近況

2014年現在

&link(FKCS108BB:Majestouch 交換用キーキャップセット 日本語108キー・無刻印,http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=1835)をMajestouchキーボードに付け替えできるか。

2013年現在

2013年10月現在で日本語キーボードを無刻印化する現実的な方法は、 Majestouch 2日本語キーボード( &link(FILCO FKBN108M/JB2,http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=754) ) とMajestouch専用無刻印キートップ 104英語 (&link(FILCO FKB104/97NP,http://www.diatec.co.jp/shop/det.php?prod_c=1313)) の組み合わせではないかと思われる。 Shiftキーなど、いくつか取り替えられないキーもあるものの。 ラテン文字キーと数字キーが取り替えられれば、目的は達成。

経緯

2013年現在、無刻印の日本語配列キーボードは、ほとんど入手不可能な状態である。PFUの無刻印英語キーボードを日本語キーボードとして認識させることもできなくはないかもしれないが、Insert, Delete, Bsなどが独立してないと使いにくいと思う。PFUの日本語配列キーボードで、PFUの英語配列キーボード用の無刻印キートップに付け替えられるものはないと思う。

無刻印キーボードや無刻印キートップが時々、出てくる可能性があるのは、前回、無刻印化した際に導入した、EZ DigiXが採用していたCherry MX (茶軸)を使ったキーボードである。

Cherry MXを使ったものには、例えば、 &link(東プレのRealforce91UBK無刻印,http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=620)等があるが、これは既に製造中止で入手困難。

一方、&link(Majestouch専用無刻印キートップ 104英語,http://www.diatec.co.jp/shop/det.php?prod_c=1313)は、Cherry MX (茶軸)を使っているのではないかと思われる(要調査)Majestouchキーボード用の無刻印キートップである。まだ入手可能かも。

ということは、東プレとかのCherry MX (茶軸)を使っている日本語キーボード (&link(Majestouchの日本語,http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=754)があるならそれにこしたことはないが) と、MajestouchとかのCherry MX (茶軸)を使っている英語キーボード用無刻印キートップを組み合わせれば、無刻印の日本語キーボードが作れるのではないか。

日本語配列にこだわる理由

viを使うときに、:が打ちやすくないと困る(英語キーボードだとSHFTを押しながらになる)。 ただし、日本語キーのノートパソコン等で、右シフトが小さいものは、同様にシフトを多用するviでは非常に使いにくいので、ノートパソコンは、右シフトが大きいHP製とか、本社がアメリカとか台湾製の日本仕様製品がいい。日本製で右シフトが大きいいノートは少ない。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 12:38:01