構造研ゼミ

<ショートカット>

unixコマンドの使い方

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/linux/vine.html#unix

TEXの使い方

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/tebiki/texhtml.html#sono1 

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/bbb.png

このデータはほそぼそと続けている走幅跳のSB。(x軸は年数 y軸は記録) 

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/habatobi.png

11/11 課題

今回は初めてsalome-mecaを使って解析を行った。片持ちばりのたわみを解析したが難しかった。これから慣れていきたい。

以下は11/11の課題 自分の役割はMeshの長さが1.5と2の場合。

<Meshの長さが1.5の場合> 要素数は3935となる。たわみの平均値は6.24807であり相対誤差は約6.3%

<Meshの長さが2の場合> 要素数は1632となる。平均は5.6458525であり相対誤差は約15.3%

以下が全員分の表となる。

メッシュの長さ要素数変位相対誤差計算者
0.5595046.56-1.5千代岡
0.6455126.48774575-2.69高井
0.7390756.54132-2.0関合
0.8133976.43695-3.5岡田
0.999036.36315-4.6松田
1.262566.3043375-5.4青野
1.357676.29784-5.6山口
1.451466.286015-5.76山本
1.539356.24807-6.3進藤
1.634006.20446-6.98河合
1.829526.17161-7.5山口
216325.6458525-15.3進藤
36675.4053975-18.96山本
42643.6161-45.8関合
51913.86-42千代岡
61902.5077325-62.4高井
7751.41225-78.8青野
8561.2887175-80.7岡田
9491.28799-80.7松田
10441.226075-81.6河合

以下は要素数と変位のグラフ

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/salomekatamoti.png

11/18 課題

今回は単純梁について解析をおこなった。

<Meshの長さが1.5の場合>

要素数が15433 変位の平均が0.396317756757 相対誤差が約4.9%

<Meshの長さが2の場合>

要素数が10460 変位の平均が0.394818715517 相対誤差が約5.3%

以下全員のまとめの表

メッシュ長さ要素数変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.56041670.4289822.94千代岡
0.63615840.4212331.09高井
0.71452340.42251.4関合
0.81409870.4226273851.4岡田
0.9918570.4203516060.88松田
1.2245200.404744325-2.87青野
1.3231320.4045-2.93山口
1.445180.3986-4.34山本
1.5154330.396317756757-4.9進藤
1.6159000.399049-4.24河合
1.8116770.404457-0.03山口
2104600.394818715517-5.3進藤
37340.32447-22.13山本
414530.3329-20.1関合
54310.136240-67.3千代岡
63600.213048648.9高井
71960.1019892-75.5青野
81040.1158624-72.2岡田
9810.1247076-70.1松田
10780.07733-81.4河合

以下が要素数と変位のグラフ(理論値の入れ方はわからなかったので次回までに学んでくる)

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/tanzyunbari.png

11/25 課題

二次要素の等方性のデータ

メッシュ長さ要素数変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.5604167--千代岡
0.62032960.4238270.98高井
0.71452340.433013.22関合
0.81409870.430063.2岡田
0.9919740.4299133.18松田
1.2248000.4297773.14青野
1.3231320.4298856199923.16山口
1.4176170.4297453.13山本
1.5154330.4298443.2進藤
1.6159000.4297543.13河合
1.8116770.4296235323.10山口
2104600.4296053.1進藤
324860.4292173.0山本
414530.42933.02関合
54310.4278852.69千代岡
63600.42822.78高井
71960.426062.25青野
81040.426312.3岡田
9810.425132.03松田
10780.4244661.8河合

以下が要素数と変位のグラフ

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/tanzyunbari-niji-gurahu.png

異方性1次のデータ

メッシュ長さ要素数変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.56041670.509193.56千代岡
0.62032090.5047162.6高井
0.71452340.50362.42関合
0.81409870.502832.3岡田
0.9919740.500531.8松田
1.2248000.48739-0.9青野
1.3231320.4884103968-0.67山口
1.4176170.48403-1.56山本
1.5154330.48202-2.0進藤
1.6159000.48329-1.7河合
1.8116770.4785524135-2.67山口
2104600.47906-2.6進藤
324360.42787-12.98山本
414530.42772-13.02関合
54310.27364-44.3千代岡
63600.3392699-31.0高井
71960.21363-58.5青野
81040.22574-54.1岡田
9810.22750-53.7松田
10780.20327-58.7河合

以下が要素数と変位のグラフ

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/tanzyunbari-ihousei-gurahu.png

12/2 課題

二次要素サンドウィッチ梁のデータ

メッシュ長さ要素数変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.5---千代岡
0.6---高井
0.71552660.0861-13.0関合
0.81384530.083487-15.7岡田
0.9827660.083312-15.8松田
1.2322790.083574-15.6青野
1.3283430.083668-15.49山口
1.4236670.083680-15.48山本
1.5199580.083516-15.6進藤
1.6194510.086037-13.1河合
1.8109330.084022-15.13山口
2107640.083324-15.8進藤
336180.083497-15.66山本
416230.0852-13.9関合
510070.083104-16.1千代岡
68420.0821-17.1高井
75540.080750-18.4青野
82890.079715-19.5岡田
92610.078427-20.78松田
102320.082495-16.67河合

以下が要素数と変位のグラフ

(サンドイッチ梁の理論値と実験値の比較)

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/sandoitti.png

(異方性一次単純梁と二次サンドイッチ梁の比較) これ意味あるの?

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2022/shindo/sandoitti_ihousei_hikaku.png


トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-12-16 (金) 17:19:16