卒論日誌

日付開始~終了作業時間作業内容
4/1114:00~15:001タイピング
4/149:00~11:002タイピング
4/1414:00~15:001タイピング
4/1810:00~12:002タイピング
4/1814:00~15:001タイピング
4/2111:30~12:301タイピング
4/2114:30~15:301タイピング
4/2811:30~12:301vi
4/2814:30~16:302vi
5/110:30~12:302vi
5/211:00~12:001vi
5/89:00~11:002英語
5/811:30~12:301英語
5/199:00~11:002salome課題
5/1913:00~14:001salome課題
5/2210:00~12:002salome課題
5/2214:30~16:302salome課題
5/2610:00~12:002salome課題
5/2710:00~12:002salome課題
5/2813:00~15:002salome課題
5/2910:00~12:002salome課題
5/3010:00~12:002salome課題
6/210:00~12:002salome課題
6/213:00~14:001salome課題
6/313:00~15:002salome課題
6/413:00~15:002salome課題
6/510:00~12:002salome課題
6/610:00~12:002salome課題
6/613:00~15:002salome課題
6/99:00~12:003salome課題
6/913:00~14:001salome課題
6/1110:00~12:002課題
6/1113:00~15:002課題
6/1210:00~12:002課題
6/1313:00~14:001Latex
6/1610:00~14:004Latex
6/1710:00~12:002Latex
6/1714:30~16:302Latex
6/1813:00~16:003Latex
6/2012:00~15:003Latex
6/239:00~12:003Latex
6/2313:00~14:001Latex
6/2610:00~12:002課題
6/3010:00~12:002課題
7/39:00~12:003課題
7/79:00~12:003課題
7/1015:00~18:003課題
7/149:00~12:003課題
7/1513:00~16:003課題
7/179:00~12:003課題
7/1813:00~18:005課題
7/229:00~12:003課題
7/249:00~12:003課題
7/2815:00~18:003課題
7/319:00~12:003課題
8/114:00~17:003課題
8/615:00~18:003課題
8/813:00~18:005課題
8/1114:00~17:003課題
8/1513:00~17:004課題
8/1814:00~17:003課題
8/2014:00~18:004課題
8/2215:00~17:002課題
8/2714:00~17:003課題
8/2813:00~17:004課題
8/3014:00~17:003課題
9/214:00~18:004課題
9/315:00~17:002課題
9/41:00~8:007課題
9/415:00~17:002課題
9/1213:00~17:004課題
9/1614:00~17:003課題
9/1813:00~18:005課題 実験
9/2113:00~16:003課題
9/2213:00~17:004課題
9/2420:00~24:004課題
9/2813:00~17:004課題
9/2910:00~12:002課題
9/3013:00~16:003課題
10/213:00~17:004課題
10/513:00~16:003課題
10/61:00~7:006課題
10/720:00~24:004課題
10/913:00~16:003課題
10/1413:00~17:004課題
10/1613:00~16:003課題
10/1814:00~16:002課題
10/191:00~6:005課題
10/2313:00~17:004課題
10/251:00~6:005課題
10/2619:00~21:003課題
10/2710:30~18:007.53Dプリンタ講習
10/2813:00~17:004課題
10/2914:00~16:002課題
10/2916:30~17:3013Dプリンタ講習
10/3012:00~16:004課題
10/3113:00~16:003課題
11/412:00~16:004課題
11/610:30~14:304引張試験体の印刷
11/713:00~15:002引張試験準備後藤さん
11/1013:00~15:002引張試験
11/1114:00~17:0033Dプリンターマニュアル作成
11/1713:00~17:004引張試験
11/1813:00~17:004引張試験
11/1913:00~17:004圧縮試験体の印刷
11/2114:00~17:003圧縮試験斉藤さん
11/2515:00~17:002圧縮試験斉藤さん
12/210:00~16:006calculix
12/31:00~7:006calculix
12/416:00~22:006calculix
12/710:00~16:006calculix
12/910:00~16:006calculix
12/1310:00~16:006calculix
12/1410:00~16:006calculix
12/151:00~6:005calculix
12/1617:00~22:005calculix
12/1914:00~15:001中間発表準備
12/211:00~6:006中間発表準備
12/2510:00~16:006calculix
12/271:00~8:007calculix
1/59:00~11:0023Dプリンター
1/69:00~16:0063Dプリンター calculix 圧縮試験
1/79:00~16:006calculix 圧縮試験
1/810:00~17:006calculix 圧縮試験
1/91:00~7:006calculix 圧縮試験
1/1016:00~23:006calculix
1/1410:00~16:308calculix
1/158:00~16:3010calculix
1/158:00~16:007結果整理 計算
1/169:00~16:006破壊試験
1/219:00~16:006卒論概要
1/229:00~16:006卒論概要
1/231:00~8:006卒論概要 圧縮試験
1/2416:00~24:005卒論概要
1/253:00~6:003卒論概要
1/289:00~16:006卒論概要
1/2914:00~16:002卒論パワポ
1/3010:00~13:003卒論発表練習
1/3116:00~24:007卒論パワポ
2/29:00~12:003卒論パワポ
合計481.5h

アクリル引張実験

レポート必須項目

  • 供試体寸法
  • 室温
  • 軸方向の応力ーひずみプロット
  • 各荷重段階のポアソン比
  • 応力ーひずみから最小二乗法で算出したヤング率
  • ポアソン比
  • せん断弾性係数
  • 誤差、考察

salomre課題

・縦(x方向);200mm=0.2m

・横(y方向);800mm=0.8m

・高さ(z方向);2000mm=2m

・ヤング率;6GPa

・ポアソン比;0.3

・せん断補正係数;5/6

・せん断弾性係数;2.31GPa

v(理論値)=0.0589m

Nolength節点数第1要素数第2要素数第3要素数v(解析結果)[m]相対誤差(実験値-理論値/理論値)[%]備考欄
1216.333196603125980.0525-10.04初期値
21606538092823320.0561-4.20
3801217152174843160.0564-3.79
45043882405320177710.0573-2.20
52031215600226001498520.0577-1.52この値が限界

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/take.png

●考察

・ 理論値で求めたたわみをもとにSalomeで解析を行った。初期値(length216.333)で解析を 行うと、相対誤差が-10.04%と大きな誤差が出た。

・ メッシュを細かくしていき、length20で相対誤差が-1.50%になり、誤差を1%台まで縮小できた。

・ 断面を変えたり、材料を変えたりし、解析しながら、たわみ、精度を解析していく必要が あると考えられる。

Salome課題(直方体要素でvを解析)

・縦(x方向);200mm=0.2m

・横(y方向);200mm=0.2m

・高さ(z方向);2000mm=2m

・ヤング率;6GPa

・ポアソン比;0.3

・せん断補正係数;5/6

・せん断弾性係数;2.31GPa

v(理論値)=0.000336m

NoNumber of Segments(分割数)節点数第1要素数第2要素数第3要素数v(解析結果)[m]相対誤差(実験値-理論値/理論値)[%]備考欄
1154096180135033750.000282-16.1初期値
230297913605400270000.000319-5.05
335466564207350428750.000332-4.12
4406898214809600640000.000325-3.27

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/take2.png

Salome課題(mokuzai.f90でvを解析)

・縦(x方向);200mm=0.2m

・横(y方向);200mm=0.2m

・高さ(z方向);2000mm=2m

・ヤング率;6GPa

・ポアソン比;0.3

・せん断補正係数;5/6

・せん断弾性係数;2.31GPa

v(理論値)=3.48E-04m

NoNumber of Segments(分割数)節点数第1要素数第2要素数第3要素数v(解析結果)[m]相対誤差(実験値-理論値/理論値)[%]備考欄
1154096180135033753.38E-04-2.87初期値
2209261240240080003.42E-04-1.72
325175763003750156253.44E-04-1.14
430297913605400270003.45E-04-0.862
535466564207350428753.46E-04-0.575
6406898214809600640003.46E-04-0.575

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/take3.png

引張試験(RGD525)

供試体作成

3Dプリンターで印刷するための供試体をsalomeで作成

&link(sikentai.hdf,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/sikentai.hdf)

供試体印刷(11/6)

Build timeModel ConsumptionSupport ConsumptionMaterial Type
01:2625g21gRGD525

引張試験実施

気温実験開始一旦停止再開実験終了
26度11/10 15:0511/11 15:0511/11 15:0611/12 15:06

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/14-11-122.png

気温実験開始一旦停止再開実験終了
27度11/13 17:05:3011/14 17:05:3011/14 17:06:3011/15 17:07:30

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/4-11-17.png

気温実験開始実験終了
25度11/17 16:4611/17 16:51:30

重り 501g,フック 481g

・30秒ずつ10個の重りを載荷

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/14-11-17.png

気温実験開始実験終了
25度11/18 16:3511/18 16:40:30

重り 999g,フック 481g

・30秒ずつ10個の重りを載荷

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/14-11-18.png

ヤング率

RGD525による11/18の学生実験から算出

&link(yang5.f90,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/yang5.f90)

0~30秒ずつの平均2.739GPa
5~29秒ずつの平均3.312GPa

5~29秒の時に平均を取ったときにyang5.f90にミスがあったので修正しました (たぶん1~25秒の平均をとるようになってしまっていたのを修正) &link(yang25.f90,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/yang25.f90)。 これでヤング率を取り、gnuplotで線形回帰すると、

  • 5~29秒の平均の時
    ヤング率2.84339e+09
    ポアソン比(裏表平均)-3.12896E-01
    となります。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/tsuboi/nantoka.png

圧縮試験

直径50mm,高さ50mm,厚さ2mmの円筒に20kgの載荷試験。 円筒に天板を載せそれにおもりを吊り下げて載荷を行う。 荷重はおよそ20kg。衝撃荷重を避ける為に10秒毎に1kgずつ載荷していき、20kgが載荷されてから5分ごとの変位を30分まで取る。その後一度におもりを除荷し、同様に30分間変位の戻りを見る。

RGD525

  • 20kg載荷後
    051015202530
    変位mm0.250.260.260.270.280.280.28
  • 除荷後
    051015202530
    変位mm0.100.100.090.090.080.080.07

課題

蛇腹のプログラミングを修正する。 inpファイルをつくるプログラミングを探す。 ものづくりセンターの申請。

CalculiXによる計算結果

実験と同じように10kgを載荷した際の高さ方向変位をパターン毎に表したもの。1列目が周方向分割数で2列目が高さ方向分割数、3列目が変位

&link(jabaraheni2.dat,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu/jabaraheni2.dat)

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu/jabaraheni.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/jabaraheni2.png

&link(jabarazakutukaju2.dat,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu/jabarazakutukaju2.dat)

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu/jabarazakutu.png

  • 座屈荷重3dplot http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/jabarazakutukaju2.png
  • 座屈荷重3dplot2 変位0の地点は製作出来なかった。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/07.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/09.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/99.png

載荷試験

初期高さ0.7

10kg載荷 初期高さ0.7
経過時間0分5分10分15分20分25分30分
変位1.261.501.611.681.751.801.87
除荷0分5分10分15分20分25分30分
変位0.070.020.020.020.010.010.01
バネ定数0.00399

初期高さ0.9

10kg載荷 初期高さ0.9
経過時間0分5分10分15分20分25分30分
変位0.780.890.930.950.981.001.01
除荷0分5分10分15分20分25分30分
変位0.070.040.040.030.020.020.01
バネ定数0.00252

初期高さ0.99

10kg載荷 初期高さ0.99
経過時間0分5分10分15分20分25分30分
変位0.620.670.680.690.690.700.70
除荷0分5分10分15分20分25分30分
変位0.150.070.060.030.030.030.02
バネ定数0.0000106

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu/saikakekka.png

バネ定数比較

試験体0.70.90.99
実験値0.0001060.002520.00399
解析値0.0009190.003420.00608

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/23.png

破壊試験

CalculiXより座屈荷重は以下のようになる

初期高さ0.70.90.99
座屈荷重[N]319433396

実験結果

初期高さ0.70.90.99
座屈荷重[N]265353

座屈モード http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/zakutu6-20-07.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/zakutu6-20-9.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/zakutu6-20-99.png

結果 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/zakutu07.png

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/aaa.png

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/hakai07.png

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2014/takeuchi/rensyuu2/hakai99.png

サポート材

初期高さ0.7159g
初期高さ0.9147g
初期高さ0.99147g
合計453g

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 12:27:32