mentatメモ

非一体化モデルの作り方

インポート

  • FILE→INPORT→ABAQUS→モデルを選択(この時点では一体化モデル)

プレストレス(面荷重)

  • BOUNDARY CONDITION→NEW→STRUCTURAL→FACE LOAD→PROPERTIES→PRESSURE、ここに値を入力
  • プレストレス値の決め方→本来、プレストレスの作用点は片持ち梁の場合、yz面から見れば上部に5箇所、下部に5箇所、裏にも同じようにあるので全部で20箇所ある。yz面から見た上部だけ考えると1箇所にかかるプレストレスは70kN=0.07MNで、これが5箇所あるので合計すると0.35MN。1要素にかかる力を1要素の面積で割ってあげると0.972MN/m2という値が得られる。

鋼板と木材をばらしてくっつける

  • とりあえず邪魔な矢印を一旦非表示にする、BOUNDARY CONDITIONで適当に境界条件を与える(後で必ず消す)→MESH GENERATION→MOVE→TRANSTLATIONSのxに適当な値を入れる→ELEMENT→離したい要素を選択→黄色になる→右クリック ※離れない場合→MESH GENERATION→SUBDIVIDE→DIVISIONS(1,1,1)にして→ELEMENT→EXISTでもう一度やってみる
  • 全部やったら今の逆手順をやることで非一体の状態となる。TRANSTLATIONSのxにはマイナスをつける

荷重

  • BOUNDARY CONDITION→プログラムの時点では1つの節点に付き0.000203252MN(断面の節点数246)となっているが、非一体化モデルでは一体化モデルより断面の節点が増えるので1つの節点に付き0.000146199MN(断面の節点数342)と与える

摩擦係数を与える

  • CONTACT→CONTACT BODIES→NEW→DEFORMABLE→PROPERTIES→FRICTION COEFFICIENT →摩擦係数を入力→ELEMENT ADD→要素を選択→黄色になる→右クリック→現段階では要素に摩擦係数を与えている

LOADCASESの設定

  • LOADCASES→STATIC→LOADS→すべての境界条件に必ずチェックを入れる。入れないと反映されない→STEPに1と入力

JOBの設定

  • JOBS→PROPERTIES→INITIAL LOAD→すべての境界条件に必ずチェックを入れる
  • JOBS→PROPERTIES→CONTACT CONTROL→TYPE→STICK SLIP
  • JOBS→PROPERTIES→JOB RESULTS→STREESとTOTAL STRAINを選択
  • JOBS→RUN

画面の配色

  • VISUALIZATION→COLORS→COLORMAPで番号を選択

要素が選択できない

  • VISUALIZATION→PLOT→RESET(下の方)してからREDRAW

節点や要素、境界条件の表示、非表示

  • VISUALIZATION→PLOT→それぞれのチェックを入れるか外す

ASSUMED STRAIN

  • GEOMETRIC PROPERTIES→PROPERTIES→ASSUMED STRAIN、ここにチェックを入れると今より正確な値が得られるかも?

結果を保存

  • モデルを走らせる→Result→open default→画面下のsave
  • 結果を見たい時、走らせる前のモデルを開く→Result→open defaultの画面で保存した結果のファイルを開く
  • 改めて結果を見たい時にわざわざ走らせなくていいので便利

たわみの値をみる

  • VIEWとかMOVEを駆使して節点番号を調べてから→Result→TOOLS→SHOW NODESで節点番号を入力する

グラフ

書き方

  • Result→PATH PLOT→NODE PATH→2点選ぶ→選択した点が黄色になる→右クリック→ADD CURVE→ADD CURVE→VARIABLESで縦軸、横軸の順に項目を選択→FIT→完了

節点番号からたわみの値をみる

  • Result→TOOLS→SHOW NODE→節点番号を入力→下モニターにたわみの値が表示される

モデル画面への戻り方

  • PATH PLOTの画面でSHOW PATH PLOTをSHOW MODELにする

荷重が反映されない

  • インポートして境界条件で荷重以外の力(プレストレスとか)を入れた後にLOADCASESのLOADSにチェックを入れないと走らせた後に結果に反映されないので注意

dとE

  • mentatはEは読み込めるけど、dは読み込めないのでinpファイルなどに注意

幅方向と変位の関係

断面図

  • 荷重は全節点に+y方向に載荷
  • nz=512
  • プレストレス(面荷重として1要素に作用させる)=0.972MN/m2

mentat,calculix,実験値

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/zz512hikaku.png

プレストレスあり節点共有してないで固定・・・摩擦係数の変化で比較

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/zz512prestmasatu.png

プレストレスあり節点共有してない摩擦0.4で固定・・・荷重の載荷位置で比較

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/zz512saikabetu.png

幅方向と変位の関係(荷重変更前)

断面図

  • 荷重は全節点に+y方向に載荷
  • nz=512
  • プレストレス(面荷重として1要素に作用させる)=0.972MN/m2

「プレストレスなし節点共有」と「プレストレスあり節点共有してない」

  • プレストレスなし節点共有①
    x(m)節点番号変位(m)
    01169645.93407E-03
    0.0451174775.95141E-03
    0.0091179905.96901E-03
    0.0691185036.31224E-03
    0.1291190166.67306E-03
    0.1891195297.0309E-03
    0.2491200427.34224E-03
    0.3091205557.58186E-03
    0.3691210687.73169E-03
    0.4291215817.78281E-03
    0.4891220947.73169E-03
    0.5491226077.58186E-03
    0.6091231207.34224E-03
    0.6691236337.0309E-03
    0.7291241466.67306E-03
    0.7891246596.31224E-03
    0.8491251725.96901E-03
    0.85351256855.95141E-03
    0.8581261985.93407E-03
  • プレストレスあり節点共有してない①
    x(m)節点番号変位(m)
    01641599.01039E-03
    0.0451641609.03284E-03
    0.0091646739.05549E-03
    0.0691195291.07642E-02
    0.1291200421.13028E-02
    0.1891210681.1745E-02
    0.2491215811.22373E-02
    0.3091226071.256E-02
    0.3691231201.28524E-02
    0.4291241461.28588E-02
    0.4891246591.28731E-02
    0.5491256851.25604E-02
    0.6091261981.22904E-02
    0.6691272241.17454E-02
    0.7291277371.12767E-02
    0.7891287631.07646E-02
    0.8491292761.02198E-02
    0.85351656999.03307E-03
    0.8581662129.01063E-03
  • 「プレストレスなし節点共有」と「プレストレスあり節点共有してない」の比較①
    • 縦軸:たわみ(m),横軸:幅方向(m)
    • 緑線:プレストレスなし節点共有,赤線:プレストレスあり節点共有してない http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/habaprest1.png

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512heikouidou1.png



プレストレスありで固定・・・節点共有と節点共有してないの比較

  • プレストレスあり節点共有①
    x(m)節点番号変位(m)
    01169645.92751E-03
    0.0451174775.94587E-03
    0.0091179905.96451E-03
    0.0691185036.3513E-03
    0.1291190166.70705E-03
    0.1891195297.07537E-03
    0.2491200427.38643E-03
    0.3091205557.63089E-03
    0.3691210687.78104E-03
    0.4291215817.8337E-03
    0.4891220947.78104E-03
    0.5491226077.63089E-03
    0.6091231207.38643E-03
    0.6691236337.07537E-03
    0.7291241466.70705E-03
    0.7891246596.3513E-03
    0.8491251725.96451E-03
    0.85351256855.94587E-03
    0.8581261985.92751E-03
  • プレストレスあり節点共有してない①
    x(m)節点番号変位(m)
    01641599.01039E-03
    0.0451641609.03284E-03
    0.0091646739.05549E-03
    0.0691195291.07642E-02
    0.1291200421.13028E-02
    0.1891210681.1745E-02
    0.2491215811.22373E-02
    0.3091226071.256E-02
    0.3691231201.28524E-02
    0.4291241461.28588E-02
    0.4891246591.28731E-02
    0.5491256851.25604E-02
    0.6091261981.22904E-02
    0.6691272241.17454E-02
    0.7291277371.12767E-02
    0.7891287631.07646E-02
    0.8491292761.02198E-02
    0.85351656999.03307E-03
    0.8581662129.01063E-03
  • プレストレスありで固定、節点共有と節点共有してないの比較①
    • 縦軸:たわみ(m),横軸:幅方向(m)
    • 緑線:節点共有,赤線:節点共有してない http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/haba-prest-inpprest1.png

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512heikouidou2.png



節点共有で固定・・・プレストレスなしとありの比較

  • プレストレスなし節点共有①
    x(m)節点番号変位(m)
    01169645.93407E-03
    0.0451174775.95141E-03
    0.0091179905.96901E-03
    0.0691185036.31224E-03
    0.1291190166.67306E-03
    0.1891195297.0309E-03
    0.2491200427.34224E-03
    0.3091205557.58186E-03
    0.3691210687.73169E-03
    0.4291215817.78281E-03
    0.4891220947.73169E-03
    0.5491226077.58186E-03
    0.6091231207.34224E-03
    0.6691236337.0309E-03
    0.7291241466.67306E-03
    0.7891246596.31224E-03
    0.8491251725.96901E-03
    0.85351256855.95141E-03
    0.8581261985.93407E-03
  • プレストレスあり節点共有①
    x(m)節点番号変位(m)
    01169645.92751E-03
    0.0451174775.94587E-03
    0.0091179905.96451E-03
    0.0691185036.3513E-03
    0.1291190166.70705E-03
    0.1891195297.07537E-03
    0.2491200427.38643E-03
    0.3091205557.63089E-03
    0.3691210687.78104E-03
    0.4291215817.8337E-03
    0.4891220947.78104E-03
    0.5491226077.63089E-03
    0.6091231207.38643E-03
    0.6691236337.07537E-03
    0.7291241466.70705E-03
    0.7891246596.3513E-03
    0.8491251725.96451E-03
    0.85351256855.94587E-03
    0.8581261985.92751E-03
  • 節点共有で固定・・・プレストレスなしとありの比較①
    • 縦軸:たわみ(m),横軸:幅方向(m)
    • 赤線:プレストレスなし,緑線:プレストレスあり http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/habainp-habainpprest-hikaku.png

プレストレスあり節点共有してないで固定・・・摩擦係数の変化で比較

  • 摩擦係数0.4~0.6の比較 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512prestmasatsu.png
  • 「摩擦係数0.4」と「鋼板と外側の木材0.6、それ以外0.4」の比較 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512prestkouhansotogawakif0.6.png

プレストレスあり節点共有してない摩擦0.4で固定・・・荷重の載荷位置で比較

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512prestf0.4saikabetu.png


実験値との比較

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512jikken.png


軸方向載荷位置からの距離

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512saikakyori.png


http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512saikakyori2.png


載荷断面のずれ

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/danmenzure1.png


http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/danmenzure3.png


剛性率で荷重を分配

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512kajyubunnpai.png

mentatオンサイト片持ち(荷重変更前)

基本モデル

  • nz=512
  • たわみは図の丸の中の節点に着目 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/modelzu.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/modelzu2.png
  • プレストレス値の決め方→本来、プレストレスの作用点は片持ち梁の場合、yz面から見れば上部に5箇所、下部に5箇所、裏にも同じようにあるので全部で20箇所ある。yz面から見た上部だけ考えると1箇所にかかるプレストレスは70kN=0.07MNで、これが5箇所あるので合計すると0.35MN。1要素にかかる力を1要素の面積で割ってあげると0.972MN/m2という値が得られる。

鋼板と木材7つで「プレストレスあり節点共有してないモデル」

  • プレストレス(面荷重として1要素に作用させる)=0.972MN/m2
  • 摩擦係数0.4
    nzたわみ(m)
    22.72708E-03
    45.51223E-03
    87.56682E-03
    168.63039E-03
    328.94803E-03
    648.97923E-03
    1288.99812E-03
    2569.008E-03
    5129.01039E-03
    ティモシェンコ理論値6.5039E-03

摩擦係数変化

  • プレストレス(面荷重として1要素に作用させる)=0.972MN/m2
  • nz=512と固定
    摩擦係数たわみ(m)
    0.11.38173E-02
    0.21.25279E-02
    0.31.05951E-02
    0.49.1039E-03
    0.58.351E-03
    0.68.29841E-03
    0.78.28136E-03
    0.88.2726E-03
    0.98.26692E-03
    1.08.26351E-03
    ティモシェンコ理論値6.5039E-03

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512-masatsu-tawami.png

プレストレス増加

  • プレストレス(面荷重として1要素に作用させる)=0.972MN/m2からスタート
  • nz=512と固定
    プレストレスたわみ(m)
    0.9729.01039E-03
    1.9448.28327E-03
    2.9168.2756E-03
    3.8888.27361E-03
    4.8608.27333E-03
    5.8328.27228E-03
    6.8048.27153E-03
    7.7768.26901E-03
    8.7488.26702E-03
    9.728.26932E-03
    ティモシェンコ理論値6.5039E-03

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/z512-prest-tawami.png

y軸の木材と鋼材のずれ

  • プレストレス(面荷重として1要素に作用させる)=0.972MN/m2
  • 摩擦係数0.4
  • 木材のたわみ-鋼材のたわみ=y軸のずれ
    nz木材のたわみ鋼材のたわみy軸のずれ
    87.82207E-037.62147E-032.006E-04
    169.53532E-038.67183E-038.6349E-04
    321.01726E-028.99021E-031.18239E-03
    641.01163E-029.02652E-031.08978E-03
    1281.01633E-029.4423E-031.11907E-03
    2561.02131E-029.05331E-031.15979E-03
    5121.02193E-029.05549E-031.16381E-03
  • nz=2,4にずれは生じなかった

calculixとmentatの比較

オンサイト片持ちモデルnz

calculixmentat
nzたわみ(m)相対誤差(%)nzたわみ(m)相対誤差(%)
21.9384E-03-70.19621.96586E-03-69.774
43.8697E-03-40.50243.92026E-03-39.724
85.1826E-03-20.31685.23379E-03-19.528
165.6916E-03-12.489165.72900E-03-11.914
325.8493E-03-10.065325.87586E-03-9.6564
645.8966E-03-9.3375645.91727E-03-9.0197
1285.9114E-03-9.10991285.92927E-03-8.8352
2565.9163E-03-9.03462565.63293E-03-8.7789
5125.9180E-03-9.00845125.93407E-03-8.7614
理論値6.5039E-03

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/ccxmentatonsitekataz.png

応急橋片持ちモデルnz

calculixmentat
nzたわみ(m)相対誤差(%)nzたわみ(m)相対誤差(%)
23.5446E-03-41.99223.53074E-03-41.218
44.7644E-03-22.02944.74686E-03-22.316
85.2480E-03-14.11585.23509E-03-14.326
165.4036E-03-11.569165.39752E-03-11.668
325.4524E-03-10.770325.45215E-03-10.774
645.4686E-03-10.505645.47177E-03-10.453
1285.4742E-03-10.4131285.47965E-03-10.324
2565.4758E-03-10.3872565.48277E-03-10.273
5125.4736E-03-10.3795125.48378E-03-10.256
理論値6.1105E-03

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/ccxmentatoukyukataz.png

メモ

  • インポート後、mentat解析時にjob Resultでstressとtotal strain?にチェックをいれてはしらせた。(13/6/28)
  • mentatはEは読み込めるけど、dは読み込めないのでinpファイルなどに注意。(13/6/28)

ccx箱型断面片持ち

鋼材のみでオンサイト同寸法断面h2

  • b1=0.84m,b2=0.009m
  • h1=0.12m,h2=0.24mから0.04m刻みで1.00mまで増加させた
  • オンサイトのh2初期値=0.5m
  • 厚さはオンサイトと同じ寸法
    h2(m)相対誤差(%)
    2.80000E-01-2.91321E+01
    3.20000E-01-2.70221E+01
    3.60000E-01-2.53371E+01
    4.00000E-01-2.38924E+01
    4.40000E-01-2.26134E+01
    4.80000E-01-2.14579E+01
    5.20000E-01-2.03999E+01
    5.60000E-01-1.94169E+01
    6.00000E-01-1.84997E+01
    6.40000E-01-1.76312E+01
    6.80000E-01-1.68089E+01
    7.20000E-01-1.60234E+01
    7.60000E-01-1.52692E+01
    8.00000E-01-1.45412E+01
    8.40000E-01-1.38387E+01
    8.80000E-01-1.31560E+01
    9.20000E-01-1.24906E+01
    9.60000E-01-1.18417E+01
    1.00000E+00-1.12070E+01
    • 相対誤差と高さh2の関係 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahukouzaionsitekatagosa.png
      • 縦軸:相対誤差,横軸:h2(m)

鋼材と木材で箱型断面h2

  • b1=0.84m,b2=0.009m
  • h1=0.009m,h2=0.18mから0.05m刻みで1.018mまで増加させた
  • オンサイトのh2初期値=0.5m
  • 厚さは全て同じ
    h2(m)相対誤差(%)
    6.80000E-02-9.16908E+01
    1.18000E-01-8.69721E+01
    1.68000E-01-8.20985E+01
    2.18000E-01-7.72230E+01
    2.68000E-01-7.24022E+01
    3.18000E-01-6.76740E+01
    3.68000E-01-6.30595E+01
    4.18000E-01-5.85704E+01
    4.68000E-01-5.42178E+01
    5.18000E-01-5.00031E+01
    5.68000E-01-4.59331E+01
    6.18000E-01-4.20035E+01
    6.68000E-01-3.82223E+01
    7.18000E-01-3.45813E+01
    7.68000E-01-3.10793E+01
    8.18000E-01-2.77155E+01
    8.68000E-01-2.44874E+01
    9.18000E-01-2.13888E+01
    9.68000E-01-1.84182E+01
    1.01800E+00-1.55690E+01
  • 相対誤差と高さh2の関係 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuhakoonsitekatagosa.png
    • 縦軸:相対誤差,横軸:h2(m)

鋼材箱型断面h2

  • b1=0.84m,b2=0.009m
  • h1=0.009m,h2=0.18mから0.05m刻みで増加させた
  • オンサイトのh2初期値=0.5m
    h2(m)相対誤差(%)
    6.80000E-02-5.45343E+00
    1.18000E-01-3.88840E+00
    1.68000E-01-3.48379E+00
    2.18000E-01-3.25848E+00
    2.68000E-01-3.06076E+00
    3.18000E-01-2.86775E+00
    3.68000E-01-2.66288E+00
    4.18000E-01-2.44449E+00
    4.68000E-01-2.20650E+00
    5.18000E-01-1.95315E+00
    5.68000E-01-1.67852E+00
    6.18000E-01-1.38560E+00
    6.68000E-01-1.06950E+00
    7.18000E-01-7.40961E-01
    7.68000E-01-3.85094E-01
    8.18000E-01-1.02293E-02
    8.68000E-013.84346E-01
    9.18000E-017.99488E-01
  • 相対誤差と高さh2の関係 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuhakokatahgosa.png
    • 縦軸:相対誤差,横軸:h2(m)

ccx

鋼材箱型断面h2

  • cowperb=0.849(m)
  • 厚さ=9.0E-03(m)
    • ティモシェンコ理論値とfortran calculixの比較
      • 赤線:ティモシェンコ,緑線:fortran calculix http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuhakokatahtawami.png
      • 縦軸:たわみ(m),横軸:h2(m)
    • 相対誤差とたわみ http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuhakokatahgosa.png
      • 縦軸:相対誤差,横軸:h2(m)
h2(m)相対誤差(%)
6.80000E-02-5.45343E+00
1.18000E-01-3.88840E+00
1.68000E-01-3.48379E+00
2.18000E-01-3.25848E+00
2.68000E-01-3.06076E+00
3.18000E-01-2.86775E+00
3.68000E-01-2.66288E+00
4.18000E-01-2.44449E+00
4.68000E-01-2.20650E+00
5.18000E-01-1.95315E+00
5.68000E-01-1.67852E+00
6.18000E-01-1.38560E+00
6.68000E-01-1.06950E+00
7.18000E-01-7.40961E-01
7.68000E-01-3.85094E-01
8.18000E-01-1.02293E-02
8.68000E-013.84346E-01
9.18000E-017.99488E-01

応急橋の片持ちモデルh2

  • nz=512で固定、桁高=0.3~0.9mmまで
    h2(m)たわみ(m)
    0.31.2162E-02
    0.46.7682E-03
    0.54.5888E-03
    0.63.4692E-03
    0.72.8055E-03
    0.82.3735E-03
    0.92.0733E-03

オンサイトの片持ちモデルh2

  • nz=512で固定、桁高=0.3~0.9mまで
    h2(m)たわみ(m)
    0.32.4269E-02
    0.41.0855E-02
    0.55.9180E-03
    0.63.6444E-03
    0.72.4355E-03
    0.81.7259E-03
    0.91.2785E-03

応急橋片持ちモデルnz

nzたわみ(m)相対誤差(%)
23.5446E-03-41.992
44.7644E-03-22.029
85.2480E-03-14.115
165.4036E-03-11.569
325.4524E-03-10.770
645.4686E-03-10.505
1285.4742E-03-10.413
2565.4758E-03-10.387
5125.4736E-03-10.379
理論値6.1105E-03

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuoukyukataz.png

  • 相対誤差と分割数の関係

オンサイト片持ちモデルnz

nzたわみ(m)相対誤差(%)
21.9384E-03-70.196
43.8697E-03-40.502
85.1826E-03-20.316
165.6916E-03-12.489
325.8493E-03-10.065
645.8966E-03-9.3375
1285.9114E-03-9.1099
2565.9163E-03-9.0346
5125.9180E-03-9.0084
理論値6.5039E-03

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuonsitekataz.png

  • 相対誤差と分割数の関係

salome練習

  • 梁断面は横長,正方形,縦長
  • スパンell=200×1000
  • 荷重P=10N
  • ヤング率E=3GPa,ポアソン比ν=0.3

①b=30×1000,h=5×1000(横長)

  • 理論値=2.8458E-02m
    length要素数たわみ(m)相対誤差(%)
    200003981.5654E-03-96.488
    150005143.5413E-03-87.531
    1000012566.5277E-03-77.015
    500053041.0370E-02-63.486
    2500217671.7528E-02-38.282
    12001738112.5647E-02-9.6937
    10001760112.5657E-02-9.6585
    8001848622.5674E-02-9.5986

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahuyokonaga.png

  • 相対誤差と要素数の関係

②b=20×1000,h=20×1000(正方形)

  • 理論値=6.7187E-04m
    length要素数たわみ(m)相対誤差(%)
    200003733.5819E-04-46.688
    150005844.0795E-04-39.281
    1000017615.1320E-04-23.616
    500081285.9328E-04-11.697
    2500412346.2908E-04-6.3688
    12001907586.5535E-04-2.4588
    10003436616.6252E-04-1.3916
    8003899346.6245E-04-1.4021

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahusei.png

  • 相対誤差と要素数の関係

③b=5×1000,h=30×1000(縦長)

  • 理論値=8.0487E-04m
    length要素数たわみ(m)相対誤差(%)
    200003805.1029E-04-36.600
    150004825.8365E-04-27.485
    1000012267.2589E-04-9.8128
    500052297.7913E-04-3.1980
    2500215107.9245E-04-1.5431
    12001490647.9837E-04-0.8758
    10001508757.9834E-04-0.81131
    8001570307.9845E-040.79764

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/gurahutatenaga.png

  • 相対誤差と要素数の関係

メモ

  • モデルにかかわらずlenghを小さくしていくたびに理論値に近づいていく傾向があるが、断面が正方形と縦長の場合、lengthとたわみの関係のみに着目するとlengh1000のとき前後とのたわみの大小関係?がおかしくなっている。もしかしたらモデルの形、節点数や要素数と関係があるのかも(13/6/15)
  • グラフにしてみるとあまり気にならない?(13/6/17)

ccx練習(アクリル板による片持ち梁のたわみと分割数の関係)

  • 梁断面は横長,正方形,縦長の3種
  • スパンell=200mm
  • 荷重P=10N
  • ヤング率E=3GPa,ポアソン比ν=0.3
  • nx=10,ny=20で固定,nzを10~500まで

①b=30mm,h=5mm(横長)

  • 理論値=28.458mm(せん断たわみも考慮) http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/katazgurahu.png

②b=20mm,h=20mm(正方形)

  • 理論値=0.67187mm(せん断たわみも考慮) http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/kataseizgurahu.png
  • 縦軸:たわみ(mm),横軸:nz

③b=5mm,h=30mm(縦長)

  • 理論値=0.80487mm(せん断たわみも考慮) http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/uemura/katatezgurahu.png
  • 縦軸:たわみ(mm),横軸:nz
  • (13/6/5)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 11:53:31