&link(TDS-303,http://www.tokyosokki.co.jp/product/instrument/instrument_sub/tds303.html)の使い方

直前の設定をフロッピーに保存

まず、自分たち(基礎研後藤班)の実験の設定を始める前に、 データロガーに残っている(コンクリ研の)設定をその辺に置いてある 「直前のパラメータ」というラベルを貼られたフロッピーに保存する。 そして、自分たちの実験が終了したら、このフロッピーを使って ロガーの設定を最初の状態に戻しておく。

  • まず、フロッピーを差し込む。
  • etcを数回 押してFDDというボタンが表示されたら、FDDを押す
  • 5のWRITE PRM を選んでOKを押す。このとき、フロッピーに既に 古いパラメータが保存されていると、 CONFIG.ASC Already Exist と表示されるので、OKを押してFDDメニューに戻ってから、 3のFILE DELETEを選ぶ、そうすると、CONFIG.ASCというファイルが表示されるので、 それを↑↓で選んでENTRYを押し、OKを押すと古いパラメータファイルが消去される。 そこで改めて5のWRITE PRMを選ぶところからやり直す。

フロッピーの設定をロガーに読み込む

  • etcを数回 押してFDDというボタンが表示されたら、FDDを押す
  • 6のREAD PRMを選んでOKを押す

チャンネルの設定

  • etcを数回 押してPROG.ボタンが表示されたらそれを押す
  • 0のCHANNELを選ぶ
  • FCHで先頭チャンネル番号を、LCHで最終チャンネル番号を指定
    • 今回の集成材圧縮試験の例では000の先頭チャンネルが荷重、 001から008までに8本の歪ゲージ
  • チャンネル番号設定(確認)が終わったらENTRYを押す

DISP. FORMの設定

  • 各チャンネルの(レンジや単位の)設定はPROGを押したメニューで、1のDISP. FRORを選びENTRYを押す。PROGメニューに戻るにはEXITを押す
  • 1チャンネルずつ設定する場合は、SGLを押し、↑↓で設定するチャンネルを選んでから ←→で各設定項目を設定していく
    • 今回の集成材の圧縮試験の場合、000チャンネルの荷重の係数とP,Uの値は、 0.120でP=0,U=10とし、繊維直角方向載荷の場合は1kN-2kNぐらいまで(または、最大歪が1000μ-2000μ程度)で載荷をやめる。繊維方向載荷の場合は、6kNぐらいまでで載荷をやめる。
    • 歪ゲージの場合の係数のところには、ゲージファクターから換算される数値 (&link(0.952とか,http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/zikken/#geezi))を入れ、 P=0,U=00とする。
    • &link(東京測器の木材・石膏用ゲージLFLA-10-11,http://www.tokyosokki.co.jp/product/strain_gauge/list/lf_list.html)のゲージ率は2.1なので、2/2.1=0.952が補正係数となる

SENSORの設定

  • 各チャンネルの測定モード(荷重か、歪か、何ゲージ法か)は、PROG.を押したメニューで、 6のSENSORを選びENTRYを押す。
  • 1チャンネルずつ設定する場合は、SGLを押し、↑↓で設定するチャンネルを選んでから ←→で設定モードを設定していく
  • 荷重はS32, 1ゲージ法ならS11, 共通ダミー法ならS14とする。
  • 使わないチャンネルをスキップしたい時はS01とするとJUMPになる。

初期化

  • etcを数回 押してINIT.INが表示されたら、それを押す
  • STARTボタンを押す

測定開始

  • etcを数回 押し、D.MEMOが表示されたら、それを押す
  • まずCLRを押してENTRY
  • STARTを押すごとに測定(リード線の先に取り付けられているボタンスイッチを押しても同じ)

測定データをフロッピーに保存

  • etcを数回 押してFDDが表示されたら、それを押す
  • 1のD.MEMO.COPYを選んでENTRY
  • MEMORY READ と表示されたら、もう一度ENTRY
  • FILE NAME: DAT000.CSV みたいに表示されるので、適当なファイル番号を付けてENTRY

各種係数、モードの設定

測定対象係数P小数点位置U単位SENSOR
荷重6kN0.1200-10NS32
荷重30kN0.060210^(-2)11kNS32
歪ゲージ(1ゲージ法)2/ゲージ率0-0μεS11
歪ゲージ(共通ダミー法)2/ゲージ率0-0μεS14
変位計(25mm)2.000310^(-3)1mmS16
変位計(50mm)5.000310^(-3)1mmS16
πゲージ(0.00044)8.80-0μεS16
  • 東京測器CDP-25は上記の変位計(25mm)

π型変位計

  • 東京測器PI-2-50
  • 校正係数:0.00044
  • 標点距離:50mm 測定は、データロガーで、ひずみゲージの4ゲージ法の設定にし、
  • 変位をmmで測定するなら係数:0.00044
  • 変位をnmで測定するなら係数:440
  • ひずみをμで測定するなら係数:8.8 とする。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-20 (月) 10:59:52