卒論日誌

11月15日 曲げ

11月15日 弾塑性解析 曲げ 間違い

11月29日 弾塑性解析 曲げ  訂正

9月30日〜 今後やること

10月1日 弾塑性解析 シンプルなやつ

10月6日 弾塑性解析 シンプルなやつ 訂正

10月25日 弾塑性解析 鋼材有り

7月26日 今後の課題

6月21日 今後の課題

6月7日    今後の課題

6月7日〜   グラフ

グラフ

6月21日 節(直径50mm)

6月16日 節(直径30mm)

6月21日 節(直径10mm)

6月10日

直径30mm、1個、一番下

直径30mm、1個、真ん中

直径30mm、1個、一番上

直径30mm、3個

5月26日〜 様々な節を入れた90×90×1200mmの片側固定端

問題

5月31日 健康な状態の場合(節がないとき)

5月31日 正二十面体、直径10mm、1個の場合 (0mm,600mm,1200mm)

5月31日 円柱、直径10mm、1個の場合 (0mm,600mm,1200mm)

6月2日 円柱、直径30mm、1個の場合 (0mm,600mm,1200mm)

6月2日 円柱、直径50mm、1個の場合 (0mm,600mm,1200mm)

5月31日 正二十面体、直径10mm、3個の場合 (0mm,600mm,1200mm)

6月2日 円柱、直径10mm,30mm,50mm、3個の場合 (0mm,600mm,1200mm)

5月24日  今後の課題

5月18日〜 初期不整を導入した90×90×1200mmの片側固定端

5月18日 ①初期不整なしの場合

5月21日 ②上面と下面の面積を変えた場合

5月21日 ③上面の位置をずらした場合

5月21日 ④節を入れた場合

5月17日  今後の課題

5月12日〜 90×90×1200mmの片側固定端

5月12日 90×90×1200mmの片側固定端(囲みなし)

5月13日 90×90×1200mmの片側固定端(囲みあり)

5月10日  今後の課題

4月21日〜 200×200×2600mmの単純梁

4月21日 200×200×3000mmの単純梁(囲みなし)

4月27日 200×200×3000mmの単純梁(囲みなし)

4月28日 200×200×2600mmの単純梁(囲みなし) 昨日の訂正!!

4月28日 200×200×2600mmの単純梁(囲みあり1材料)(間違えた)

5月9日 200×200×2600mmの単純梁(囲みあり1材料)

5月9日 200×200×2600mmの単純梁(囲みあり2材料)

エラー

5月21日

6月2日

弾塑性解析方法(バイリニア型)

Material

Analysis

\( v=\frac{P\ell^{3}}{48EI} \)

作業日誌

日付時間作業時間内容立会
10/1614:30-16:001.5h顔合わせ、ノートPCの使い方後藤先生、M2、4年生
10/2314:30-16:001.5hUNIXコマンドの使い方後藤さん
10/3014:30-16:001.5hviの使い方後藤さん
11/614:30-16:302hSalome-mecaの使い方、片持ち梁後藤さん、及川さん、4年生
11/1314:30-16:302hSalome-meca、単純梁後藤さん、及川さん、4年生

11月6日課題

メッシュサイズ要素数先端変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.53941216.57938-1.4君島
0.71309166.4781-2.8君島
0.8721016.43695-3.5高橋
0.9717186.43136-3.6高橋
1.0722786.44302-3.4
1.2655756.408255-3.9田村
1.4410966.316155-5.2田村
1.5234176.120905-8.2根本
1.8117585.7368975-13.9根本
2118175.7382525-13.9藤原
428624.9428-25.9藤原
88974.0411725-39.4森島
105963.4634575-48.1森島

ヤング率:6000(N/mm^2) ポアソン比:0.4 理論値:6.67(mm)

11月13日課題

メッシュサイズ要素数先端変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.53910310.341182.35君島
0.72157800.337981.39君島
0.81594680.335630.69高橋
0.9900710.33203-0.39高橋
1.0613150.32997-1.2
1.2581110.329956-1.2田村
1.4474090.328156-1.5田村
1.5420680.325074-2.4根本
1.8246270.317161-4.8根本
2122280.3005115-6.9藤原
450770.28405475-13.9藤原
817950.23120033-30.6森島
107520.1612725-51.6森島

ヤング率:7500(N/mm^2) ポアソン比:0.4 理論値:0.33334(mm)

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/kimijima/kadai3.png

11月20日課題

スパン100mm

メッシュサイズ要素数先端変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.53910310.44001511.9君島
0.72157800.43582310.8君島
0.81594680.433013110.1高橋
0.9900710.427668.72高橋
1.0613150.4238817.77
1.2581110.4230057.54田村
1.4474090.4203096.86田村
1.5420680.4184106.39根本
1.8246270.4104644.36根本
2122280.3963140.84藤原
450770.378695-3.6藤原
817950.342299-12.7森島
107520.298709-24.0森島

ヤング率:7500(N/mm^2) ポアソン比:0.4 理論値:0.393334(mm)

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/kimijima/kadai4.png

スパン50mm

メッシュサイズ要素数先端変位(mm)相対誤差(%)計算者
0.52517810.125304874.8君島
0.71091750.117253563.6君島
0.8759020.1152760.8高橋
0.9719110.1141359.3高橋
1.0477570.11360258.5
1.2269450.10893552.0田村
1.4229980.10729849.7田村
1.5176890.10375044.8根本
1.8146680.10213342.5根本
2139860.069684-2.8藤原
430090.0487895-32.0藤原
89670.07644297.2森島
105580.07683856.7森島

ヤング率:7500(N/mm^2) ポアソン比:0.4 理論値:0.0716667(mm)

12月4日課題

メッシュサイズ要素数先端変位相対誤差(%)計算者
0.82266470.0805356.9高橋
0.91275060.0767849.7高橋
1.0924470.052762.79
1.2883860.052642.55田村
1.4780860.052612.49田村
1.5700320.07254941.3根本
1.8348580.06837533.2根本
2203130.06328023.3藤原
3182290.0489236-4.68君島
480670.050046-2.51藤原
548460.036772667-28.3君島
838140.0270877-47.2森島
1017160.0217906-57.5森島

ヤング率(木材):7500(N/mm^2) ポアソン比(木材):0.4  ヤング率(鋼板):206000(N/mm^2) ポアソン比(鋼板):0.3  理論値:0.05133(mm)

春休みの課題

幾何学非線形

1000N

鋼材を想定、荷重は1000N

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/kimijima/hisenkei_ki_10.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/kimijima/hisenkei_ki.png

300N

荷重300Nのときは線形に近いグラフの形になった。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/kimijima/hisenkei.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2020/kimijima/hisenkei_ki_two.png


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-29 (月) 13:52:10