Homebrew のインストール

gfortranをインストールする前に、 ターミナルで、gfortran等の様々なツールをインストール できるようにするための Homebrew という パッケージマネージャーをインストールする。 https://qiita.com/zaburo/items/29fe23c1ceb6056109fd

Application -> ユーティリティー -> ターミナル でターミナルを開き、

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

をコピペして貼り付けてエンターを押すと、Homebrew のインストールが始まりまる。

インストール終了後、/opt/の下のどこかにあるbrewという実行ファイルへのパスをprofileに書き込めというような意味のコマンド(eval を使っている)2行を実行しなさいみたいなメッセージが出るので、それら2行を1行ずつコピペして、それぞれ実行する。

これで、ターミナルでパスぬきで brew と書いただけで brew が実行できるようになる。

gfortran のインストール

ターミナルを開き、

brew install gcc

と打ち込んでエンターを押すと、gfortranを含むプログラムのコンパイラー各種が インストールされる。

TextEdit?でプログラムの編集

マトリクス解析の3年生とかは、ターミナルでviを使うのはハードルが高いので、 TextEdit?を使ってもらう。 TextEdit?を立ち上げたら、Formatから、Plain Text を選択する。 これをしないと、保存する際のファイル形式にテキスト形式を選べない。 また、デフォルトのRTF形式とかになっていると、半角英数の""を全角の“”に勝手に変えられたりする。

あと、Macのキーボードの設定で、コマンドの語頭を大文字に変えられたりするので、キーボードの設定で、各種のおせっかい機能(Smart Quoteだか?)のチェックを外しておく。

保存は、aaa.f90みたいに名前をつけて保存すればよい。 Windowsのワードパッドみたいに、勝手にaaa.f90.txtみたいに拡張子をつけられたりもしない。

プログラムの編集場所は、デスクトップにmatrixみたいなフォルダを作って、その中で作業するのがいいだろう。そうすれば、ターミナルから、

cd Desktop
cd matrix

で移動できる。

プログラムのコンパイルは、

gfortran aaa.f90 -o aaa

lsと打って、実行ファイルができているかどうか確認する。

aaa.f90の他にaaaという実行ファイルができている。Windowsみたいに、aaa.exeとはならない。

aaaを実行する際は、

./aaa

と打つ。Windowsと違い、パス(実行ファイルのあるアドレス)を指定する必用があるので、 「このフォルダーの中の」という意味の ./ をつけて実行する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-04 (金) 11:25:55