

  • 奥村

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/okumura/Screenshot_from_2015-06-22%2014:46:09.png

  • 関原

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/sekihara/Screenshot.png

  • 菅原

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/sugawara/Screenshot-9.png

  • 佐藤(復旧中...)

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2015/satou/Screenshot.png

5/25内容

  • code-asterの基本的な使い方を練習
    • asterで、計算したい物体とその物性値・境界条件等を指定
    • E,ν,拘束条件,荷重の種類と方向,荷重の大きさをcommファイルで確認
      • 荷重の種類は(初期状態の)面載荷を基本として、やれる人は線載荷まで試した
      • Eficas(asterについている機能でGUI)は使わず、viコマンドで編集
    • 計算過程をmessファイルでざっと眺めた
    • 結果は、post-proで荷重方向のたわみ(グラフと表で)とミーゼス応力を見た

宿題

  • 適当に片持ち梁を作る
  • asterで先端のたわみを計算する
  • 手計算をして、asterの結果と比べる

5/18内容

  • compoundで図形を作成
  • meshで図形を切る
  • partitionで図形を区切る

宿題

  • ①適当な片持ち梁をつくる(軸方向は気にしなくても大丈夫)
  • ②固定面と好きなところに載荷面(線)を作る
    • geometoryでやるには
      • 右クリックの「criate group」とか、「new entity」の「explode」とか、……
  • 補足:梁の荷重設定は、難易度順に(簡単な方から)
    • 載荷条件①:上面全体に、等分布荷重(N/m^2)をかける
    • 載荷条件②:梁先端の上面に載荷するための小さな面を作り(partition→criate group)、そこに先端集中荷重(N/m^2)をかける
    • 載荷条件③:先端側面に、先端集中荷重(N/m^2)をかける(荷重方向を指定)
    • 載荷条件④:梁のエッジに、先端集中載荷(N/m)をかける(荷重種類・方向を追加変更)
    • 載荷条件⑤:梁先端にある要素のノードに、先端集中荷重(N)をかける(荷重種類・方向を追加変更)
  • なので、①番からやったほうがお勧めです。というのも、③・④番はコマンドファイルの書き換えがあるから。⑤番は、必要ないかも?
  • ③適当にメッシュに切る(②の先にやってもいい)
    • ちなみに固定面と載荷位置は、メッシュを切ったあとにもつくることができる
      • meshにて、右クリックの「criate group」
    • とかで、やる。それから、点荷重をかけたいときは、多くの場合には、メッシュ分割後でないとできないと思います。

4/20内容

4/14内容

4/9内容

2014年度

卒論テーマ

  • 木橋系:3\( \sim \)4人
  • 木杭・コンクリート杭のせん断挙動:1人
  • 折り紙・3D系:2\( \sim \)3人
  • 船川:1人
  • 新しい屋根つき木橋:1人
  • その他:1人 5/15までに決める。

5/26課題

  • &link(mokuzai.f90,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/otake/mokuzai.f90)を参考に、直交異方性でモデル化した木材の材料定数をinpファイルに書きこんで、木材で片持ち梁を解いてみる。
  • ティモシェンコ梁の式\( v=\frac{P\ell^{3}}{3EI}+\frac{P\ell}{kGA} \)(ただし\( k=5/6 \))との誤差をグラフにしてみる。

5/19内容

  • gnuplotでグラフを描き、png画像に出力して、
  • 画像をstrにアップして、wikiに貼り付ける

課題

  • 3D系をやりたい人は、3Dプリンターメモのページに
    • Eden260Vで使える材料で、
    • ヤング率がかためで変動が少ない材料
    • コストは?

5/12内容

  • &link(ここの内容,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/gwiki/wiki.cgi?Salome%a5%e1%a5%e2#i0)にそって、
  • Salomeで適当な直方体(想像しやすい1cm角1m程度の角材とか)をつくり
  • メッシュ分割し、unv形式を出力
  • c3d4unv.f90を使って、CalculiX入力用のinpファイルを作る
    • 片持ち梁で、自由端に載荷
    • 材料は木材程度のヤング率の等方性材料
  • メッシュ分割数、桁幅、桁高、梁長の比率、ヤング率等をかえてみて、 たわみの式(\( v=\frac{P\ell^{3}}{3EI}+\frac{P\ell}{kGA} \))との相対誤差がどう 変わるかを考察し、結果を表にして、各自の卒論日誌に。

4/28内容

  • 最大値、最小値を求める。

4/22内容

gfortranのコンパイル

4/14内容

  • &link(ここのUNIXコマンドとviの使い方,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#unix)を覚える。
  • その上で、以下のLinuxの歴史のテキストを適当なファイルに打ち込む。タイピングとviの練習をする。
    • viを使うときは矢印キーを使わずにhjklで移動するのになれる
    • 改行は、句読点とかの区切れのいいとこで、こまめに入れる。
    • 今後、TeXなどのツールで文書を書くときは、改行は機械まかせとなる。

4/10内容

Linuxの歴史

パソコンの操作

  • 日本語/半角英数の切り替え:無変換キー(左親指)
  • コピペ:左クリックで選択して、真ん中ボタンで貼り付け

ブラインドタッチの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目標に。 ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

ウィキ上に卒論日誌を作成

UNIXコマンド

MATE端末を開いて、

  • ls
  • cd ディレクトリ名
    • cd ..
    • cd ../..
    • cd
  • mkdir ディレクトリ名
  • pwd

構造研同窓ウィキ内で長谷部先生業績集リストの入力

ubuntuのアップデートについて

アップデート・マネージャで「このコンピュータで利用できるソフトウェアアップデートがあります」と表示された場合、 「アップデートをインストール」をクリックしてアップデートを インストールしておいて下さい。

ただし、「Ubuntuの新しいリリース'12.04.1 LTS'が利用可能です」と表示されている場合は「アップグレート」のところはクリックしないように。

ubuntuを12.04にアップグレードしてしまうと、CAE Linuxのツール(Salomeとか)が 動かなくなってしまうので、アップグレードは行わずに、 アップデートのみを行うこと。

2013年度前期

  • 月曜14:30からパソコンゼミ
  • 木曜13:00から英語ゼミ

ゼミ課題木橋(6/24まで)

  • 応急橋やオンサイト木橋の片持ちモデルを今までの課題みたいに解く
  • 収束のグラフや、誤差のグラフを書いてみる

ゼミ課題(6/17まで)

  • salomeで先週の課題と同じ形のモデルを作ってメッシュを切る
  • それをccxのinpファイルにして計算する。
  • 先週みたいにグラフを書く

ゼミ課題(6/10まで)

  • 片持ち梁の計算やり直し
  • 理論値はティモシェンコ梁のたわみも計算する
  • 梁断面は縦長、正方形、横長の3種
  • 要素分割は\( nx=2\sim 10, ny=10\sim 40, nz=10\sim 500 \)
  • nzまたはnyと変位などのグラフをgnuplotで描いてみる
  • strサーバーのgotouhanにgftpでアクセスし、適当な(名前を推測できる)サブディレクトリを作成し、グラフをアップロードして各自の卒論日誌に貼り付ける
  • 軸の説明は図に入れなくていいので、ウィキ上で補足する

画像貼り付けの練習 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/gotou/kekka.png

  • 横軸:要素数
  • 縦軸:たわみ

ゼミ課題(6/3まで)

  • &link(ccxkataz.f90,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/ccx/ccxkataz.f90)を使って、(1要素の大きさが1mmより小さくなるならf9.3のところを変える、あと荷重のところをフォーマットをしてするか、inpファイルの荷重の数字の桁を少なくする) 想像できる大きさ・材料の片持ち梁モデルを作成し、ccx_2.3で解いてみる。
  • x方向、y方向、z方向の要素分割を変えていき、手計算\( \frac{P\ell^{3}}{3EI} \)との誤差を比較
  • 材料は、自分で固さを想像できるものがいいが、例えば木材とかでも等方性材料とみなして、ヤング率だけを与え(スギなら7GPaぐらいとか)、ポアソン比はひとまず0.3としてよい。

ゼミ課題(5/20まで)

&link(ここのFortran入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題2まで。

ゼミ課題(4/15まで)

4/15以降の課題

ブラインドタッチの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回)
  • 以上を3分以内を目標に。 ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

2012年度後期

  • ゼミ曜日案:木曜の13:00から
    • 金曜の創造工房実習前も学生室で作業すること

「電力土木」研究室紹介:M2が主体になって、毎日1行はなにか書いていくこと。

オープンキャンパス(7/28土)

2012年度

夏休みの課題

  • 井比:salome上でモデル化できるダイヤカットについて、工藤さんの修論にならって、 圧縮、引張を載荷した場合のばね定数を計算する
  • 三宅:まず、直方体片持ち梁をsalomeでモデル化して、CalculiXで解ける(手計算と比較)ことを確認してから、合板応急橋をsalomeでモデル化し、CalculiXで解く
  • 金澤:オンサイト木橋をccxonsaito.f90で鋼板のGを変えながらCalculiXで解く。salome+CalculiXで鋼板と木材のくっついた2材料の直方体モデルをモデル化してみる。
  • 以上を卒論概要形式でTeX形式でまとめる。

「電力土木」研究室紹介

英語ゼミ

パソコンゼミ

卒論テーマ

  • 合板と角材の応急橋(実験とFEM解析)
  • オンサイト木橋(過去の実験データの処理とFEM解析)
  • 折り紙構造(ダイヤカット半円筒とか)をSalome各種のメッシュで解いて比較
  • 船川港の資料のスキャンとデータベース化?

宿題

6/25まで

  • 適当なグラフを描いて\( \LaTex? \)に取り込む
  • 例えば、fortranで\( \frac{x^{2}}{\sin(x)} \)とかのx,yデータを出力
    • ( implicit real*8(a-h,o-z) x=0. do i=1,100 x=real(i)/10. print*, x,x**2/sin(x) end do end
  • )

6/21まで

  • Salome-Gmsh-cgx-ccxで直方体を圧縮するやり方を4年生で共有する
  • &link(ここ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/tebiki/texhtml.html)の web1w.tex, web2w.tex, web4w.tex(画像ファイルも)をダウンロードして、 viで編集、platexでコンパイル、pxdviで表示などTeXの使い方に慣れておく。

5/28まで

&link(ここのg77入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題3までをviでプログラムを作成し、コンパイルして実行できることを確認する。

5/21まで

&link(ここのviの使い方,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#vi)が一通りできるようになった上で、 &link(ここのg77入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題2までをviでプログラムを作成し、コンパイルして実行できることを確認する。

  • ( みなさんの環境でのgfortranのコンパイルと実行は、 $vi hoge.f90 これでプログラムhoge.f90を自由形式で作成 $gfortran -o hoge hoge.f90  でコンパイル lsで確認すると、緑色表示でhoge*という実行ファイルができている。 $./hoge で実行
  • )

5/14

能代で実験

4/23以降の課題

4/23まで

2011年度

オープンキャンパス

弁当

15個の振り子

最短52.4cmから最長120.0cmまでを以下のように配分(すると1分で元に戻るはず)

  • ( 1 cos(ωt)= -0.244964 L= 120 2 cos(ωt)= -0.244859 L= 111.666335 3 cos(ωt)= -0.244754 L= 104.171583 4 cos(ωt)= -0.244649 L= 97.40681 5 cos(ωt)= -0.244544 L= 91.280206 6 cos(ωt)= -0.24444 L= 85.713953 7 cos(ωt)= -0.244335 L= 80.641744 8 cos(ωt)= -0.24423 L= 76.006796 9 cos(ωt)= -0.244125 L= 71.760255 10 cos(ωt)= -0.24402 L= 67.859907 11 cos(ωt)= -0.243915 L= 64.269118 12 cos(ωt)= -0.24381 L= 60.955975 13 cos(ωt)= -0.243705 L= 57.892576 14 cos(ωt)= -0.2436 L= 55.054436 15 cos(ωt)= -0.243496 L= 52.42
  • )

ハイブリッド木橋

アーチ

体重計単純梁

夏休みの課題

  • 大田:鋼板(まずは孔なし)の単純梁(等分布荷重)をシェル要素で解いて、 梁理論(構造力学の公式)と3桁合うか。これができたら、三角孔空きモデルを解いてみる。
  • 須藤:入力波応答の例題はもうひと押し。蛇腹折り支承のプログラムを柴田さんからもらって、モード解析してみる。
  • 小松:分類方法、撮影方法の検討。やったことをまとめる。まずは試験的に撮影した写真を使ってウェブアルバムに整理する練習をやってみる。資料群からネタが見えてくれば、それについての展望。
  • 渡邉:木高研で製作した試験体に対する曲げ試験によるG測定のシミュレーションをCalculiXでやる。
  • 滝田:上の試験体を105*105*150ぐらいに切り出したモデルに対して、せん断波を入力して、応答を見れるかどうか。

作業記録など

英語ゼミ

研究プロポーザル

4/18にやってほしいこと

2010年度

  • 毎週木曜日12:50から

6/10までの宿題

&link(この辺,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#eepic)の要領で、収束状況の表をgnuplotでグラフにして、xfigに取り込んで、矢印や説明をかきこみ、 それを前回のTeXファイルに挿入して、図中の説明文などをTeX形式になおして、 位置などを微調整する。

6/3までの宿題

&link(web2e.tex,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/tebiki/texhtml.html#sono2)辺りを参考にして、今wikiにのせてる表をTeXで書いて、ちょっとした考察を加えて、 レポートにまとめてみる。

5/27までの宿題

&link(ccxkataz.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/ccx/ccxkataz.f) の載荷条件を、自由端の4すみがp, 2要素がくっついている節点(4すみ以外の4辺)を2p, 4要素がくっついている節点(四辺以外の内部)を4pと載荷できるように修正して、再度、計算。変位はdatファイルから読み取る。

余裕のある人は、固定端の中立軸水平線をy,z固定、左右の対称線をx,z固定、それ以外はzのみ固定に修正してみる(半解析の例だが、&link(ccxkata.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/ccx/ccxkata.f)の境界条件が参考になる。

5/20までの宿題

&link(ccxkataz.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/ccx/ccxkataz.f)を使って、片持ち梁の曲げの問題を作成し、x,y,z方向の要素分割を変えていって、 \( v=\frac{P\ell^{3}}{3EI} \)で求まるたわみとの相対誤差を考察。 みんなで同じものを解いてもおもしろくないので、材料定数や大きさなどは、各自で 自由に設定。但し、1m*1mの断面の鋼材とか、非現実的なのは避ける。 参考資料として、CalculiXメモ ほんとは、グラフに描くのが望ましいけど、 &link(この表,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/kako/j2005/sindou/ccx.html#i5) を参考に相対誤差の表を書いてみてもいいかも。

5/13までの宿題

&link(ここ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/ccx/)や &link(この辺,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/ccx/wiki.cgi?RecentChanges) (アクセス制限あり)のマニュアルを参考にしながら、

4/23までの宿題

&link(ここのviの使い方,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#vi)が一通りできるようになった上で、 &link(ここのg77入門,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/g77.html)の課題2までをviでプログラムを作成し、コンパイルして実行できることを確認する。

  • ( みなさんの環境でのg77のコンパイルと実行は、 $vi hoge.f これでプログラムhoge.fを作成 自由形式で作成した場合は、 $g77f -o hoge hoge.f  でコンパイル lsで確認すると、緑色表示でhoge*という実行ファイルができている。 $./hoge で実行
  • )

4/15までの宿題

TeX関係

TeXのよく使うコマンドは、Anthyに辞書登録してあるので、 &link(ここ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/private_words_default) にあるように、「bc」で\begin{center}とか、「えc」で\end{center}とか出せます。

2009年度

ゼミ出欠

日時柴田田口畑中門間
4月22日
5月13日
5月20日
5月27日
6月3日
6月10日
6月17日
6月24日
7月1日
7月8日
7月15日
7月22日
7月29日

夏休みの宿題

4人共通(役割分担がはっきりするまでは)

  • ケント紙の引張試験を行ないヤング率と等方弾性とみなしたポアソン比を測定してみる。
    • ゲージの接着は木工ボンドがいいかとか、厚さの測定は重ねて計るかとかの問題
  • 昨年度の創造工房のようなダイヤカット円筒と折り畳み円筒の圧縮・引張試験をやってみる。接着面は斜めにして。
  • 実験のケント紙の折り畳み円筒の諸元をCalculiXに入れて数値解析してみる。
  • 新しいタイプの屋根つき橋を想定して、ダイヤカットの三角プレートに周期的に窓を空けた構造のCalculiX用データをプログラムまたはBlender(objを取り込んで)で作ってみて、それの曲げ解析をやってみる。 る。

分担の可能性としては

  • ダイヤカット実験、折り畳み円筒実験、その他の折り紙構造実験
  • ダイヤカット実験、折り畳み円筒実験、屋根つき橋モデリング

柴田さん

  • 去年の卒論・修論と同じ要領で折り畳み円筒の水平バネ成分の計算。

5/19までの宿題

5/19までの宿題

5/27までの宿題

上記の課題3ができた人は、以下のプログラムを作る。

  • 2変数x,yを宣言
  • x,yに適当な数字を入力する
    • 例えばx=2,y=3
  • xとyを入れ換える(x=3,y=2)
  • 以上をx,y以外には変数を使わずに行う。

お知らせ

月曜10:30から大学院生向けに構造力学特論の授業をc317でやってます。 内容は、3次元のひずみテンソルや応力テンソルのから出発して、 梁の微分方程式\( -EI\frac{d^{4}v}{dz^{4}}+q(z)=0 \)を導くまでの導出に重点を置きます。 強制はしませんが、できるだけ参加すると、 (構造力学関係の話が通じやすくなって)いいかなと思います。

次回5/12(水)までの宿題

  • 5/12に簡単な実技試験を行う。
  • viで日本語の編集を行う場合は、日本語がいっぱいあれば、日本語コード(EUC)の 自動判別にほぼ成功するが、日本語が少ないものを編集する場合は、 行頭に「これは日本語」などの明らかな日本語を書いておくとよい。

外国語文献

ダイヤカットの和訳を&link(ここ,http://k2.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/g2wiki/wiki.cgi?%a5%c0%a5%a4%a5%e4%a5%ab%a5%c3%a5%c8%cf%c2%cc%f5)(学内のみアクセス可)に書いていく。

ゼミについて

  • ゼミは水曜13:00から
  • 夏休み中はゼミは休み。その代わり宿題を出す。

卒論日誌について

  • ゼミへの参加を卒論日誌に書いてはだめ
    • 外国語文献購読とか卒論プロポーザルの授業時間として数えられているものを重複してはダメという意味
  • 卒論に関係したゼミの課題などを行った作業時間を書くのはいいが

ブラインドタッチの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回) ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。Enterキーは(手首を回転させて)右手の小指で。 指が届く限りは腕の部分は机にくっつけた状態で指関節の曲げ伸ばしと手首の回転のみの 自由度を使う。手首や腕を持ち上げないようにする。

テーマ関係メモ

機能分離型支承

2008年度

お知らせ08/10/17

簡単な式なら、 &link(ASCIIMathML,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/asciimath/asciimath.html)を 使って、TeX形式で書けるようにしてみました。 しばらく試験運用します。

$\epsilon_{zz}(x,y,z)=\lim_{dz \to 0}\frac{u_{z}(z+dz)-u_{z}(z)}{dz} =\frac{\partial u_{z}}{\partial z}$

構造力学特論

大学院の授業を木曜の14:30-16:00にやる予定です。 内容は、 &link(構造力学IIの当初の基本方針,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/kouzou/#tekihon)にのっとって、 「連続体の力学」にどのような近似を行って、 どのような数学的な導出を行うと 構造力学の梁モデルや梁の微分方程式が 導かれるかということをちゃんとやりたいと 思います。 都合の許す人は、できるだけ参加してください。

文献など

夏休みの宿題

提出期限

後期のゼミを水曜か木曜の午後1時からにしたいと思いますが、4人の都合に応じて決めてください (火曜や金曜も不可能ではないです)。 で、10月の最初のゼミの日に夏休みの宿題の成果物1部を紙に印刷して後藤に提出した上で、 内容(何をやろうとしていて、何をやったら、どうなったか。うまくいっていないことも含めて、 今、どういう状況なのか)をホワイトボードを使って簡単に発表してください。

共通事項

  • あ、あと片持ち梁の8節点シェル要素の解析で、桁高方向を要素分割したら、 ティモシェンコ梁のたわみに近付くかどうかの宿題もあった。

刈屋

  • ダイヤカット缶(材料はさしあたり鋼材でもアルミでも)の解析をする。
  • PCCPシェルのとこにあるdaiya.fとble6ccx.fを使う方法を工藤さんから教わるなどしてほしい。
    • daiya.fの要素分割は少ないので、これの要素分割を増やす方法を(稲荷さんや工藤さんと一緒に?)考えてほしい。
      • daiya.fを書き換えて要素分割を増やせることが望ましいが、現行のdaiya.fの出力(daiya.obf)を blender2.40に読み込んで要素分割を細かくしたobjファイルを吐き出すというやり方でもよい。
  • 適当な円筒(まずは酎ハイ缶ぐらいの大きさのものを対象としてもよい)に対して、一端固定で、自由端側から圧縮を加える。
  • 破壊モードがどうなるかはわからないが、座屈解析も行ってみて、もし座屈したら座屈荷重と座屈モードを調べる。
    • 座屈モードをcgxで描かせる方法は、&link(tasu.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/ccx/tasu.f)参照。もしかして今のcgxだと、"add displacements"みたいに"add mode"もできたり するだろうか。
    • 変化させるパラメータとしては、高さ方向のダイヤ個数、周方向のダイヤ個数を変えながら、座屈荷重がどう変わるかを調べる (比較対象は、折り目のない状態の円筒)。 x軸が周方向のダイヤ数、y軸が高さ方向のダイヤ数、z軸が座屈荷重みたいな3次元プロットもいいかも知れない。
    • 弾性域で座屈を起こしそうにない場合は、どの部分の応力(ミーゼス応力)が降伏応力に達するかを調べる。

稲荷

  • 折り畳み円筒(材料はさしあたり鋼材でもアルミでも)の解析をする。
  • PCCPシェルのとこにあるtubure.fとble6ccx.fを使う方法を工藤さんから教わるなどしてほしい。
    • tubure.fの要素分割は少ないし、折り畳みの帯が2段ぶんしかないので、これの要素分割と折り畳み段数を増やす方法を(刈屋さんや工藤さんと一緒に?)考えてほしい。
      • 以下に述べるように1つの折り目頂点部付近の局部座屈を調べることが1つの関心事なので、折り畳み段数は2段でもいいだが、2段だと荷重載荷節点側に応力集中とかの影響が出そうなので、せめて4段(固定端/\/\→)ぐらいはあった方がいいのではないかと思う。
      • tubure.fを書き換えて要素分割(は2倍ぐらいの細かさで固定でもいいけど)や任意の段数を自動で設定できることが望ましいが、現行のtubure.fの出力(daiya.obf)をblender2.40に読み込むなどして手動で要素分割を細かくしたり段数を増やしたobjファイルを吐き出すというやり方でもよい(この辺のノウハウは工藤さんが知ってる)。
      • 折り畳まれた台形の平面部が伸びたり縮んだり曲がったりせずに剛体であれば、折り畳み円筒は高さ0のぴっちゃんこの状態になる。この状態を初期状態として、円筒の一端を固定し、他端を引っ張っていって、折り目がつぶれたりの局部座屈のような現象を観察するために座屈解析する。もしかして高さ0からの解析がうまくいかない場合は、初期不整としてある程度の高さを与えてもよい (この場合、圧縮してもきれいに折り畳めなくなるのかな。折り紙の模型で折り目の角度が悪いとちゃんとぴっちゃんこにならないよね)。 つまり、ぴっちゃんこの完全形の場合は、どこまで引っ張っても大丈夫か(局部座屈が起きないか)、 最初から高さのある不完全形の場合は、それに加えてどこまで押し畳んでも大丈夫か(局部座屈を起こさないか)ということも 関心事に加わるかも。
  • 適当な円筒(まずは酎ハイ缶ぐらいの大きさのものを対象としてもよい)に対して、一端固定で、自由端側から引張を加える。
  • 破壊モードがどうなるかはわからないが、座屈解析も行ってみて、もし局部座屈したら座屈荷重と座屈モードを調べる。
    • 座屈モードをcgxで描かせる方法は、&link(tasu.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/ccx/tasu.f)参照。もしかして今のcgxだと、"add displacements"みたいに"add mode"もできたり するだろうか。
    • 変化させるパラメータとしては、周方向の台形の個数、台形の上底部、下底部、高さの比率などを変えながら、局部座屈荷重がどう変わるかを調べる(比較対象は、折り目のない状態の円筒)。
    • 弾性域で局部座屈を起こしそうにない場合は、どの部分の応力(ミーゼス応力)が降伏応力に達するかを調べる。

小林

特定の人工衛星の特定の特性(振動特性とか)を調べてみましたというだけでは論文にならないので、 より一般的に柔軟宇宙構造(外力レベルが小さく非常に薄い部材からなるシェル構造とか)に特有の問題事項 (温度差による振動や座屈とか)に関するテーマを文献検索などで見付けてくる必要があると思います。 で、仮に、宇宙構造のあるパラメータ(薄さとか、梁構造でいう細長比パラメータみたいなものとか、幅厚比とか、 すべての板部材の面積と平均厚さと体積の比率とか、単位時間当たりの温度差とか)に 対する振動特性(固有振動数)とかを調べることが一つのテーマになり得るとして、 簡単な人工衛星(または宇宙構造)モデル(単なる箱とか板とかの単純なモデル)に対して、 そのパラメータがある値に近付くと固有振動数が小さくなるとか、そういう (実用的かも知れない)知見を見出せたとして、その知見の活用例の デモンストレーションとして、人工衛星構造の実例に対してそのパラメータを調節することで 具体的な宇宙構造の設計の際に固有振動特性を調性するのに今回の発見 (あるパラメータがある値に近付くと振動特性がどうなる)が利用できるといった 実践的な考察をするといった感じでしょうか。

  • pccpシェル?のとこにあるble6ccx.fをblender2.46のobjファイルを読み込むように改造するのは、 そう難しくないような。
    • あるいは、blender2.46のobjファイルをviで開いて手動で、blender2.40のobjファイル形式に書き換える こともできなくはないと思う。節点番号が0番からではなく1番から始まるとかそういうのは、ble6ccx.fの方で対応した方が いいだろうけど。

広内

  • 大田高福実験メモ
  • 去年の高福さんと太田さんの論文を読んで、高福さんと太田さんがスギ材に対して行った一連の解析を、 先日のマツ材に対しても行って下さい。 大黒屋さんが論文を書くので(たぶん)、それを手伝いながら、やり方を学んでください。 得られた材料定数にもとづいて、ccxでのシミュレーションもやってほしいんだけど、この辺は大黒屋さんと相談。

ゼミについて

  • ゼミは水曜13:00から
  • 夏休み中はゼミは休み。その代わり宿題を出す。

卒論日誌について

  • ゼミへの参加を卒論日誌に書いてはだめ
    • 外国語文献購読とか卒論プロポーザルの授業時間として数えられているものを重複してはダメという意味
  • 卒論に関係したゼミの課題などを行った作業時間を書くのはいいが

ブラインドタッチの練習

  • abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
  • ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
  • aBcDeFgHiJkLmNoPqRsTuVwXyZ
  • AbCdEfGhIjKlMnOpQrStUvWxYz?
  • 3.1415926535(5回)
  • 1.7320508075(5回) ABCDEFGなど左手で文字を打つときは右手の小指で SHFTキーを押さえ、 HIJKLMNなど右手で文字を打つときは左手の小指で SHFTキーを押さえる。 基本的に片手でSHFTと文字キーの二つを押さえるという ことのないように。
午前 ×
午後×× ××

2007年度

文献検索

オープンキャンパス

前日までの仕事

  • 対戦者順を決め、摸造紙に対戦表をマジックで書いて壁に貼るんだけど、 マジックが壁に写ると困るので摸造紙の裏に新聞紙かなんかを貼る。
  • おもりにひもを付ける
  • ポスターを貼る(実験室のドア2箇所には「2階です」を貼る)
  • 試験体10橋を並べる場所を用意する(誰の橋か分かるようにする)
  • 去年のポスターを貼る(一部省略可)
  • ドア側にテーブルを2つならべ、桁橋、疑似アーチ、アーチ橋、つり橋等を展示)
  • 共用Linuxパソコンをどっかに置いてデスクトップのspaアイコンをクリックしてtotem-xineで去年の 創造工房の動画をリピート再生しておく

当日の係

  • 写真係(試験前の状態、載荷中、破壊直後の状態を撮影)
  • ビデオ係(試験最中の様子を撮影)
  • 記録係(自重、崩壊荷重、崩壊荷重/自重などの結果を摸造紙とWikiに記録)
  • 仕切り役(ええ、ではこれから破壊実験を始めますので、、、)

後期のゼミの曜日調整

  • 水曜13:00
  • 後藤の駄目な日
    • 月曜?基礎物理実験って何時から?
    • 火曜10:00-12:00高専応用物理
    • 水曜8:50-10:20創造工房実習(あるいは、わざとゼミとかぶせてもいいかも。載荷試験のときとか)
    • 水曜14:30-16:00情報処理の技法

夏休みの宿題

Calculix

  • 太田:実験と同じ断面をPLASTICを入れて解いてみる
  • 高福:大黒屋さんの手伝い
  • 本田:円管の表面に沿って8節点シェル要素かなんかでモデル化できるか
  • 山崎:座屈後の変位量を初期座標に足して、変形図をcgxで描けるか

Xfig+LaTeX

  • 後藤の手描きの画像(例えば元ファイル名:hoge.png)を、Xfigで描き直し、 作成者の名前に応じて(太田:oo, 高福:ta, 本田:ho, 山崎:ya)hoge07oo.figみたいに 名前を付けて保存。
  • LaTeX eepicにExportして、hoge07oo.texとして保存。
  • 適当なtexファイルに読み込んで、文字列を修正。
  • &link(構造力学テキストのページ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/kouzou/) に謝辞として画像作者のみなさんの名前を載せるが、 figファイルやtexファイルは公開し、誰でも自由に使っていいことにしたい (ので、この条件にどうしても従いたくない場合は、この宿題はしなくてもいい)。

スパゲッティーの橋

  • 1人1橋(10/20のオープンキャンパスで墓石県する)
  • 完成品の自重:200g以下
  • スパン:60cm以上
  • 崩壊荷重/自重で競う
  • スパゲッティー:やまやで売ってるVALLE DEL SOLE(4kgで400円ぐらいの)
  • 瞬間接着剤:100円ショップのツリロン プロ仕様3g
  • 梁中央部に載荷用の荷作りひも(幅47mm)を通せる隙間を設ける
    • 載荷部は梁中央であれば下部でも上部でも構わない

自宅やアパートで橋を作る人は、じゅうぶんに換気しながら作業して下さい。 アロンアルファなら毒性は低そうですが、ツリロンはシアノアクリレート以外の成分がどの程度含まれているかなど不明なので。

宿題6/4まで

&link(ccxkataz.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/#ccx)で 解いた片持ち梁のたわみとPL^{3}/(3EI)を比較する。

宿題5/28まで

当面の課題

  • 後藤班代表
  • パソコンゼミの曜日
    • 月曜10:30
      午前×××
      午後第1候補××14:20前まで×

卒論テーマ

  • 卒論テーマ案(4候補)
    • 鋼板挿入集成材の実験と解析(木材と鋼材のヤング係数比の影響)(佐々木さん、後藤)
      • 実験は最低1人は担当してほしい。実験には担当者以外も暇な限り手伝い能代に行く。千田さんの実験も適宜 手伝う。(太田)
    • 鋼板挿入集成材梁のせん断補正係数を薄木先生のやり方で面積積分から求めた値と、有限要素法からの逆算値とで比較(&link(sounyuuk.f,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/programoj/#komono))(高福)
    • 鋼管の提灯座屈(象の足座屈):&link(日本鋼構造協会ライブラリー,http://122.200.204.83/publication/publication.php)Vol10,No39: 象の足座屈における理論と実験事実の乖離のような問題をCalculiXで解析(本田)
    • 横ねじれ座屈の数値解析: 太短いと実験値と立体要素FEM解が解析解や梁要素FEM解から離れる傾向が、 たまたま実験誤差と立体要素FEMの数値誤差の傾向が似ているからなのか、実は誤差のせいではないのか。CalculiXの 立体要素の線形座屈解析ではなく、初期不整を与えて変形を追いかけながら座屈解析したら結果が変わってくるかどうか (工藤)(山崎)

CalculiXゼミ(英語ゼミ)

  • その他の課題
    • &link(cgxをプリプロセッサーとして,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/kako/j2006/kawahara/#i29)角太橋みたいなやや複雑な複合構造のモデル化ができそうかどうかを確認(角太橋担当者)
    • CalculiXではミーゼス応力(相当応力)と相当塑性ひずみ関係を与えて弾塑性モデルをモデル化するが、 マニュアルで言う「最初の点」に「せん断降伏応力」を与えればいいということなのかどうか確認。

数値解析ゼミの日程確認(高橋班と調整)と役割分担

日程(予定)

  • 金曜日1コマ(8:50~10:20)
    5/25unixコマンド、vi(後藤班)
    6/1vi(後藤班)
    6/8Fortran(後藤班)
    6/15
    6/22
    6/29c言語(水研)
    7/6
    7/13
    7/20
    7/27LaTeX(後藤班)
    8/3

後藤班担当

担当者
vi
unix
Fortran
LaTeX

以下は2006年度の内容

オープンキャンパス

  • 桁橋:細谷
  • トラス:工藤
  • つり橋:大黒
  • やまやジュース
  • ウェットティッシュ
  • 粘土
  • ペーパークラフト
  • ブリコンmpg

お知らせ

06/6/9(後藤)

viがまだ使えてない人もいるようなので、 &link(viの使い方,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#vi) を追加しておきました。

2006年度の予定

  • 毎週火曜13:00から

連絡事項(後藤)

  • 卒論日誌に「ゼミ」とか「英語文献」と書いてはダメ(これらは卒論の作業時間には入らない)。
  • 5/2のゼミは休み。休み中に少しでもCalculiXの和訳を進めておくこと。
  • 次回は5/8(月)14:00から。

数値解析ゼミ

5/24Unix; vi(後藤班)
5/31vi(後藤班)
6/7C
6/14C
6/21C
6/28C
7/5C
7/12C
7/19Fortran(後藤班)
7/26Fortran(後藤班)
8/2Fortran(後藤班)

卒論テーマ希望(まだ未定だけど、早く強く主張した人が優先?)

  • 上田:実験
  • 橘:錆
  • 細谷:景観
  • 工藤:
    • CalculiXの立体要素で梁の横ねじれ座屈を解いてみる
    • それができるなら、ねじり剛性が小さい時にVlasovやティモシェンコの解析解と梁要素の数値解がずれてくる問題
    • 木材の横ねじれ座屈の実験値と細長比との関係が解析値と逆になる問題
  • 大黒屋
    • tyokum<mage.dを5点載荷試験でやってみる。

4/25の連絡事項

  • CalculiXマニュアルの自分の担当箇所を、和訳作業Wikiに貼りつけておく。

4/18の宿題(をちょっと修正)

毎日、abcdefghijklmnopqrstrvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTRVWXYZ0123456789 を10回打ち込む。大文字を打つ時は、ABCDEFGのように左手で文字キーを打つ場合は右手の小指で シフトキーを押さえ、HIJKLMNOPのように右手で文字キーを打つ場合は左手の小指でシフトキーを押さえる。

英語ゼミ

今年は、一人20ページ程度が目安みたいなんで、 CalculiXのマニュアルをコピーして20ページずつ分担しますか。 CalculiXのマニュアル和訳作業専用のWikiページをパスワード制限つきで、 &link(ここ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/ccx/wiki.cgi)に用意しました。 パスワードはメールでお知らせします。

数値解析ゼミ

水研と合同の数値解析ゼミは、5/24から毎週水曜日の12:50-14:20になる予定です。 後藤班の担当は、最初の2回ぐらいで、UNIXコマンド、viの使い方、 高橋班のC他のあとに、フォートラン3回ぐらい、TeX4回ぐらい

以下は2005年度の内容

夏休みの宿題の提出

  • DVDに全員分のを入れて、ポストに入れておきました。

お知らせ

  • 9/21(水)キャンパスクリーンデー
  • いないと思うけど、グランマートに駐車して大学に来ないように
  • 9/12の週に錆調査に行けないかな
  • 9/20からの連休は後藤は盆休み

オープンキャンパス準備

  • &link(オープンキャンパス,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/souzou/oopun.html)は(10/8土)
  • ケント紙の桁橋をつくる
  • スパゲッティーつり橋の修理
  • スパゲッティートラスももう一橋
  • 積木アーチの修正
  • ポスター製作
  • プレゼン練習
  • 昨年の創造工房の載荷試験DVDのmpeg化

夏休みの宿題

卒論テーマ

  • 荒木、進藤、三浦が解析系
    • 三浦は実験系
    • 荒木はフォートラン
    • 進藤はCalculiX
  • 藤原が錆
  • 小林が景観

参考資料

課題6/21

もし座席に余裕があれば、13:30からC319で(椅子持参で)宮本先生の特別講義。

課題6/15

課題6/8

課題6/1

課題5/25

課題5/18

課題5/11

課題4/27

  • まずは&link(ブラインドタッチ,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zyouhou/#buraindo)の基本。ホームポジションの確認。 パソコンでその日の作業を始める前に abcdefghijklmnopqrstrvwxyz ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ 01234567890を3回打ち込む。SHFTキーは、文字を打ってるキーとは反対の手の小指で。
  • ホームポジションを覚えたところで&link(vi,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#unix)の基本操作。 viの(作業効率に特化した)操作はブラインドタッチができてることが前提なので、ブラインドタッチができてないと ひたすら不便で使いにくくなってしまう。
    • ファイルを開き、文字列を挿入して保存終了できる。
    • hjklのキーを使いながら手をホームポジションに置いたままでカーソルを左右上下に移動できる。
    • 文字の削除、置換、行の削除、挿入、等々
  • 資料

課題4/20

  • &link(FD,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#fd)でディレクトリーを指定して、ファイルのコピーや移動ができる。
  • MOドライブ、DVDドライブ、フラッシュメモリなどを接続し、FDでファイルをコピーした後に マウント解除して取り外す。
  • 計算サーバーに接続し、cgx -b dummy.fbdでcgxを起動し、CalculiXのマニュアルを開き、
    • ccxの方を3人ぐらい
    • cgxの方を2人ぐらいで分担箇所を決める
    • 分量の少ない1人はCalculiX?も訳す

課題4/13

  • コマンドラインでディレクトリーの下の階層や上の階層に移動できる
  • ディレクトリーの作成と削除ができる
  • ファイルのコピー、移動、削除ができる
  • viを起動してテキストファイルの中身を見て終了できる
  • (追加)下記の方法でテキストファイルをEUCコードで保存し直し、moreで中身を見れることを確認

補足4/13

テキストエディター(gedit)で「保存」を選ぶと、保存ディレクトリとファイル名を決める 画面が出てきますが、そこに「文字コード」を選択するところがあると思います。 デフォールト(何もしない状態)では、そこがUnicode(UTF-8)になっていると思いますが、 このまま保存すると、コマンドラインでmoreで見ようしても文字化けして見れません。 EUC-jpを選択して保存して下さい。そうすれば、コマンドラインでmore ファイル名で 中身が見れると思います。

参考4/13

今後の予定など

  • TeXで簡単な文章を書いてみる。web1e.tex-web4e.tex
  • y=f(x)のx,yデータをgnuplotで描画し、それをxfigに取り込んで説明を書き加えた後、 eepic出力し、TeXに取り込む。で、微調整。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-12-03 (金) 15:45:57