卒論日誌

日付時間帯作業時間内容立会
4/3010:30-15:305ゼミ課題後藤
5/710:30-14:304ゼミ課題後藤
5/912:00-16:004ゼミ課題後藤
5/1410:00-13:303.5vi後藤
5/1612:00-13:001円筒作成後藤
5/1813:00-16:003変位計算後藤
5/2312:00-16:004円筒作成後藤
5/2512:00-16:004メッシュ作成、計算後藤
5/2810:30-14:304ばね定数の算出後藤
5/3014:30-17:002.5螺旋円筒の線形解析後藤
6/1111:30-14:303螺旋円筒の線形解析後藤
6/1116:00-18:002ゼミ課題後藤
6/1312:00-16:004ゼミ課題後藤
6/1711:00-14:303.5ゼミ課題後藤
6/2215:00-18:303.5螺旋円筒作成後藤
6/2512:00-14:302.5螺旋円筒のばね定数(高さのみ変える)後藤
7/211:00-14:302.5ばね定数の比較後藤
7/817:00-19:302.5ばね定数の比較後藤
7/911:00-14:303.5ばね定数の比較後藤
7/1212:30-16:304サルバティコ図面のジオメトリ作成後藤
7/1515:30-19:304虹橋ジオメトリ続き、ヒンジでないときのばね定数後藤
7/1611:00-14:303.5虹橋後藤
7/2311:30-14:303虹橋完成後藤
7/3011:30-14:303ヒンジでないときのばね定数後藤
8/112:00-16:004ばね定数比較用データ集め後藤
8/312:00-16:004ばね定数比較用データ集め後藤
8/611:00-14:303.5ばね定数比較用データ集め後藤
8/2713:00-17:004ばね定数比較用データ集め後藤
8/2913:00-17:004ばね定数比較用データ集め後藤
9/212:00-17:005ばね定数比較用データ集め後藤
9/616:30-18:001.5ばね定数比較用データ集め後藤
9/711:00-17:006ばね定数比較用データ集め後藤
9/1112:00-18:006ばね定数比較用データ集め後藤
9/1312:00-17:005ばね定数比較用データ集め後藤
9/1413:00-18:005ばね定数比較用データ集め後藤
9/1513:00-17:004ばね定数比較用データ集め後藤
9/1715:00-17:002ばね定数比較用データ集め後藤
9/1916:00-18:002ばね定数比較用データ集め後藤
9/2116:00-18:002ばね定数比較用データ集め後藤
9/2218:00-20:002中間発表準備後藤
9/2416:00-18:302.5中間発表準備後藤
9/2514:00-18:004中間発表準備後藤
9/2718:00-22:004中間発表準備後藤
10/216:00-24:007中間発表準備後藤
10/321:00-2:005中間発表準備後藤
10/411:00-16:005中間発表準備後藤
10/421:00-1:304中間発表準備後藤
10/1412:00-18:006飛び移り座屈後藤
10/1516:00-20:004アニメーション作成後藤
10/1613:00-17:004アニメーション作成後藤
10/1713:00-19:006飛び移り座屈後藤
10/1812:00-17:005飛び移り座屈後藤
10/2312:00-16:304.5飛び移り座屈後藤
10/2412:30-17:305飛び移り座屈後藤
10/2513:30-17:003.5飛び移り座屈後藤
10/2911:00-17:006飛び移り座屈後藤
10/3017:00-18:001飛び移り座屈後藤
10/3114:00-18:304.5飛び移り座屈後藤
11/211:00-13:002飛び移り座屈後藤
11/816:00-18:002飛び移り座屈後藤
11/911:00-15:004飛び移り座屈後藤
11/1010:00-14:304.5飛び移り座屈後藤
11/1314:00-16:002salome2016後藤
11/1511:00-13:002salome2016後藤
11/1611:00-13:002salome2016後藤
11/2310:00-16:006salome2016後藤
11/2613:00-17:004salome2016後藤
11/2713:00-18:305.5salome2016後藤
11/3010:00-13:003salome2016後藤
12/313:30-18:305salome2016後藤
12/514:30-17:303salome2016後藤
12/711:00-13:002salome2016後藤
12/716:00-19:003応用方法後藤
12/814:00-18:004仮囲いについて後藤
12/1118:30-22:304salome後藤
12/1218:30-21:303salome後藤
12/1515:45-19:454中間準備後藤
12/2021:00-05:008中間準備後藤
1/811:30-17:306卒論後藤
1/913:30-18:305卒論後藤
1/1110:00-13:003卒論後藤
1/1116:00-19:003卒論後藤
1/1213:00-18:305.5卒論後藤
1/1513:00-19:306.5卒論後藤
1/1616:00-21:305.5卒論後藤
1/1811:30-15:304卒論後藤
1/2213:00-19:306.5卒論後藤
1/2315:00-24:309.5卒論後藤
1/2512:30-17:305卒論後藤
1/2714:30-20:005.5卒論後藤
1/2912:30-17:305卒論後藤
1/3014:30-19:305卒論後藤
2/413:30-19:005.5卒論pp後藤
2/513:30-19:306卒論pp後藤
2/612:30-20:007.5卒論pp後藤
2/714:30-20:306卒論pp後藤
2/810:30-17:006.5卒論pp後藤
2/913:00-17:004発表準備後藤
2/1210:30-20:009.5発表準備後藤
合計4012.5

課題1・2(5/28) 円筒のばね定数kを高さを変えて計算する

  • P 100N 
  • 半径 50mm 
  • 厚さ 0.1mm
  • E 5000MPa
  • 高さ 30mm、200mm
  • γ 0.3

k=EA/h、k=P/Δhの式を比較して相対誤差を求める

(圧縮方向)(引張方向)(圧縮方向)(引張方向)
高さ(mm)k=EA/h(N/mm)k=P/Δh(N/mm)k=P/Δh(N/mm)相対誤差(%)相対誤差(%)
305230.09407.39407.379.979.9
200784.5763.9763.92.62.6

課題3(5/30)螺旋折円筒のばね定数解析

  • 6角
  • P 1000N
  • 半径 30mm
  • 高さ 40mm 線形解析k=9.8/0.2374=41.28 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/aaa1.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/aaa2.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/aaa3.png

課題4(6/11)高さ、半径、荷重、角の数を変えてばね定数を計算する

  • 6角
  • P 2000N
  • 半径 30mm
  • 高さ 40mm http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/aaa4.png

課題5(6/25)円筒の高さのみを変えてばね定数を比較する

  • 6角
  • P 1000N
  • 半径 60mm
  • 高さ 10-100mm
  • (7/12)10mm、20mmと高さが小さいとジオメトリ作成する際にどれがどの線なのか分かりづらく中々上手くいかない
  • (7/15)10mm20mm30mmを110mm120mm130mmにしてみようと思ったが高さが110mmの時点で回転角を求められなくなった。
半径高さ荷重回転角ひずみばね定数
660mm10mm1000N59.540
660mm20mm1000N58.162
660mm30mm1000N55.861
660mm40mm1000N52.629393.3mm2.543
660mm50mm1000N48.43686.90mm11.507
660mm60mm1000N43.22122.56mm44.326
660mm70mm1000N36.8646.375mm156.863
660mm80mm1000N29.1232.128mm469.925
660mm90mm1000N19.4950.8178mm1222.793
660mm100mm1000N6.6900.6469mm1545.8

そもそも荷重が大きすぎてひずみが高さを越えてしまっているため、次回は荷重を小さくしてやってみる。(1000Nから100N?)

オープンキャンパス準備(7/12)

サルバティコ体験学習用図面よりジオメトリを作成した。

  • 主材、水平材の一段目まで作成できた(7/12)
  • 次は二段目、角度
  • やはり角度が分からない。とりあえず必要な部材のボックスだけ全て作成した(7/15)
  • 作成完了(7/23) http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/aaa5.png

課題6(7/15)ヒンジでない時のばね定数

螺旋円筒の角がヒンジになっていない時のばね定数Aを、ヒンジになっている時のものBと比較する。

角の数半径高さたわみ(A)たわみ(B)ばね定数(A)ばね定数(B)荷重(N)
660mm60mm22.5653.4944.32618.701000
660mm70mm6.37516.83156.86359.4181000
660mm80mm1.7522.128570.776469.9251000
660mm90mm0.81340.81781229.4071222.7931000
660mm100mm0.57120.64691750.71545.81000

課題7(9/2)

荷重500Nとしてまた新たにデータを集めていく。荷重1000Nでのこれまでのデータからするとヒンジでない時のばね定数の方がヒンジである時よりも大きい。荷重500Nでも同じような結果となるか、また荷重、高さ以外にも今回は半径を変化させた場合のデータも集積していく。

課題8(10/15)

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/kikagaku.gif

11/9

  • salome2017で頂点に変な荷重がかかってしまう問題がsalome2016で解決されるかどうか
  • また5角、4角など角数変えた場合の荷重の変化など(変位制御)
  • 2016で解決されるようであれば今後は2016を使っていく
    • 2016でメッシュ作成する際、3Dに設定ができない。厚さを変えても3Dが選択できない。後日遠藤さんに教えてもらいたいがとりあえず6角、5角、4角のジオメトリで面まで作成している状態
    • asterstudyのエラー「拠点が閉鎖されています」とは?
  • (11/16)salome2016のメッシュで3Dが選択できなかった問題は、ジオメトリ→新しいエンティティ→ビルド→ソリッドより全てのオブジェクトを選択して(1つのソリッドを作成のチェックは外す)適用してから、グループの作成→固定線載荷線、、というように今までどおり進めていけば解決された。(中身が空になっていた為3Dにならなかった?)

11/16

  • 用途のネタ随時探す(仮囲い、医療機器など?)

11/30

12/7

  • commの内容(英語の意味とか?)理解しておく。 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/aaa7.png
  • このNON-LINEは非線形を表す?

1/11

  • 角の数多いほど折り畳まれるのに必要な荷重が少なく済むことが分かったが、7角、8角・・・とどこかで傾向が変わるポイントがあるはずなので(円柱は折り畳まれないことから)、また角増やしながらいろいろやってみる。
  • 材料はこのまま紙でいく
  • 卒論のスライドには荷重変位曲線に実際どのくらい折り畳まれているかの図を貼る、またアニメーションも貼りたい
  • 6角は何に使える?4角は何に使える?傾向が分かったら実際どう使えるかまで考える
  • 線形解析と非線形解析の違い説明できるように

1/12

  • とりあえず7角、10角、12角のジオメトリまでは作成したが、どれもメッシュ切る際に計算が全く進まなくなる。メッシュが細かすぎる?でも6角までと同じメッシュの大きさにしているので原因が謎。たまにこうゆうことがある。

1/15

  • 8角は何事もなくParavisまでいけた。7角も新しいジオメトリ作ったらできた。
  • 12角までグラフ作成したがまだ荷重小さくなり続けている。次18角(1/16)

1/18

  • スライドにアニメーション貼ってpdfにしても再生される?→再生されなかった
  • 多分どんどん角数増やしていっても折り畳まれるのに必要な荷重は減っていく。円筒にはなりきらないかも?どんどん0に近づいていく(12角現在)
  • 紙だと手を離す(荷重を0にする)と折り目の反発力によって戻る
  • 三次元プロットにする(荷重、変位、角数)

1/22

  • 5mm刻みで値とってグラフ作ることにしたが4角のを100ステップ(他のは全て200ステップ)にしてしまっていた。200に直そうとした(2.5刻みにしようとしたがステップ数は整数にしかできなかった為)があまりにもエラーが続くので明日またジオメトリから作りなおす。

1/23

  • 何度か作りなおしたが4角がどうしてもきれいに折り畳まれない。(回転角は合ってる) とりあえず5から9角で進める。 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/b.png
  • 単体のデータの三次元プロットはできるが複数のデータをまとめたプロットが分からない
  • パッと見奇数角偶数角に大きな違いはなさそう
  • 全ての角の0mm、10mm、40mm、70mm、100mmのスクショ撮った

1/25

  • 4角から8角、12角で三次元プロット(変位、荷重、角数)した。4角は23日のもので大丈夫であった。角の数や材料によって座屈する高さがあるらしい。今回の半径80高さ100の場合は4角以下は座屈する。
  • 9角が何故か7角8角より荷重大きくなってしまうデータになっていたので9角除外
  • 奇数と偶数での違いはなし。面が全て三角であり、その面の中で解決(?)するのでこの間の中間発表で言われたような現象はおこらないらしい。 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/3jigen.png
  • 座屈しているので4角のみカクカクした線になっている

1/27

  • 三次元じゃない方が分かりやすい気もする http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/nakamura/ag.png

2/6

  • 13:00から発表練習

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 12:27:56