材料非線形班

材料非線形解析

  • 鋼材1mm✕1mm✕100mmの片持ち梁の先端に荷重0.6[N]をかけた。
  • 時間ごとに変位を解析し、固定部の縁部の軸方向応力が降伏点に達しないうちは弾性線形になり、 降伏点に達したところでグラフが折れ曲がることを確認していく。
  • 理論値は、\( σ=\frac{Pl}{I}y \)より,  360[N/mm\( ^{2} \)]

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/nemoto/daososeizu.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/nemoto/dansoseidanmen.png

  • 以下、解析結果を示す。

根本

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/nemoto/dansosei.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/nemoto/dansoseiue.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/nemoto/dansoseisita.png

藤原

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/arisa/hisenkei1.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/arisa/hisenkei2.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/arisa/hisenkei3.png


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-19 (月) 14:15:20