線形熱応力

salome-meca2018

アルミニウム(ヤング率:70600MPa,ポアソン比:0.345,線膨張係数:23.0e-6 /℃)の直方体(100✕10✕20)を初期温度20℃から120℃にする.この直方体は片持ちばりで固定面fix0は全面固定で,反対側端面fix100は拘束なし.

  • Geometry
    • ジオメトリでboxを作成(Dx100Dy10Dz20)->グループを作成でfix0,fix100を設定
  • Mesh
    • メッシュを作成->詳細設定セットの割当をAutomaticHexahedralization?->OK->メッシュを作成
    • ジオメトリのグループ作成->fix0,fix100を追加
  • AsteuStudy?
  • Addstage
    • mesh->Readamesh
      • Mesh_1選択->Meshfileformat選択->OK
    • ModelDefinition?->Assinfiniteelement
      • Finiteelement選択->1item->edit->Everywhere選択->Phenomenon->Mechanic選択->Modelisation->3D選択->OK
    • Material->Defineamaterial(ここでヤング率、ポアソン比、線膨張係数を設定)
      • 上のNameに材料の名前を入力(ここではAlminumと入力)
      • Linerisotropicelasticity->ヤング率70600,ポアソン比0.345,線膨張係数(Thermalexpansioncoeficient)23.0e-6を入力
      • 2材料の時は、Defineamaterialをもう1つ追加する。
    • Material->Assignamaterial(ここで温度設定20℃に設定する)
      • Model選択->Materialassignement->1item->edit->Everywhere選択->Material->edit->Alminumになっていることを確認
      • Externalstatevariableassignem...選択->edit->Externalstatevariable->Temperature選択->Referencevalue->20を入力->Everywhere選択->OK
      • 2材料の時は->Model選択->Materialassignement->2item->edit
      • Groupofelement->edit->ジオメトリーのグループで追加した名前のものを選択する(mokuなど)->OK->Material->1item->edit->Defineamaterialでつけた名前を選択する->OK
      • Groupofelement->edit->もう1つの材料についても先ほどと同様に行う
      • 温度設定のところ(Externalstatevariableassignem...)は1材料と同様.
    • BCandLoad?->Assignmechanicalload
      • EnforceDOC->1item->edit
      • Groupofelement->fix0選択->DX0,DY0,DZ0を入力->OK
    • Analysis->Staticmechanicalanalysis
      • Materialfield選択->Loads->edit->OK->Load=Loadになっていることを確認->OK
    • PostProcessing?->CALC_CHAMP
      • CONTRAINTE->edit->SIGM_NOEU
      • DEFORMATION->EPSI_NOEU
      • CRITERS->SIEQ_NOEU->OK
    • Output->Setoutputresults
      • Resultfilelocation->...押す->.medで名前つける
      • Format->選択
      • Results->2items->edit
      • Result選択->reslin(MECA_STATIQUE)になっていることを確認する>NOM_CHAM->edit->DEPL->OK
      • Result選択->unnamed(CALC_CHAMP)になっていることを確認する>NOM_CHAM->3items->edit->EPSI_NOEU,SIEQ_NOEU,SIGM_NOEU選択->OK
    • ここまではいつもと同じような感じ...
    • PostProcessing?->CREA_CHAMP(ここで温度変化120℃を設定する)
      • Model選択->TYPE_CHAM->NOEU_TEMP_R選択->OPERATION=>Assignement選択->Assignement->edit->->All選択->Value選択->edit->120入力->NOM_CMP->edit->TEMP入力->OK->NameをtempSと入力->OK
      • 2材料の時,1材料(木材moku)のみに温度変化を与えたい時Model選択->TYPE_CHAM->NOEU_TEMP_R選択->OPERATION=>Assignement選択->Assignement->edit->Groupofelement->mokuを選択->Value選択->edit->120入力->NOM_CMP->edit->TEMP入力->OK->NameをtempSと入力->OK
    • Material->fieldmat->Assignamaterial(ここでtempSを反映させる)
      • Externalstatevariableassignement->Field選択->tempS(CREA_CHAMP)になっていることを確認->OK
    • 計算を行う
    • 2材料のときはMaterial->DefineamaterialとMaterial->Assignamaterialに変更が生じる。
    • ParaViS
    • 左側のパイプのブラウザーのbuiltinを右クリック->Open->.medファイルを開く
    • フィルター(画面上の黒いところ、ファイルとか編集とかあるところ)->Recent->WarpByVector?->オブジェクトインスペクター(画面左側)->ScaleFactor?で調節すると、膨れ具合がわかる。
    • フィルター->Recent->ExtractGroup?->
    • SIGM_NOEU (節点の応力(6成分))

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-21 (土) 09:45:04