構造研 | 後藤資料 | 野田資料 |

菊地の卒論日誌 - *卒論に使ったデータの置いてある所

目次

卒論に使ったデータの置いてある所

目標

2/23

1/15木橋のライフサイクルコストについて

1/11

1/8

中間発表

木材を曲面に加工する方法

スチームベンド、水分・熱間法

トーネット法

ドライングセット

memo1219

許容応力

12/18

応力

memo

12/14

12/11

12/8

対傾構

12/4

11/21

11/13

10/30

10/16

10/13

モデルσxxσyyσzz

10/9

 

10/7

8/24夏休みの目標

7/13

6/22

6/21

6/14

概要

文献探し

1/4対傾構について調べる用

五角形モデル(対傾構なしmodel)

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{lV}=\frac{pl^2}{48EδV}$
0.3520943.7869e1625915712685.291461224.544.97016e-4

prin1prin2prin3vmis
max0.215476
roof0.0521302
%24.19

五角形モデル(対傾構ありmodel)

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{lV}=\frac{pl^2}{48EδV}$
0.3477750.38339e161.1536110e11332338.7711.304e-4

1/4解析

阿蘇望橋モデル

寸法など

1/4解析

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
0.2952918.281096726e162.0776998e11398570.41554.401093073e-6

1/4解析(全体を一箇所に)

変位mm剛性N/mm体積mm3比剛性Nmm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
5.638708.281104983e162.0776998e11398570.81294.401097461e-6

1/4解析(載荷板面積を揃えて$5kN/m^2$)

変位mm剛性N/mm体積mm3比剛性Nmm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
0.1535382.17101521e162.0776998e11104491.28464.615253423

σxxσyyσzzσxyσyzσzx
引張応力(N/mm2=MPa)0.1604610.1972150.0570180.0158210.0488630.01213
圧縮応力(N/mm2=MPa)0.1387220.1816950.0820220.0152450.0297710.02486

楕円モデル1/4解析

モデル1諸量

1/4解析

変位mm剛性N/mm体積mm3比剛性Nmm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
0.4078571.555562166e161.521024773e11102270.6662.233142766e-6

σxxσyyσzzσxyσyzσzx
引張(N/mm2)0.0758996870.1893375030.1003530220.0589675340.0991046850.084347755
圧縮(N/mm2)0.09468630.163030430.098764610.034068550.075962030.07174582

引張(N/mm2)圧縮(N/mm2)
88.234.3

モデル2諸量

1/4解析

変位mm剛性N/mm体積mm3比剛性Nmm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
0.5686931.875751e161.4377775e11130461.89221.347076869e-6

1/4解析(全体を一箇所に)

変位mm剛性N/mm体積mm3比剛性Nmm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
18.12972.330966814e161.4377775e11162122.91641.672990978e-6

◎モデル3諸量

1/4解析(載荷板の面積を揃えた。)

変位mm剛性N/mm体積mm3比剛性Nmm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
2.170460.6143091019e161.15324317680e1153267.950.326e-6

σxxσyyσzzσxyσyzσzx
引張応力(MPa)0.2747820.44914730.3121420.34069980.25151370.593873
圧縮応力(MPa)0.6539591.04571400.4459100.144820.1948160.217931

楕円モデル(柱部材を下に取り付けた)

諸量

1/4解析

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
1.203121.108229714e1611512020569626717.643.274393755e-4

五角形モデル

諸量

1/4解析

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
0.3477750.38339e16115361095002332338.7702.037572511e-6

σxxσyyσzzσxyσyzσzx
引張(N/mm2)0.14085250.21046970.08859670.03109030.04648220.0206721
圧縮(N/mm2)0.1521740.2217810.084820.0203720.0535230.042516

引張(N/mm2)圧縮(N/mm2)
88.234.3

1/4解析(全体載荷を一箇所に)

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
6.955513.833890925e16115361095002332338.29182.037569582e-6

足アーチモデル(昨年の河原さんのモデル)

諸量

1/4解析

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$無次元化
0.2182046.1104898e162911048349002099067.13968876e-4

3(4)モデルの比較

◎載荷板に群集荷重

model変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm比剛性$\frac{I}{l^4}=\frac{p}{48δlE}$$\frac{I}{lV}=\frac{pl^2}{48EδV}$
阿蘇望橋0.1535382.17101521e162.0776998e11104491.28464.615253423e-614.2165013
楕円2.170460.614309e161.1532432e1153267.950.326e-61.812e-4
五角形0.3477750.38339e161.1536110e11332338.772.038e-611.304e-4
楕円(柱下)1.203121.108229714e1611512020569626717.640.58898e-73.27439e-4
足アーチ0.2182046.1104898e162911048349002099067.13968876e-4

阿蘇望橋モデル五六角形複合モデル楕円モデル楕円モデル(柱下)

屋根材の寄与を調べる(ついでにせん断破壊しないかも調べておく)

阿蘇望橋モデル

prin1 prin2 prin3 vmis
max 0.1880680.158503 0.20111 0.188454
roof0.01675685884.3444e-60.000508593
% 8.910.00270.253

五角形断面モデル

prin1 prin2 prin3vmis
max 0.238 0.1491120.2259280.218978
roof0.0645548 0.00230906-0.000918028
%27.121.550.41

楕円モデル

prin1 prin2 prin3vmis
max1.207260.6920810.9120630.192435
roof0.1211030.02162190.00186322
%10.033.1240.204

楕円モデル(柱を下に取り付けたモデル)

prin1 prin2 prin3vmis
max0.340681
roof0.0526328
%15.44929127

足アーチ

prin1 prin2 prin3vmis
max0.370553
roof0.00573577
%1.54789

1/4解析のやり方とか

線荷重の時

1/1モデル

1/4モデル

w=2.5N/mm(10N/mmの1/4)

w=5N/mm(幅の1/2)

w=0.1N/mm^2(xz断面に面荷重)

w=0.1N/mm2(z軸に沿った拘束条件(x.y=0)なしで)

まとめ

1/11/4(w=2.5N/mm)1/4(w=5.0N/mm)1/4(w=0.1N/mm2)xy=0なし理論式
たわみmm(aster)7.941684.147218.294419.0878.887769.1022($\frac{pl^3}{48EI}$)
相対誤差%12.75054.4378.875◎0.1669925952.4130



1/4解析の疑問:commファイルに入力する線荷重の値がなぜ1/4にならないのか

2線に線載荷で実験

L=1mm

理論値($\frac{pl^3}{48EI}+\frac{pl}{4kGA}$)1/11/4(w/1)1/4(w/2)1/4(w/4)
たわみ2.59882.526802.560421.280210.640016
要素数約68.9万約61.9万約61.9万約61.9万
相対誤差(%)2.77◎1.47750.73875.373

L=0.1mm

理論値($\frac{pl^3}{48EI}+\frac{pl}{4kGA}$)1/11/4(w/1)1/4(w/2)1/4(w/4)
たわみ2.59882.525722.560561.280250.64012
要素約61.5万約62.8万約62.8万約62.8万
相対誤差(&)2.812◎1.47150.73775.369

L=0mm

理論値($\frac{pl^3}{48EI}+\frac{pl}{4kGA}$)1/11/4(w/1)1/4(w/2)1/4(w/4)
たわみ2.59812.527095.120682.560341.28017
要素約70万約62.8万約62.8万約62.8万
相対誤差(&)2.733297.0932◎1.453450.7267

まとめ commファイルに入力するwの値

材料について

杉材

曲げ弾性率(GN/m2=GPa)圧縮強度(MN/m2=MPa)引張強度(MN/m2=MPa)曲げ強度(MN/m2=MPa)せん断強度(MN/m2=MPa)
7.35034.388.263.75.88
木口面硬さ(硬度)(MN/m2=MPa)板目面硬さ(硬さ)(MN/m2=MPa)
31.367.84

赤松

曲げ弾性率(GN/m2=GPa)圧縮強度(MN/m2=MPa)引張強度(MN/m2=MPa)曲げ強度(MN/m2=MPa)せん断強度(MN/m2=MPa)
11.2744.1137.288.29.31
木口面硬さ(硬度)(MN/m2=MPa)板目面硬さ(硬さ)(MN/m2=MPa)
42.1411.76

縦桁

x剛結

モデルたわみ

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm
0.000686552339784896.189306.103804.722

σxxσyyσzz

楕円モデル

モデルたわみ

変位mm剛性Nmm2体積mm3比剛性N/mm
0.0023866097745747.0969811.409641400.14

σxxσyyσzz

応力引張圧縮
σxx微増微減
σyy半分以下に減少半分に減少
σzz二倍に増加微増

直応力

まとめ

X剛結モデル

σxxσyyσzz
σxy せん断σyz せん断σzx せん断

楕円モデル(軸方向部材なし)

σxxσyyσzz
σxy せん断σyz せん断σzx せん断

楕円モデル(軸方向部材あり)

σxxσyyσzz
σxy せん断σyz せん断σzx せん断

楕円+軸部材+柱

σxxσyyσzz
σxy せん断σyz せん断σzx せん断

中間発表

ダブルワーレントラス(床版あり)

たわみ(載荷部)mm剛性体積mm3比剛性
0.00181751128351425.980191.791600.555692
たわみ(フレーム全体)剛性体積比剛性
0.001521625153309783.980191.791911.789024

たわみ(載荷部)mm剛性体積mm3比剛性
0.00099590823423850480191.792920.978618

X字の剛結トラス(床版あり)

たわみ(載荷部)mm剛性N・mm2体積mm3比剛性
0.00142101164164924.986450.091898.956091
たわみ(フレーム全体)剛性体積比剛性
0.001200905194253500.586450.092247.001715

たわみmm剛性N・mm2体積mm3比剛性
0.000708312329346389.786450.093809.669715

円モデル(床版あり)

たわみ(載荷部)mm剛性Nmm2体積mm3比剛性
0.0033591469446346.39162604.69427.0869825
たわみ(フレーム全体)剛性体積比剛性
0.00033643693398329.5162604.694264.319372

たわみ(載荷部)mm剛性Nmm2体積mm3比剛性
0.0042456454945779.67162604.69337.91018

たわみ(載荷部)mm剛性Nmm2体積mm3比剛性
0.00120145194165383.5162604.691194.094608

楕円モデル(床版あり)

たわみ(載荷部分)剛性体積比剛性
0.0044981651861205.4793350.26555.555019
たわみ(フレーム全体)剛性体積比剛性
0.00336037569420823.5793350.26743.6596702

たわみ剛性体積比剛性
0.0069865633389822.7568020.239007490.8807031

たわみ(載荷部分)剛性体積比剛性
0.0035437065826500.2468020.239007967.7928393

楕円モデル(横なし)

たわみ(載荷部分)剛性体積比剛性
0.0037481562238704.4365786.691349946.0683179

実験

先端たわみmm体積mm3剛性Nmm2比剛性
0.339572300001840552.22561.35174

たわみ(理論)誤差
0.617280.5501101607

たわみmm(上面下面の平均)体積mm3剛性Nmm2比剛性
0.000398440576800288625277.83758.1416

たわみ理論誤差たわみ(せん断考慮)誤差
0.000086504669754.6059998970.00029420061851.354315644

箱で断面を変える

断面mスパンmたわみm理論値たわみ(せん断考慮)相対誤差%
5x52000.2835620.28860498431.778
10x102000.01803010.01815120.672
15x152000.003589520.0036227555560.9259
20x202000.001170950.00116280.7009
25x252000.0004989450.0004849922.8769
30x302000.0002553510.00023902220.68314
35x352000.0001459730.000122418592319.24087
40x402000.00009294660.000072202528.73044

断面mm穴mmスパンmたわみm理論値たわみ(せん断考慮)相対誤差%要素数
30x305x52002.403277907e-42.55283e-46.223974842
30x3010x102002.62897e-42.79833e-43.018673922267
30x3015x152002.86381e-42.665783704e-47.42846869727
30x3020x202003.24571e-43.221230769e-40.7599759253
30x3025x252006.66933e-46.939915087e-44.04262614610872

軽くデータなどまとめ

たわみ、比剛性など比較する

モデルスパンたわみ(全体)たわみ(載荷部)剛性(全体)剛性(載荷部)体積比剛性(全体)比剛性(載荷部)
ダブルワーレン(1材料)2400.0015216250.00181751153309783.9128351425.980191.791911.7890241600.555692
ダブルワーレン(2材料)2400.00099590823423850480191.792920.978618
X剛結(1材料)2400.0012009050.00142101194253500.5164164924.986450.092247.0017151898.956091
X剛結(2材料)2400.000708312329346389.786450.093809.669715
円(1材料)2400.000336430.00335914693398329.569446346.39162604.694264.319372427.0869825
円(1材料床版中央)2400.0042456454945779.67162604.69337.91018
円(2材料)2400.00120145194165383.5162604.691194.094608
楕円(1材料)2400.0033603750.0044981669420823.5751861205.4793350.26743.6596702555.555019
楕円(1材料床版中央)2400.0069865633389822.7568020.24490.8807031
楕円(2材料)2400.0060893338309633.4168020.24563.2093325

mises応力を見たら。

楕円モデルの中央に柱をつけたモデル

床版なしで横桁に直接載荷

ダブルワーレン

X

楕円

salome

異方性を考慮して解く!!

MA=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=〜,
                         NU=〜,),);
MA=DEFI_MATERIAU(ELAS_ORTH=_F(E_L=〜,
                            E_T=〜,
                            E_N=〜,
                            G_LT=〜,
                            G_TN=〜,
                            G_LN=〜,
                            NU_LT=〜,
                            NU_TN=〜,
                            NU_LN=〜,),);

片持ち梁で実験

MA=DEFI_MATERIAU(ELAS_ORTH=_F(E_L=1000,
                            E_T=10,
                            E_N=10,
                            G_LT=10,
                            G_TN=10,
                            G_LN=10,
                            NU_LT=0.3,
                            NU_TN=0.3,
                            NU_LN=0.3,),);

 FORCE_ARETE=(
                        _F(GROUP_MA='pfz',  !+FZ
                           FZ=○○,),
                        _F(GROUP_MA='pfx',  ! +FX
                           FX=○○,),
                        _F(GROUP_MA='mfx',    ! -FX
                           FX=-○○,),
                        _F(GROUP_MA='mfz',     ! -FZ
                           FZ=-○○,),

FZ=1000の時

荷重・たわみの方向荷重たわみ
+ZFZ=1000N/mm2.32019e06

FZ=-1000の時

荷重・たわみの方向荷重たわみ
-ZFZ=-1000N/mm2.32018e6

FX=1000の時

荷重・たわみの方向荷重たわみ
+XFX=1000N/mm974292=0.974292e6

FX=-1000の時

荷重・たわみの方向荷重たわみ
-XFX=-1000N/mm974292=0.974292e6

直応力の見方(ParaView?)

コマンド意味
RESU_DEPL変位
RESU_SIGM_NOEU垂直応力とせん断応力
RESU_SIEQ_NOEU相当応力(ミーゼス、トレス、主応力)

精度について

ビューとか(paraview)

sequence開始時間と終了時間を指定して、その間の指定した数のフレームで一定の速度で再生する。
real time開始時間と終了時間を指定して、その間で再生出来るようにレンダリングすつフレーム数が調整される。
snap to timestepsデータ内のタイムステップ数に従ってフレームを再生する。

2つの材料で解く

MA=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);
MA1=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=xxx,
                         NU=xxx,),);

MA2=DEFI_MATERIAU(ELAS=_F(E=△△△,
                         NU=△△△,),);
MATE=AFFE_MATERIAU(MAILLAGE=MAIL,
                   AFFE=_F(TOUT='OUI',
                           MATER=MA,),);
MATE=AFFE_MATERIAU(MAILLAGE=MAIL,
                   AFFE=(_F(GROUP_MA='Group○',
                            MATER=MA1,),
                         _F(GROUP_MA='Group□',
                            MATER=MA2,),),);

tex

本体で図-1とかを文章中に入れる方法

{\bf 図-\ref{14}}に示すように・・・

\begin{figure}[h]
 \begin{center}
  \includegraphics[width=100mm]{1per4model.eps}
 \end{center}
 \caption{1/4解析の境界条件}
\label{14}
\end{figure}

プレビュー

platex aaa.tex
pxdvi aaa.dvi

pdfに出力

dvipdfm aaa
evince aaa.pdf

画像の貼付け

\begin{figure}[h] 
 \begin{center}
  \includegraphics[width=画像の幅mm]{ファイル名.eps}
 \end{center}
 \caption{タイトル}
\end{figure}

\vspace{○mm}

表を作る

\begin{table}[htb]
\caption{解析結果}
 \begin{tabular}{|c|c|c|} \hline
 & ダブルワーレン               &X剛結\\             \hline \hline
 たわみ($mm$) &$9.95908x70^{-4}$&$7.08312x10^{-4}$\\ \hline
 剛性($Nmm^2$)&234238504        &329346390\\         \hline
 体積($mm^3$) &80191.8          &86450.1\\           \hline
 比剛性       &2920.98          &3809.67\\           \hline
  \end{tabular}
\end{table}

\vspace{○mm}
タイトルの上下や、表、図の上下の余白を調節出来る。 値を負にすると、上に詰まっていく。多分

編集するときのコツ

確認しながら編集する

:w

:!platex aaa.tex
プレビュー画面でクリックすれば更新される。

:!pxdvi aaa&

いろんなことが書いてある

http://www.str.ce.akita-u.ac.jp/~gotou/tebiki/texhtml.html

コマンドとか

2^3
これで${2^3}$になる

\begin{itemize}
 \item あいうえお
 \item かきくけこ
 \item さしすせそ
\end{itemize}

コマンドサイズ
\tiny5pt
\scriptsize7pt
\footnotesize8pt
\small9pt

卒論の日誌

日付時間帯作業時間(hr)内容立会
4/918:00-20:002構造力学鈴木、伊藤、高橋
4/920:00-20:300.5タイピング練習、パソコン操作練習伊藤(タイムを測った人)
4/1011:20-11:3010/60タイピング練習
4/1015:30-17:302構造力学
4/1020:00-20:1010/60タイピング練習
4/1119:10-19:2010/60タイピング練習
4/1122:30-22:4010/60タイピング練習
4/1114:00-15:001構造力学
4/1121:50-22:1020/60とりあえず六角形の橋を作って、解析してみるタイピング練習、パソコン練習
4/1316:00-17:001vi課題カレンダー
4/1322:00-24:002パソコン操作練習
4/1417:00-19:002構造力学、パソコン練習
4/1619:00-22:002タイピング練習、パソコン練習、構造力学
4/2116:00-17:001fortran課
4/2116:00-20:004fortran課題
4/3013:00-14:301.5文献講読
4月計20
5/821:00-22:301.5salome、文献
5/1116:00-17:001salome
5/2516:00-18:002aster線載荷POST PROが出ないdeta
5/2822:30-24:001.5aster線載荷2.8
5/3123:00-0:301.5aster
5月計7.5
6/323:00-1:002salome六角形
6/423:00-1:302.5salome、compound1基準六角形
6/110:00-1:301.5salome
6/1417:00-19:302.5salome
6/1522:00-1:003salome
6/1622:00-2:004salome
6/1711:30-1:001.5salome
6/1813:30-15:001.5salome
6/2122:30-23:000.5文献
6月計19
7/118:30-12:003.5salome六角形はエラーで断念、五角形作成
7/1119:00-21:002salome五角形エラー
7/128:00-11:003salomeエラーたくさん
7月計8.5
8/238:30-17:008.5salome
8/248:30-17:008.5salome
8/258:30-17:008.5salome
8/279:00-16:007salome
8/289:00-20:009salome
8/298:30-11:303salome、astk
8/3110:00-17:005salome、astk
8月計49.5
9/19:00-19:308salome
9/39:30-19:008.5salome 誤差調べ
9/69:00-18:008salome 誤差調べ
9/79:00-12:003salome 2材料解く練習
9/89:00-15:005salome 2材料
9/99:00-19:008salome 2材料 astk
9/109:00-15:005astk 3dプリンタ
9/1217:00-19:002でーたまとめ
9/139:00-18:006salome 練習
9/158:30-19:307salome
9/166:30-19:007salome
9/1812:00-19:003.5tex
9/1913:00-21:305tex
9/2012:00-16:302.5tex
9/2112:00-15:303.5tex
9/2211:00-20:008tex、スライド
9/239:00-18:304.5tex、スライド
9/2510:00-17:004tex、スライド
9/2712:00-1:003スライド、発表練習
9/2910:00-15:002発表練習
9/2917:00-20:002salome
9月計105.5
10/79:00-16:304salome-paraview
10/89:00-21:306paraview、tex
10/99:00-19:006salome、paraview
10/1011:00-20:304salome Xモデルに縦桁を作り解析
10/1111:00-16:002salome 縦桁モデル解析
10/129:00-17:004salome 縦桁モデル解析
10/1313:00-20:004salome paravis
10/149:00-16:005salome paravis
10/1510:30-16:0053d
10/1610:30-17:005salome
10/209:00-21:009salome
10/219:30-18:004salome
10/2210:00-22:005木材利用シンポジウム、salome阿蘇望橋の類似モデルを作る
10/2310:00-19:005salome 阿蘇望橋モデル
10/249:30-16:004salome 阿蘇望橋モデル
10/2612:00-20:304.5salome 阿蘇望橋モデル
10/2816:00-16:300.5salome meshが切れない。自分のpcだとメモリ不足。他のpcでもエラーで一部切れない。
10/299:00-12:003salome meshエラー
10/3012:00-15:002salome meshエラー
10/319:00-22:009salome 1/4解析
10月計91
11/112:00-15:003salome 阿蘇望橋1/4解析 meshエラー
11/29:00-19:0061/4、asterで異方性
11/39:00-18:004meshエラー
11/410:00-20:003meshエラー
11/510:00-18:002meshエラー
11/69:00-13:003gmeshで切ったけど、エラー
11/720:00-23:003meshエラー解消
11/812:30-15:002.5阿蘇望橋aster
11/910:00-13:0031/4解析の調査
11/109:00-17:0041/4解析実験
11/1110:00-19:0051/4解析調査
11/139:30-23:0041/4解析
11/1413:00-23:0041/4kaiseki
11/159:30-13:3031/4解析まとめ
11/1610:00-11:301.5楕円モデル1/4解析
11/179:00-12:002楕円モデル1/4解析
11/199:00-17:002.5楕円モデル1/4解析
11/2018:30-20:001.5eficasの使い方をまさとしに聞く
11/2111:00-16:003astk bomboo
11/2216:00-18:002salome
11/249:00-1:0041/4kaiseki
11/259:00-21:003hikaku
11/2615:00-21:005五角形モデル作成
11/279:00-19:004五角形モデル作成
11/2810:30-16:004gokakukei
11/2913:00-17:301.5gokakukei
11/3010:00-16:004gokakukeitukurinaosi
11/3020:30-22:0011/4kaiseki
11月計84.5
12/110:00-18:004五角形モデル作り直し めっしゅ切れた 次は解析
12/221:00-23:0021/4解析
12/312:00-17:0051/4解析
12/410:30-0:004楕円モデル作り直し
12/510:00-15:00.21:30-22:305楕円モデル解析しなおし
12/614:00-16:002tex
12/710:00-16:0031/4解析 tex
12/812:00-22:303応力調べ tex
12/910:00-16:001応力調べ tex
12/119:30-16:002tex mesh ouryoku
12/149:00-23:304tex グラフ
12/1513:00-23:304tex グラフ
12/1610:00-18:004tex スライド 無次元化した式の根拠はないけど、将来的にスパンや体積が異なるモデルと比較できるようにしている。 東北支部に関するお金の相談を金曜日にする。
12/179:30-16:001.5tex スライド
12/1812:00-17:003tex 応力調べ
12/1913:00-15:302.5tex slide 対傾構について調べる
12/2011:00-16:000.5
12/2111:00-16:000.5発表練習
12/2210:00-15:004中間発表
12/2311:00-14:303楕円モデル作り直し
12/249:00-22:303.5楕円モデル作り直し
12月計61.5
1/69:00-19:004.5slide
1/710:00-15:303texslide つくりなおし
1/810:00-16:004足アーチモデル作り直し
1/99:30-15:005.5概要作り直し
1/1014:00-16:002足アーチモデル解析
1/1112:30-19:006.5足アーチ解析
1/1310:30-16:303卒論、概要修正
1/1410:00-18:302.5概要・スライド訂正、発表練習見る。
1/159:00-16:004概要、スライド、発表練習
1/189:30-17:004概要、スライド、発表練習
1/199:00-11;302.5発表練習
1/1917:00-21:004スライドなおし
1/209:00-16:004スライド、概要直し
1/2110:00-16:002
1/2515:00-17:002
1/2612:00-14:002発表練習
1/2812:00-18:004卒論、発表練習
1/2912:00-18:004卒論、発表練習
1/3010:00-17:004
1/3110:00-19:006
1月計73.5
2/111:00-21:003発表練習 卒論

その他 リンクなど

エラー

今まで出たエラーと原因と解決方法

salomeエラー

fuseに関するエラー

Boorean operation aborted non valid shape result
となってfuseできなくなる。

meshに関するエラー

asterエラー

<EXCEPTION> <CALCULEL2_74> 
Erreur utilisateur dans un calcul &#233;l&#233;mentaire :
 Le mat&#233;riau est n&#233;cessaire sur la maille : M440491
 - option de calcul &#233;l&#233;mentaire : RIGI_MECA
 - type_element                 : MECA_TETRA4 

Conseils :
 * Peut-etre avez-vous oubli&#233; de renseigner le mot cl&#233; CHAM_MATER dans la commande courante.
 * Dans la commande AFFE_MATERIAU, avez-vous affect&#233; un mat&#233;riau sur la maille incrimin&#233;e ?

タッチタイピング記録

日付タイム
4/9(Thu)4'42"
4/10(Fri)4'10"
4/10(Fri)4'04"
4/13(mon)2'57"
5/3(sun)3'11"

目標 3'00''以内 目標 2'30"以内

メモ

屋根付き木橋の研究を選んだ理由

現在、日本では森林が増えすぎているという現状がある。 森林面積は一定であるのに、森林蓄積が40年間で5.5倍に増加した。 日本はこれから成長した森林を活かすべき時代に突入したと言える。 しかし、コストの面から日本は木材の約7割を輸入材に頼っており、全く有効利用できていない。 そこで、これから環境負荷低減性や低建設コストと言った特徴を持つ近代木橋の有効利用が更に見直されていくのではないかと考えた。 また、近年インフラの老朽化といったことが叫ばれており、屋根付き木橋といった老朽化対策・長寿命化対策の機能を備えた木橋であれば時代背景と合致しており、仮設が検討できるのではないかと考えたため、屋根付き木橋の研究をしている。

・森林面積:2500万ha(国土の約7割)40年間横ばい しかし人工林は30%増加して1000万ha        ・森林蓄積:森林を構成する樹木の幹の体積 40年間で5.5倍に増加

・日本の自国の森林資源に対する年間伐採量 0.5%

・森林面積が増加していないのに、森林蓄積が増加している理由 戦後に植林されたものが成長し収穫期を迎えている。 輸入材が増加して国産材が使用されなくなってきている。

・これから日本は成長した森林を活かすべき時代に突入したと言える。

http://www.shinrin-ringyou.com/forest_japan/menseki_tikuseki.php