学生実験データ

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

  • 7/9
  • 7/2
  • 6/25
  • 6/18
  • 6/11
  • 6/4
  • 5/28
  • 5/21
  • 5/14
  • 5/7
  • 4/23
  • コマンドメモ
    • ( cp /media/Transcend/150416_1.CSV ~/zikken/ vi 150416_1.CSV ./syokignu2<150416_1.CSV>140416_1s.csv gnuplot
    • )

2014年度

  • 5/29
  • 5/22
  • 5/15

2013年度

2012年度

2回目のデータは、1回目のデータと同じものだったので、取替えました。 540秒のところを比べると、以下のようになってます。 大変失礼いたしました。

1回目540497.55000000000007609.19999999999982-186.00000000000000-223.09999999999991
2回目540506.85000000000002604.50000000000000-176.70000000000005-209.20000000000005

2011年度

アクリル引張試験の手順

  • 供試体の寸法測定
    • ノギスで幅、厚さを3回づつ
  • 室温測定
  • PCD-30Aを起動(cygwin窓からの起動はhizumi&)
    • 条件ファイル読み込み(3nen.RPM)
    • 集録データファイル設定(年月日,例080423001.KS1)
    • 集録を開始して、おもりを30秒毎に載荷
    • 8分間行い、集録が終わったらPCD-30Aを閉じる
    • 供試体変更のためおもりの数を変更。16個から18個(20個?)にしてみる。
  • PCD30ARDを起動(cygwin窓からの起動はhenkan&)
    • ファイル読込
    • 解析処理
    • csv形式ファイル変換

以下はLinuxに持ってきて作業する場合

  • ネットワークが死んでる場合は、フラッシュメモリでcsvファイルを移動
    • cp /media/disk/110414*.csv ~/zikken/ でコピー
  • csvファイルを開いて、ヘッダーを消して、データ数(行数)を冒頭に書き込む
  • ./syokignu<110414_1.csv>110414_1s.csvを実行
  • gnuplotを起動
    • pl 'tate1' w l, 'tate2' w l, 'yoko1' w l, 'yoko2' w lでグラフを見せる
  • 110414_1s.csvと110414_2s.csvをstrのgakusei/tamegai/zikken/にアップして、 ここからリンクを張る。

以下はWindows上で作業する場合

  • FDを起動(cygwin窓で作業するときはviで以下の編集)
    • Eを押してQXを起動
    • ヘッダを消して冒頭にデータ数を入力
    • hoge.dで保存する
    • FD上の場合、Hを押してコマンド入力
    • ( syoki2<hoge.d>hoge.csv
    • ) と入力すると、hoge.csvができる。
  • Ngraphを起動(キーボード操作のみ有効)
    • FILEのOPENでhoge.csvを四つ選択
    • 横軸はColum1で固定。縦軸を2から4まで変える。
      横軸縦軸
      12
      13
      14
      15
    • DRAWのRUNでグラフを描ける。

cygwin窓で作業する場合

  • cygwin窓を立ち上げる
  • cd gotouhanで、/home/bri17/gotouhanの中に入る
  • hizumi& でPCD-30Aを起動し、上記の設定
  • henkan& でPCD-30ARDを起動し、上記の要領でcsvファイル(例えばhoge.csv)を保存。
  • viでhoge.csvを開き、頭の部分を消し、Gで末尾に降りて行数を確認し、 ggで先頭に戻って、その行数(データ数)を書き込んで保存。
  • ./syokignu<hoge.csv>hoge.d を実行すると、hoge.dの中に初期化されたデータが書き込まれ、 gnuplot描画用のデータ: tate1, tate2, yoko1, yoko2が出力される。
  • グラフを描いてみるには、まずstartxでXウィンドウを起動
    • もし、X窓内の作業ディレクトリが/home/bri17に戻されていたら、cd gotouhan
    • gnuplotを立ち上げ、
    • pl 'tate1' w l, 'tate2' w l, 'yoko1' w l, 'yoko2' w lみたいにして描けると思うけど
    • たぶん、履歴が残っているので↓↑キーで上記のコマンドが出てくると思う

ジャックルとか

  • ロングネジジャックル A-635、SPL-6 170kgf(1.67kN)
  • リングキャッチ A-171、SH-6 150kgf(1.47kN)

どちらも&link(水本機械製作所,http://www.mizumoto-mm.co.jp/)

ひずみの値がおかしいチャンネルがあるとき

ロガーで4点ぐらい取ってみて、線形増加(減少)しないおかしいチャンネルがあるとき、 まずは、ゲージ端子どうしが接触してないかとかを調べてみる。 テスターでゲージの抵抗を測ってみる。 ゲージの抵抗は120Ωだが、ロガーの内部抵抗もたぶん120Ωなので、 ちゃんと接続されていれば、並列の合成抵抗で60Ωぐらいになるのが正常。 これが、ちゃんとロガー端子に接続されていないと、ゲージだけの抵抗値に なるので120Ωになる。ゲージ自体の線が切れていたりすると、もっと大きい抵抗値に なったり∞になる。 120Ωになって、どうやらロガー端子にちゃんと接続されていないようなときは、 ロガー端子の穴をちゃんと覗いてみる。金具の上にリード線が入るべきところを、 金具の下に入っていたりする。

オシレータ/マスタのエラー

PCD-30Aで測定しようとしたときにオシレータ/マスタのエラー と出て測定できない場合、 ロガーの裏のUSB端子の横にあるNo.端子を確認する。

1台だけで使う場合はNo.8421のうち1番だけをオンにしておく。 その後ch設定でch設定を確認して適宜チェックをつける。

グラフ用紙など

ここのeclarith.styとkpic.styをダウンロードし、ただのグリッド線なら、以下のように。

\documentclass[a4j]{jsarticle}
\usepackage{kpic}
\pagestyle{empty}
\begin{document}
\unitlength=5mm%
 \begin{PicGrid}(32,44)
 \end{PicGrid}
\end{document}

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-08 (木) 10:35:29