やること

・木材のめり込み,鋼材と接触を再現する仮想材料の値を決定する

・載荷試験用モデルの推定降伏荷重と解析結果の違いについて考察する

進捗

実験論文検証

1/2解析

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/nibunnoiti.png

・10m https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/10m1.png

・5m https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/5m1.png

・鉛直方向の変位,軸方向のひずみ,応力は割とあっている.

・10m https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/10m2.png

・5m https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/5m2.png

6m継手部載荷試験モデル

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/sozai1.png

継手部中央の1点で,通常の場合と木材のみの場合で載荷し最大変位を比較すると,通常時では78mm,木材のみでは84mm, どちらも継手部中央の1点同位置の節点が最大値

解析結果から最小,最大主応力と軸方向応力全てにおいて5ステップ目で降伏応力を越えたため,解析では40~50kNが降伏時の荷重だった

計算結果の荷重からは30kNほど違いが出た

メモ

salomeメモ

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/pukiwiki/?Salome%E3%83%A1%E3%83%A2

https://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=&ved=2ahUKEwj948Tj0pWCAxUXsFYBHV9lDvIQFnoECBYQAQ&url=https%3A%2F%2Fgroups.google.com%2Fg%2Fcode_aster-salome-meca%2Fc%2Fp5_M3HyjqpM&usg=AOvVaw12i-lWx2xpGmKMhyVF8bok&opi=89978449

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/cgi-bin/pukiwiki/?Salome-Meca%E6%BC%94%E7%BF%92_%E5%BC%BE%E5%A1%91%E6%80%A7%E8%A7%A3%E6%9E%90

ctrl f

https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijs/73/627/73_627_795/_pdf/-char/ja この800ページのD17016V7dとD17012Hがかなり木橋の設計と施工の52ページの図-38に近い感じがする

特許 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/s0100

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0200

エラーメモ

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/error.png メッシュが大きいことが原因だと思われる

https://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2023/abe/error2.png PCのディスクの容量が足りずに出力できなかったエラーだと思われる

木材工学メモ

We modelize drift-pinned joint with inserted steel plate in glulam timber beam

in order to investigate collapse modes of drift pins depending on their location. Element for drift pins is modeled by isotropic elasto-plastic material, element for glulam is modeled by orthotropic elastic material and element for interspace between drift pin surface and glulam hole surface is modeled by virtual material with very small Young's modulus. We show the numerical examples of the analysis and discuss about them.


トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-04 (木) 13:22:00