構造研 | 後藤資料 | 野田資料 |

山内の卒論日誌 - *目標

目次

目標

再発表までの目標

2/5時点での目標

高/周48121620
4×
8
12
16
20

1/15時点での目標

↑4〜6の間にしきい値がある? ↑単純に高さ方向パターン4の時は折りたたまっていない?

高/周48121620
4
8
12
16
20

1/8時点での目標

高/周48121620
4
8
12
16
20

高/周48121620
4
8
12
16
20

12/22時点での目標

【目的】
回転らせん折りを有効利用したい(タンク、容器、型枠など)
【課題】
より折り畳みやすい構造の方がいい
【研究内容】
三角形パターンによって変わる?→パターンを変えて解析
【解析モデル1】
周方向パターン、高さ方向パターンを変えた回転らせん折り円筒
※座標調べるのに時間かかる(目安:1日に2つできるかできないか位)
【解析モデル2】
折り目部分に柔らかい部材を挟む
【解析手法1】
下端全固定、上端に圧縮(現時点)
【解析手法2】
折り目部分のヤング率は十分小さい値を取る→剛性を負担しない状態に近づける
【解析手法3】
変位前の折り目を除く三角形部分の頂点の座標から中間点を求める
※頂点が集まる箇所ごとに求める ※同じ高さにある中間点についてはほぼ同じ値が出る→各高さについて代表的な1つについて求める
【解析手法4】
変位後の折り目を除く三角形部分の頂点と中間点との距離を求める
※中間点と周辺の頂点の距離を求め、平均を取る ※同じ高さにある中間点距離についてはほぼ同じ値が出る→各高さについて代表的な1つについて求める
【解析手法5】
半径で割って無次元化する→折り畳みやすさの指標として用いる
【解析結果】
パターン数によって指標の変化
【まとめ】
結果からの考察(高さパターン多い方が折りたたみやすい?)、今後の課題(補剛方法どうする?素材をどうする?折り目部分の加工の仕方は?何に使うか?)

12/18時点での目標

12/11時点での目標

12/04時点での目標

中間点との距離の平均(mm)
10.44
10.44
10.43
10.43
10.43
10.44
平均10.43

11/27時点での目標

11/20時点での目標

元の座標xyz
-86.628197-43.3187793.671178
-86.884771-42.11360196.116713
-86.884774-47.887108103.883295
-80.828919-53.362896106.328986
-79.913377-54.187919103.883202
-84.913384-51.30117296.116802

11/13時点での目標

11/6時点での目標

Exception utilisateur levee mais pas interceptee.
Les bases sont fermees.
Type de l'exception : error  
vous avez utilise le mot cle orie_peau_2d alors que le probleme est 3d. 
utilisez orie_peau_3d          

10/30時点での目標

10/23時点での目標

←指定した面は指定した方向には一様に変化する

10/16時点での目標

10/9時点での目標

10/2時点での目標

Mesh要素数折り目のヤング率(MPa)折り目以外のヤング率(MPa)荷重(N)
1024333600060001050

Mesh要素数折り目のヤング率(MPa)折り目以外のヤング率(MPa)荷重(N)
10243330.860001050

9/29時点での目標

8/3時点での目標

7/13時点での目標

Mesh要素数ヤング率(MPa)荷重(N)手計算(mm)Aster(mm)Aster/手計算
153098110040000390040.9751
153098120080000780090.9751
153098110004000003900430.9751
153098210020000195020.9751
153098220040000390040.9751
153098210002000001950210.9751

7/6時点での目標

両脇のヤング率(MPa)間のヤング率(MPa)Mesh要素数手計算(mm)Aster(mm)相対誤差(%)
20500020500012134360.355600.339964.6
2050002050000.88594800.355600.341953.9
20500010000012134360.386850.369784.6
205000600012134361.34251.23248.9
205000100012134365.80456.425810.3
205000101213436610.33548.9511.2
205000112134366100.35486.711.2
2050000.11213436610005486511.2

6/29時点での目標

6/22時点での目標

6/15時点での目標

6/8時点での目標

6/1時点での目標

5/25時点での目標

meshたわみ(mm)相対誤差(%)
理論値0.667
1回目10.6522.2
2回目0.50.6640.4

5/18時点での目標

当面の目標

後々の目標

卒論日誌

日付時間帯作業時間(hr)内容立会
4/9(Thu)17:00〜18:001タイピング練習
4/10(Fri)15:00〜16:001タイピング練習
4/10(Fri)16:26〜19:313構造力学
4/13(Mon)13:00〜14:001タイピング練習
4/15(Wed)09:20〜09:4020/60タイピング練習
4/15(Wed)13:00〜16:003構造力学
4/16(Thu)15:00〜16:001構造力学
4/16(Thu)17:20〜17:3010/60タイピング練習
4/20(Mon)13:20〜14:301構造力学
4/20(Mon)16:30〜17:000.5Fortran課題
4/24(Fri)13:00〜16:003構造力学
4/27(Mon)17:00〜19:002Fortran課題
4月合計17総計17
5/1(Fri)11:00〜12:001英文訳
5/1(Fri)19:00〜22:003英文訳
5/8(Fri)10:00〜11:001英文訳
5/8(Fri)16:30〜17:301英文訳
5/8(Fri)21:00〜22:001Salome練習
5/18(Mon)16:30〜17:301Salome練習
5/20(Wed)11:30〜12:000.5文献探し
5/20(Wed)14:20〜14:500.5文献探し
5/22(Fri)19:30〜20:301構造力学
5/22(Fri)21:00〜22:001構造力学
5/25(Mon)16:00〜18:302.5Aster課題
5/25(Mon)20:30〜22:001.5Aster練習
5/26(Tue)15:30〜17:302構造力学
5/28(Thu)16:30〜17:301Aster課題
5/29(Fri)14:00〜15:001構造力学
5/29(Fri)16:00〜17:001構造力学
5月合計20総計37
6/3(Wed)13:00〜15:002Salome練習
6/4(Thu)10:30〜11:301英文訳
6/9(Tue)11:00〜11:300.5折り紙
6/10(Wed)13:30〜16:002.5Salome課題
6/11(Thu)10:30〜11:000.5英文訳
6/16(Tue)14:30〜17:303Salome課題
6/16(Tue)19:30〜22:002.5構造力学
6/17(Wed)14:30〜18:003.5構造力学
6/17(Wed)19:30〜21:002.5構造力学
6/18(Thu)14:00〜15:001構造力学
6/18(Thu)16:00〜18:002構造力学
6/22(Mon)11:00〜12:001Aster練習
6/22(Mon)17:00〜18:001Salome練習
6/30(Tue)15:00〜19:0042材料が解けるかどうか
6月合計27総計64
7/2(Thu)10:30〜11:000.5英文訳
7/2(Thu)14:30〜16:001.5英文訳
7/6(Mon)10:30〜12:001.52材料
7/13(Mon)20:30〜21:301スカラー倍になってるか調べる
7月合計4.5総計68.5
8/3(Mon)18:30〜19:301参考文献を読む
8/17(Mon)13:30〜16:303参考文献を読む
8/24(Mon)14:00〜18:004平行四辺形の角度決めてらせん折りのモデルを作る
8/24(Mon)19:00〜20:001平行四辺形の角度決めてらせん折りのモデルを作る
8/28(Fri)16:00〜20:0044、6角形のらせん折りのモデルを作る
8/29(Sat)14:00〜16:002らせん折りの厚みをどうするか
8月合計15総計83.5
9/1(Tue)18:00〜18:300.5厚さのあるのらせん折りのモデルを作る
9/3(Thu)15:00〜18:003厚さのあるのらせん折りのモデルを作る
9/7(Mon)17:00〜19:002折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/8(Tue)13:00〜15:002折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/8(Tue)17:00〜18:001参考文献を読む
9/11(Fri)11:00〜12:001折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/11(Fri)14:00〜19:005折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/16(Wed)14:00〜19:005rasen6'でinpファイル作ってみる
9/17(Thu)12:00〜14:002rasen6'でinpファイル作ってみる
9/17(Thu)15:00〜18:003折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/18(Fri)14:30〜18:304Tex練習
9/18(Fri)20:30〜22:002.5Tex練習
9/19(Sat)14:30〜18:003.5折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/20(Sun)15:00〜18:003折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/21(Mon)16:00〜19:003折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/22(Tue)15:00〜17:002折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/22(Tue)19:00〜21:302.5折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/23(Wed)15:00〜18:003折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/23(Wed)20:00〜21:001折り目部分のあるらせん折りのモデルを作る
9/24(Thu)09:00〜12:003らせん折りの厚さ問題
9/24(Thu)14:00〜19:305.5らせん折りの厚さ問題、texで概要づくり
9/26(Sat)15:00〜20:005texで概要づくり
9/26(Sat)21:00〜23:002texで概要づくり
9/27(Sun)16:00〜20:004texで概要づくり
9/27(Sun)21:00〜24:003texで概要づくり
9/28(Mon)00:00〜04:004texで概要づくり
9/28(Mon)10:00〜11:001中間発表資料づくり
9/28(Mon)14:30〜18:003.5中間発表資料づくり
9/28(Mon)19:00〜20:001中間発表資料づくり
9/28(Mon)21:30〜24:002.5中間発表資料づくり
9/29(Tue)00:00〜01:301.5中間発表資料づくり
9/29(Tue)13:00〜16:003中間発表
9月合計88総計171.5
10/01(Thu)08:00〜11:003らせん折りモデルの解析
10/01(Thu)13:00〜17:004参考文献を読む
10/01(Thu)17:00〜18:001らせん折りモデルの解析
10/02(Fri)08:00〜10:302.5参考文献調べ
10/05(Mon)16:00〜17:001参考文献調べ
10/05(Mon)21:00〜22:001参考文献調べ
10/06(Tue)15:00〜18:003参考文献調べ
10/07(Wed)15:00〜18:003らせん折りモデルの解析
10/08(Thu)11:00〜12:001らせん折りモデルの解析
10/08(Thu)14:00〜17:003らせん折りモデルの解析
10/09(Fri)16:00〜17:001らせん折りモデルの解析
10/13(Tue)14:00〜16:002Salome練習
10/14(Wed)14:00〜19:005Salome練習
10/15(Thu)13:00〜15:002らせん折りモデルの作り方を載せる
10/15(Thu)16:00〜18:002らせん折りモデルの作り方を載せる
10/16(Fri)14:30〜18:003.5らせん折りモデルの作り方を載せる
10/20(Tue)10:30〜12:001.5eficas練習
10/20(Tue)14:00〜16:002eficas練習
10/20(Tue)17:00〜19:002CAElinux
10/21(Wed)18:30〜19:000.5参考文献調べ
10/22(Thu)13:00〜18:005liaisonで変形を拘束できないか
10/23(Fri)08:00〜11:003liaisonで変形を拘束できないか
10/23(Fri)14:30〜17:303liaisonで変形を拘束できないか
10/26(Mon)13:30〜16:303liaisonで変形を拘束できないか、塑性解析練習
10/26(Mon)18:00〜19:301.5らせん折りモデルの作り方を載せる
10/27(Tue)14:00〜16:002らせん折りモデルの作り方を載せる
10/27(Tue)17:00〜19:002折り目部分を細くできないか
10/28(Wed)15:00〜16:001liaisonで変形を拘束できないか
10/28(Wed)16:00〜16:300.5避難訓練
10/28(Wed)16:30〜20:003.5折り目のゴムを上手く設定できないか、拘束面を変えてみる
10/29(Thu)13:00〜16:003折り目をasterで設定
10/29(Thu)17:00〜18:301.5折り目をasterで設定
10/30(Fri)10:00〜12:001折り目をasterで設定
10/31(Sat)00:00〜02:0023ヒンジアーチの例題探し
10月合計76総計247.5
11/02(Tue)15:00〜18:003Salome練習
11/05(Thu)14:00〜20:006Aster練習
11/06(Fri)13:00〜14:001Salome練習
11/09(Mon)15:00〜18:003ビーム要素試し、3ヒンジアーチ探し、構造力学
11/10(Tue)10:30〜11:000.5Salome練習
11/10(Tue)12:30〜14:302上下の折り目部分がないモデルの解析
11/10(Tue)16:00〜18:002上下の折り目部分がないモデルの解析
11/11(Wed)14:30〜18:304Salome練習、上下の折り目部分がないモデルの解析
11/12(Thu)15:00〜18:003らせん折りをシェル要素で解析
11/13(Fri)12:30〜13:000.5らせん折りをシェル要素で解析
11/13(Fri)16:00〜18:002Salome練習、Aster練習
11/16(Mon)16:00〜18:002変形後の表面積の求め方調べ
11/17(Tue)13:00〜15:002変形後の表面積の求め方調べ
11/18(Wed)14:00〜18:004参考文献を読む、変形後の表面積の求め方調べ
11/19(Thu)13:00〜17:004局所座標の解き方を試す
11/20(Fri)16:30〜18:302post-pro練習
11/24(Tue)14:00〜17:003post-proでの節点の見方
11/26(Thu)14:00〜17:303.5三角形の頂点の座標調べ
11/26(Thu)18:30〜21:002.5三角形の頂点の座標調べ
11/27(Fri)14:30〜18:003.5三角形の頂点の座標調べ
11月合計53.5総計301
12/01(Tue)08:30〜11:303節点番号と座標の出し方調べ
12/01(Tue)13:30〜15:001.5節点番号と座標の出し方調べ
12/01(Tue)15:00〜18:003回転らせんに内圧をかけたら展開するのかどうか
12/02(Wed)14:00〜18:004節点番号と座標の出し方調べ
12/03(Thu)14:00〜18:004節点番号と座標の出し方調べ
12/09(Wed)13:00〜17:005変形後の三角形の頂点と中間点との距離の平均を出す
12/10(Thu)14:30〜18:304変形後の三角形の頂点と中間点との距離の平均を出す
12/11(Fri)13:00〜15:002変形後の三角形の頂点と中間点との距離の平均を出す
12/11(Fri)16:00〜18:302.5変形後の三角形の頂点と中間点との距離の平均を出す
12/14(Mon)13:30〜17:304らせん折りモデル作製
12/14(Mon)19:00〜21:003らせん折りモデル作製
12/15(Tue)14:30〜18:003.5らせん折りモデル作製
12/16(Wed)13:30〜18:005.5らせん折りモデル作製
12/16(Wed)22:00〜23:001らせん折りモデル作製
12/17(Thu)14:30〜22:308らせん折りモデル作製、節点番号探し
12/18(Fri)14:30〜22:308中間点との距離の平均を出して半径で無次元化、tex
12/19(Sat)14:00〜20:306.5中間点との距離の平均を出して半径で無次元化
12/20(Sun)14:00〜18:004中間点との距離の平均を出して半径で無次元化、tex
12/20(Sun)20:00〜00:004中間点との距離の平均を出して半径で無次元化、tex
12/21(Mon)00:00〜06:006中間点との距離の平均を出して半径で無次元化、tex
12/21(Mon)14:00〜18:302.5tex
12/21(Mon)21:00〜00:003スライド作製
12/22(Mon)00:00〜03:303.5tex、スライド作製
12/22(Mon)08:30〜10:001.5発表練習
12/22(Mon)10:00〜15:005中間発表
12/22(Mon)15:00〜17:002ねじりの加え方
12月合計100総計401
1/6(Wed)13:00〜16:003ねじりの加え方調べ
1/6(Wed)18:00〜19:001ねじりの加え方調べ
1/8(Fri)15:00〜17:002モデルの作製
1/12(Tue)13:00〜19:006モデルの作製
1/13(Tue)14:00〜17:003モデルの作製
1/13(Tue)20:00〜23:003モデルの作製
1/14(Thu)14:30〜20:005.5モデルの作製
1/19(Tue)8:30〜12:003.5反転らせんモデル解析
1/19(Tue)13:00〜19:006反転らせんモデル解析
1/20(Wed)13:00〜19:006反転らせんモデル解析
1/21(Thu)13:00〜15:002反転らせんモデル解析
1/23(Sat)15:00〜18:003反転らせんモデル解析
1/23(Sat)21:00〜23:002反転らせんモデル解析
1/25(Mon)01:00〜03:002卒論概要作製
1/25(Mon)11:00〜12:001反転らせんモデル解析
1/25(Mon)14:00〜19:003反転らせんモデル解析
1/26(Tue)14:00〜18:004反転らせんモデル解析
1/26(Tue)20:00〜22:002スライド作製
1/27(Wed)10:00〜12:002スライド作製
1/27(Wed)15:00〜18:003卒論概要作製
1/27(Wed)20:00〜22:002卒論概要作製
1/28(Thu)14:30〜18:304スライド作製
1/28(Thu)20:00〜22:002スライド作製、発表練習
1/29(Fri)08:00〜12:004発表練習後藤さん
1/29(Fri)14:00〜18:304.5スライド作製
1/29(Fri)19:30〜24:004.5スライド作製
1/29(Fri)00:00〜01:001発表練習
1/30(Sat)14:30〜17:303スライド作製
1/31(Sun)00:00〜04:004スライド作製
1月合計92総計493

卒論テーマ

卒論メモ

参考文献

Salomeメモ

節点番号について

CompoundとFuseについて

ミラー反転について

線を分割する点の打ち方について

線と線の交点を作る

Groupの作り方

2つの材料のSalomeでのグルーピング

らせん折り

Asterメモ

コマンドファイルを作るまで

変位を見るまで

コマンドファイルについて

MAIL=MODI_MAILLAGE(reuse=MAIL,MAILLAGE=MAIL,ORIE_PEAU_3D=_F(GROUP_MA=('Group_xxx',),),);

Asterでの計算

単位に注意

載荷点が分かれる時(線載荷)

拘束点が分かれる時(線拘束)

2つの材料で解く時

MA=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);
MA1=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);

MA2=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=△△△,
                         NU=△△△,),);
MATE=AFFE_MATERIAU(MAILLAGE=MAIL,
                   AFFE=_F(TOUT='OUI',
                           MATER=MA,),);
MATE=AFFE_MATERIAU(MAILLAGE=MAIL,
                   AFFE=(_F(GROUP_MA='Group○',
                            MATER=MA1,),
                         _F(GROUP_MA='Group□',
                            MATER=MA2,),),);

2つの材料で解く時

MA=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);
MA1=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);

MA2=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=△△△,
                         NU=△△△,),);
MATE=AFFE_MATERIAU(MAILLAGE=MAIL,
                   AFFE=_F(TOUT='OUI',
                           MATER=MA,),);
MATE=AFFE_MATERIAU(MAILLAGE=MAIL,
                   AFFE=(_F(GROUP_MA='Group○',
                            MATER=MA1,),
                         _F(GROUP_MA='Group□',
                            MATER=MA2,),),);

CHAR=AFFE_CHAR_MECA(MODELE=MODE,
                    DDL_IMPO=(_F(GROUP_MA='Groupα',
                               DX=0.0,
                               DY=0.0,
                               DZ=0.0,),),

                    PRES_REP=(_F(GROUP_MA='Groupβ',
                               PRES=xxx,),),);
LIAISON_MAIL=_F(GROUP_MA_MAIT='Group○',
                GROUP_MA_ESCL='Groupγ',                 
                TYPE_RACCORD='MASSIF',)

CHAR=AFFE_CHAR_MECA(MODELE=MODE,
                    DDL_IMPO=(_F(GROUP_MA='Groupα',
                               DX=0.0,
                               DY=0.0,
                               DZ=0.0,),),
                    
                    LIAISON_MAIL=_F(GROUP_MA_MAIT='Group○',
                                    GROUP_MA_ESCL='Groupγ',                 
                                    TYPE_RACCORD='MASSIF',),

                    PRES_REP=(_F(GROUP_MA='Groupβ',
                               PRES=xxx,),),);

Asterエラー集

La maille de peau : Mxxx ne peut pas etre reorientee.                       
Car elle est inserree entre 2 mailles "support" placees;es de part et d'autre : 
Mxxx et Mxxx.
MAIL=MODI_MAILLAGE(reuse=MAIL,MAILLAGE=MAIL,ORIE_PEAU_3D=_F(GROUP_MA=('Group_xxx',),),);

 Verifiez votre mise en donnees 
(absence ou surabondance de conditions limites,
caracteristiques materiaux licites...).                                  
Si vous avez deja valide cette mise en donnees, 
vous pouvez essayer a la place le solveur lineaire MUMPS 
(mot-cle SOLVEUR/METHODE='MUMPS').    
MA=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);

erreur de syntaxe,  Erreur de nom: name 'CALC_ELEM' is not defined ligne 41

Exception utilisateur levee mais pas interceptee.
Les bases sont fermees.
Type de l'exception : error

(Solveur lineaire LDLT ou MULT_FRONT) Matrice non factorisable
On sait en plus que:
- pivot est presque nul a la ligne 6557 pour le noeud N1926 et
la composante DY,- nombre de decimales perdues :18.

-> Conseil & Risque :Il s'agit peut etre d'un mouvement de corps rigide mal bloque.
Verifiez les conditions aux limites.
Si vous faites du contact, il ne faut pas que la structure ne "tienne" que par le contact.         
ユーザー例外が、堤防のため停止していません。
塩基は閉じられています。
例外の種類:エラー

(線形ソルバLDLTまたはMULT_FRONT)マトリックス非因数分解
それはより多くを知っています:
- ピボットは、ノードおよびN1926のための6557行ではほぼゼロであります
DYコンポーネント - 小数の失われた数:18。

- >コンサルティング&リスク:これは剛体運動不良ブロックとすることができます。
境界条件をチェックしてください。
あなたが接触する場合には、構造体が接触することにより、「取る」ないことが必要ではありません。

LaTeXメモ

platex_〇〇○.tex
! LaTeX Error: File `kata.tex' not found.

Type X to quit or <RETURN> to proceed,
or enter new name. (Default extension: tex)

Enter file name:
続けるにはENTERを押すかコマンドを入力してください
pxdvi 〇〇○.dvi&

プログラミングメモ

FREECADメモ

タッチタイピング記録

日付タイム
4/9(Thu)7'21"
4/10(Fri)5'11"
4/13(Mon)3'43"
4/15(Wed)3'06"
4/16(Thu)3'15"
4/20(Mon)2'42"
5/8(Fri)3'38"

目標 3'00''以内

らせん折りの作り方(平面)

らせん折り(厚さ有り)の作り方【暫定版】