卒論日誌

3年次

日付時間帯作業時間内容立会
10/1216:00-17:001hガイダンス後藤さん
10/2412:00-14:002h課題遠藤さん
10/2614:30-16:001.5hゼミ後藤さん
10/3113:00-16:003h課題遠藤さん
11/0712:00-18:006h課題
11/1315:30-18:002h30課題
11/2816:00-20:304h30課題
12/0714:30-16:001.5hゼミ海老さん
12/0716:00-20:004h課題海老さん
12/1414:30-16:001h30ゼミ海老さん
1/1114:30-16:001h30ゼミ
1/2514:30-16:001h30ゼミ

4年次

6/214:30-16:001h30ゼミ後藤さん
6/1014:30-16:001h30ゼミ後藤さん
6/1615:00-19:004h30卒業課題
6/1614:30-16:001h30ゼミ後藤さん
6/2414:30-16:001h30ゼミ後藤さん
7/312:00-15:304h30ゼミ課題
7/414:00-15:302h30ゼミ課題
7/1710:30-12:312h00ゼミ課題
7/1814:00-17:013h00ゼミ課題
7/2116:00-18:012h00ゼミ課題
7/2910:00-14:014h00ゼミ課題
8/2613:00-17:014h00ゼミ課題
9/0215:00-16:311h30ゼミ課題
9/0515:30-20:315hゼミ課題
9/0615:00-21:016hゼミ課題
9/0814:00-21:317h30ゼミ課題
9/1018:00-20:012hゼミ課題
9/1113:00-20:017hゼミ課題
9/2912:00-19:017h中間発表準備
9/3014:00-22:018h中間発表準備
10/112:00-22:0110h中間発表準備
10/212:00-22:0110h中間発表準備
10/813:00-16:013h研究課題
10/1013:00-18:015h研究課題
10/1112:00-16:014h研究課題
10/1613:00-17:014h研究課題
10/1812:00-14:012h研究課題
10/2313:00-18:015h研究課題
10/2413:00-16:013h研究課題
10/2513:00-14:311h30ゼミ
10/2913:00-16:013h研究課題
10/3013:00-21:018h研究課題
10/3113:30-15:312h研究課題
11/113:00-14:311h30研究課題
11/514:00-16:012h研究課題
11/613:00-17:314h30研究課題
11/713:00-16:013h研究課題
11/811:00-13:01 13:00-14:303h30研究課題 ゼミ
11/1113:00-16:013h研究課題
11/1213:00-16:013h研究課題
11/1313:00-20:317h研究課題
11/1414:00-16:012h研究課題
11/1516:00-17:311h30研究課題
11/2013:00-17:314h30研究課題
11/2210:00-13:01 14:30-16:305h研究課題
11/2612:00-15:013h研究課題
11/2714:30-18:013h30研究課題
11/2912:00-13:01 14:30-16:303h研究課題
12/0314:00-16:012h研究課題
12/0415:30-18:313h研究課題
12/05現在までの作業時間191h残:210h
12/0512:30-16:013h30研究課題
12/0614:30-16:011h30研究課題
12/0914:30-19:315h研究課題
12/1113:00-16:013h研究課題
12/1310:00-13:01 15:30-18:005h30研究課題
12/1614:00-20:316h30研究課題
12/1712:30-16:013h30研究課題
12/1810:30-18:318h研究課題
12/1914:30-22:318h研究課題
12/2013:00-14:31 16:00-22:308h研究課題
12/2112:30-12:312h研究課題
12/2212:00-22:0110h研究課題
12/2414:30-16:011h30研究課題
12/2514:00-15:011h研究課題
2020/1/614:00-17:002h研究課題
1/714:30-16:002.5h研究課題
1/913:00-17:005h研究課題
1/1014:00-17:313h30研究課題
1/1313:00-16:013h研究課題
1/1416:00-17:011h研究課題
1/1512:00-17:015h研究課題
1/1614:00-17:013h研究課題
1/1711:30-16:315h研究課題
1/3112:00-19:017h研究課題
2/214:00-19:306h30研究課題
2/313:00-24:0012h発表のスライドを作製
2/413:30-20:007h30発表のスライドを作製
2/513:00-16:004h発表のスライドを作製
2/613:00-21:009h発表のスライドを作製
2/713:30-21:008h30発表のスライドを作製
2/913:00-22:0010h発表のスライドを作製
2/109:00-17:009h発表のスライドを作製
2/1113:00-22:019h発表のスライドを作製
2/1214:00-23:019h発表のスライドを作製
2/139:00-23:0015h発表のスライドを作製
2/1410:00-19:019h発表の練習
2/1513:00-21:018h発表の練習
2/1613:00-23:0110h発表の練習
2/1711:00-23:0112h発表の練習
2/18発表の練習
合計

10/24課題

メッシュサイズ変位相対誤差
16.443033.35%
25.7382513.93%
44.9428025.9%
84.0411739.4%
変位6.6667

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ai/syuusoku.png

10/31課題

メッシュサイズ要素数変位相対誤差
0.53941216.57291.3%
1722786.443033.35%
1.5234176.12098.19%
2118175.7382513.93%
368315.7033614.45%
428624.9428025.9%
526034.8236027.65%
626194.8187527.72%
714394.3910134.35%
88974.0411739.4%
変位6.6667

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ai/syuusoku1.png

11/7課題

メッシュサイズ要素数変位相対誤差
0.5637800.42271.45%
1590950.41011.58%
1.5464380.40622.51%
2112170.370711.04%
3101070.365412.31%
448220.343216.64%
522370.302227.5%
621890.270934.9%
722140.236843.2%
822200.27833.3%

長さ100mmのとき

メッシュサイズ要素数変位相対誤差
1627890.41580.22%

変位0.41667

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ai/tanjun.png 長さ120mmより長さ100mm の方は相対誤差が小さいので、長さ100mm のときのほうが手計算と近いです。

11/14課題

メッシュサイズ要素数変位相対誤差
0.53230850.42993.2%
0.72562930.42832.8%
1622000.41800.3%
1.3570890.41580.2%
1.5502050.41141.3%
2204710.41211.1%
3111090.41420.6%
4138430.361613.2%
573470.328321.2%
6106610.314324.6%

長さ100mmのとき

長さメッシュサイズ要素数変位相対誤差
100mm1622000.41800.3%
120mm1695810.42241.4%

長さ120mmより長さ100mm の方は相対誤差が小さいので、長さ100mm のときのほうが手計算と近いです。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ai/20191112.png

11/28課題

メッシュサイズ要素数変位相対誤差
0.53206490.52116.0%
0.72568840.51765.3%
1.0613290.50592.9%
1.3548240.50362.4%
1.5513300.51.7%
2.0155990.48162.1%
3.021020.42493.4%
4.021400.46365.7%
5.010030.442010.1%
6.016740.436011.3%

手計算: 0.4917

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ai/2019111.png

2019/6卒論テーマ

、卒論テーマは折りたたみを決めました。 とりあえず、L型に似ているものを作っていて(回転)そして荷重を与えるじゃなくて、変位を与えてやってみる。結果が出るかどうか検討する。

7/3 STAT-NON-LINE

STAR-NON-LINE を調べてやってみましたが計算はまだ出来ません。

7/29夏休み期間中にやるべきな事

STAT-NON-LINE で単純ばり[1mm*1mm*1000mm]を解いて、結果は elastica楕円と批判してちゃんと曲がっている曲線になたらOK。

そのやり方を利用して不安定で回転刷るものをやります。 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/anh.gif

コマンド

画像を重ねあわせる

  • 3枚の画像(0001.png・0025.png・0050.png)を重ねあわせて1枚の画像(gousei.png)を生成する。
    • ( convert 0001.png 0025.png 0050.png -evaluate-sequence min gousei.png
    • )

10/25ゼミ

非線形で FORT-NODA のところは y方向だけか?を確認する。 荷重はどうになっているかどうかを調べたい。 その後に線形も荷重を出して、非線形との値をグラフで書く。

10/29

10-10-1000mm のモデルを線形で解析した結果。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/senkei.png

10-10-1000mm のモデルを非線形で解析した結果。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/hisenkei.png

10/31

  • メモ ParaViS の中に載荷面、載荷線などの荷重だけを見たい時に フィルター => Alphabetical(一番下に)=> Extract Group(グルプを抽出)=> Group And Families の中に saika をクリックする。

11/1ゼミ

  • 荷重で計算した結果を線形と非線形の同じ荷重のところでグラフを書き直し。
  • 教科書のグラフの中の値と比較。

11/6線形と非線形が同じ荷重(60N)の画像を貼り直し。

  • 線形 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/senkei1.png
  • 非線形 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/hisenkei1.png

11/14 ELASTICA の問題

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/elastica.png

  • 図のように荷重が小さいの時に(20N以下-グラフは0-2の間)非線形と線形の関係が精密に理論のグラフに似ていますが、荷重が大きくすると非線形のグラフがおかしくなります。これの原因はこれから調べます。解析が間違いかなと思いいます。

11/15ゼミ

非線形の荷重を大きくするとグラフがおかしくなるのが大丈夫です。 今後にその非線形の解析を使って2部材のモデルを計算して。まず、荷重をかけて計算してみる。

11/22 理論値と計算値の比較グラフ

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/hikaku.png

  • グラフの通りに計算値は理論値と近いで、この解析方法は大丈夫です。

ゼミ

  • まず、重さを与えて計算してみる。Gravite..を調べてみる。
  • もし重さで計算できなかったら、等分布荷重を与えながら変位で計算してみる。

11/29 ゼミ

モデルをやり直しして、計算してみる。

12/06 ゼミ

  • 平川先生が作った折り畳み式木製トラス橋のモデルを一部 (2連結)作って、アルミ板と蝶番の隙間は取り敢えず4mm, 蝶番の寸法は126mm、ヤング率は先生に聞く。
  • 変位と自重を与えて計算し、展開時に主応力により危険なところを調べる。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/paneru2uedakep1.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/paneru2uedakep1a.png

2020/1/10 ゼミ

蝶番{\( 126\times{1}\times{1}mm \)} で2バネルを繋がっている結果。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/kansei.png

2020/2/06 2部材のアニメーション

  • http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/2buzai_set.gif
  • http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/2buzaiset.png ==>2部材にも梁が曲がっている.

アニメーションの作り方

salomeのParavisの中でファイルの左クリックして→アニメーションを保存→コンパイル: convert anime.*.png anime.gif (anime.gifファイルをanime.*.pngから作る.*は順番のため)

孔のない2パネルをヒンジで連結された

  • 孔がある2パネルと変わらない,パネルが曲がっている解析結果. http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/khonglo.png

2/12やり直し

荷重を与えて解析が出来ませんでしたが,変位を与えて解析がうまく行きました.

  • 自重なし http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/0211lamlaigravity.png
  • 自重あり http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2019/ai/0211lamlaigravity01.png

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-31 (火) 14:50:18