日付時間帯作業時間内容立合
5/1612:00-19:007h課題1後藤さん
5/2116:30-21:305h課題2後藤さん
5/2313:30-20:307h課題2後藤さん
5/2813:30-19:306h課題2後藤さん
5/2913:00-17:005h課題2後藤さん
6/19:50-16:505h課題3後藤さん
6/412:00-19:007h課題3後藤さん
6/716:30-21:305h課題3後藤さん
6/1013:30-20:307h課題3後藤さん
6/1213:30-19:306h課題3後藤さん
6/1613:00-17:005h課題4-1後藤さん
6/179:50-16:507h課題4-1後藤さん
6/2013:30-20:307h課題4-1後藤さん
6/2213:30-19:306h課題4-2後藤さん
6/2613:00-17:005h課題4-2後藤さん
6/279:50-16:507h課題4-2後藤さん
7/29:30-15:306h課題4-2後藤さん
7/817:00-20:003h課題5後藤さん
7/910:00-18:008h課題5後藤さん
7/1312:00-18:006h課題6後藤さん
7/1712:00-17:005h課題6後藤さん
7/2011:00-14:003h課題6後藤さん
7/2310:00-14:004h課題6後藤さん
7/2715:00-19:004h課題6後藤さん
7/309:00-14:005h課題6後藤さん
8/311:00-16:005h課題6後藤さん
8/910:00-13:004h課題5後藤さん
8/1512:00-19:007h課題6後藤さん
8/2211:00-18:007h課題6後藤さん
8/2410:00-15:005h課題6後藤さん
8/2715:00-19:004h課題6後藤さん
8/309:00-14:005h課題6後藤さん
9/214:00-18:003h課題6後藤さん
9/415:00-18:153.25h課題6後藤さん
9/610:00-18:008h課題6後藤さん
9/1310:00-22:0012h課題6後藤さん
9/1415:00-21:006h課題6後藤さん
9/1610:00-18:008h課題6後藤さん
9/1810:00-16:006h課題6後藤さん
9/2015:00-19:004h課題6後藤さん
9/2315:00-19:004h課題6後藤さん
9/2818:00-22:004h課題6後藤さん
10/310:00-15:005h課題6後藤さん
10/815:00-20:005h課題6後藤さん
10/1512:00-16:004h課題6後藤さん
10/1916:00-20:004h課題6後藤さん
10/2213:00-17:004h卒業研究内容後藤さん
10/2514:00-19:005h研究内容後藤さん
10/3014:00-19:005h卒業研究後藤さん
11/112:00-18:006h卒業研究(中心荷重の測定)後藤さん
11/910:00-18:008h卒業研究(実際に手計算で図心を求める)後藤さん
11/1523:00-5:006h卒業研究後藤さん
11/1914:00-19:005h卒業研究後藤さん
11/3112:00-16:004h卒業研究後藤さん
12/59:00-17:008h卒業研究後藤さん
12/610:00-2:004h卒業研究後藤さん
12/711:00-18:007h卒業研究後藤さん
12/119:00-18:009h卒業研究後藤さん
12/1510:00-17:007h卒業研究後藤さん
12/2011:00-20:009h卒業研究後藤さん
1/1212:30-15:303h卒業研究後藤さん
1/159:00-15:006h卒業研究後藤さん
1/1810:00-17:007h卒業研究後藤さん
1/2216:00-21:005h卒業研究後藤さん
1/259:00-18:009h卒業研究後藤さん
1/2916:00-21:005h卒業研究後藤さん
1/309:00-17:008h卒業研究後藤さん
2/110:00-17:007h卒業研究後藤さん
2/411:00-17:006h卒業研究後藤さん
2/69:00-15:006h卒業研究後藤さん
2/710:00-15:005h卒業研究後藤さん
2/813:00-17:005h卒業研究後藤さん
2/913:00-17:005h卒業研究後藤さん
2/1213:00-20:007h卒業研究後藤さん
合計428.25h

課題1 創造工房で作成した梁を異方性材料にしてsalomeと手計算を使って解く。

補足

  • ポゾラン比=0.0016
  • 荷重=P=100 L=100
  • Ezz=6GPa Exx=Ezz/25 Gxy=Ezz/15
結果(FEM) 0.5702(TIMO) 0.492

課題2

10×10×10の立方体にx,y,z軸それぞれに垂直な面を固定し、 もう一方の面に引張力を加える。すると変位はどのくらい発生するか。

またEL,ET,ENの値を変えた時、変位にどのような変化が発生するかを求める。

  • G=2000MPa,ポアソン比=0.016,P=100

結果

E(L)=longitudinal (縦)

E(T)=transverse (横)

E(N)=normal (標準、垂直の)

XELETEN変位(mm)
160002402400.001670
224060002400.004176
324024060000.004167
yELETEN変位(mm)
160002402400.004169
224060002400.001742
324024060000.004167
zELETEN変位(mm)
160002402400.004169
224060002400.004169
324024060000.001670

課題3 

課題2で求めた変位の誤差を調べる。 ポアソン比3つを0.4or0.016とし、誤差を調べる。

  • 供試体は課題2と同様

結果

EL=6000の時、Y=0.0416648658、Z=0.0416656798であった。 ポアソン比の値を変えて誤差を見てみる。

ポアソン比YZ
LT=0.4 LN=TN=0.0160.0416358930.0416656197
LT=LN=0.4 TN=0.0160.04163495760.0416354018
LT=0.016 LN=TN=0.40.03985604120.0398144548
LT=LN=0.016 TN=0.40.03984633180.0398474171

一番誤差が少なかったのはLT=0.4・LN=TN=0.016の時であった。

課題4-1 Meshの切り方を四面体から六面体として求める。

  • 供試体は前回、前々回と同様のものを使用する。

結果

EL=6000,LT=LN=0.4,TN=0.016とした時、

YMesh(四面体)Mesh(六面体)
0.04163495760.0416385859
ZMesh(四面体)Mesh(六面体)
0.04163540180.0416385859

六面体では誤差は出なかったが、四面体では0.001067%と僅かではあるが誤差が出た。

これより、六面体で切ったほうが精度がいいことがわかる。

来週は1sikuraのモデルをsalomeで作ろうと思う。

課題4-2 1sikursの橋のモデルを作成し、

載荷面積約18.13(m^2)に対し14tonの荷重が加わることを想定して変化量を求める。

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/Screenshot1.png

最も変位が出たのが青い部分で28.36mmたわんだ。

課題5

実際の橋のモデルにトラックの車軸を載荷面と仮定してsalomeを使って計算する。

モデルの寸法がわからずにあまり進めることができなかった。 明日、野田さんから写真をもらって作り直す。

課題6 卒検内容突入

テーマ{CLT床版橋の剛性挙動について}

7/13

6月に行われた実験をモデル化・データをグラフ化する。

誤差を計算し値を算出する。 橋台の値は変位に反映させないこととした。 田沢湖のグラフ化は完成した。1-1 最大変位は5.595mmであった.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-1.png

7/20

西仙北の変位をグラフ化した.1-2 最大変位は1.475であった.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-2.png

7/23

床版橋のモデルを作成 田沢湖の解析モデル1-3

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-3.png

7/30

床版橋のモデルを作成 西仙北の解析モデル1-4

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-4.png

8/3

"Paravis"で変位を測定する. 田沢湖の床版橋モデルの変位 境界条件として,実際の荷重をタイヤの面に載荷すること.

ヤング率は鋼桁が206GPa, CLTは3.4GPaとしている. 鋼桁の底面に高側面を設定し,一方は固定支持. もう一方を軸方向に許容するローラー支持とする. 変位は0.173mmであった.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-5.png

8/9

西仙北の床版橋モデルの変位 境界条件としては田沢湖モデルと同様. 変位は0.8660mmであった.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-6.png

8/15

実験値の変位の最大値は田沢湖モデルが5.595mm 解析結果は0.173mm

西仙北モデルの実験値の最大値は1.475mm 解析結果は0.860mmであった.

解析のほうが実験値に比べはるかに固い値になった.

8/22

今後の課題として, 床版橋モデルが正しいかを判定するため, 載荷法を車両載荷からスパン中央に載荷する 3点曲げ載荷にして,手計算と比較する.

そして要素数をどんどん細かくして 要素数毎にプロットして値が収束していくかを 検証する.

8/30

手計算の結果 田沢湖モデル 3点曲げ載荷 最大変位2.699mm CLTと鋼桁の接触面を0とし,CLT方面をプラス,鋼桁側をマイナスとすると, 中心軸は-65.30mmであった.

9/4

手計算の結果 西仙北モデル 3点前載荷 最大変位1.730mm CLTと鋼桁の接触面を0とし,CLT方面をプラス,鋼桁側をマイナスとすると, 中心軸は-193.81mmであった.

9/16

田沢湖モデルの要素数のプロット 縦軸は相対誤差(%) 横軸は要素数(個) プロットをすると,要素数が細かくなるにつれ, 値が収束していっているのが分かった.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-7.png

9/18

西仙北モデルの要素数のプロット 縦軸は相対誤差(%) 横軸は要素数(個) プロットをすると,要素数が細かくなるにつれ, こちらも値が収束していっているのが分かった.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-8.png

9/28

結果のまとめ

図心図心上図心下中心荷重たわみSalomeたわみ相対誤差
1日目-65.3mm7.583*10(11乗)7.582528262*10(11乗)-2.699mm-2.373mm12%
2日目-193.81mm8.649*10(11乗)8.648356145*10(11乗)-1.730mm-1.102mm36%

10/3

田沢湖・西仙北にある床版橋はCLTと鋼桁が完全に 接着していない"非合成げた"であった.

そこで今後の課題としてCLTと鋼桁の間にゴム状の仮想材料を挟む. 仮想材料は1〜3mmと厚さを変えて変位を測定する.

10/8

載荷法としては3点前載荷と車両載荷の2つを検証する.

10/15

CLTと鋼桁の間に仮想材料を挟んだ.

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-9.png

10/22

田沢湖床版橋モデルの完成 3点曲げ載荷法

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-10.png

10/30

西仙北床版橋モデルの完成 3点曲げ載荷法

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-11.png

11/9

田沢湖床版橋モデルの完成 車両載荷法

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-12.png

11/19

西仙北床版橋モデルの完成 車両載荷法

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-13.png

12/5

田沢湖床版橋 3点曲げ載荷試験 結果

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-14.png

12/15

西仙北床版橋 3点曲げ載荷試験 結果

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-15.png

1/12

田沢湖床版橋 車両載荷実験 結果

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-16.png

1/15

西仙北床版橋 車両載荷実験 結果

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-17.png

1/18,22,25,29,30,1

卒業概要の作成

2/4,6,7,8

パワーポイントの作成 http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-18.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-19.png http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotouhan/j2018/ootuka/1-20.png


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 12:24:44